第37回 支那の夜

大家好 (皆さん、こんにちは。)

你好吗 (ご機嫌いかがですか?)

我叫HOSSY (HOSSYです。)

何故に中国語?

といいますのは、先週、異色混合ユニットの“東京椿油”として上海のゲイナイトに行って参りました。
実は今回で上海は2度目で前回と同じHEAVEN Clrcuit6というイベントでした。

183_1

中国ではワタクシや友人などが聞く限りDRAGQUEENというものが未だおらず、当然DRAGQUEENのショーというものにも馴染みが無いらしく前回も大変な反響で大盛況だったんですが、今回も大入り満員の大成功の内に幕を閉じる事ができました。
ちなみにコチラの画像見て頂ければ雰囲気が伝わるかと思います。

183_2

すんごい人!!!

会場はclub OBAMAという所だったんですがここが内装が超豪華!!

内装は金の円柱にドデカイ、ドラゴンのレリーフが壁にあったり、大きなシャンデリアが幾つもあったりで日本のバブル期にもいくつかあったどこかのクラブのようで、フロアは2階までまで吹き抜けになっており、天井はすべて液晶画面。
その2階はVIPルームなのですががフロアを囲むようになっているので上からフロア見下ろす事ができるようになっていました。(先ほどの画像が2階から撮ったものです。)

今回、楽屋としてそのVIPルームを用意して頂いたんですがそれがこちら。

183_3

これ入り口です。

183_4

これトイレです。

183_5

これ部屋です。

183_6

豪華っす!!

183_7

ちなみにこちらがショーの一幕。中国の方々、超アクティブ!!!

で、今回ご紹介するのは今回のショーケースの為にGOGOの天天さんに作った衣装です。

183_8
183_9

シャツは黒レースのノースリーブで袖周りに縫い付けのガンメタリックの大きなトンガリ鋲を付け、袖口と背中に黒のフリンジを付けました。

コルセットは艶のある合皮で作り、バックは編み上げ、フロントジップで開閉でき、細ベルトを締める仕様になっています。

レギンスははレディースのガリアーノをリメイクしたもので、サイドは7センチほど切り取り、横にスラッシュの入った切り替えを挟み、フラットな股間を切り取った布で立体的な膨らみが出るようにしましたが上手くいかず、別のガリアーノのボクサーアンダーウエアをバラし組み込みました。腰のゴムもそのアンダーウエアからバラしたものに組み替え、バックのエンブレムもそのアンダーウエアに付いていたものを取り外してから縫い付けました。
また。余った布でチョーカーとリストバンド、Tバックも作り残り布は全て使い切りました。

183_10

ウサギの耳付きの仮面は上部に黒のストーンを縫い付け、耳は淵に針金が仕込んであるので好みの形に変形することができるようになっています。

ロングのブーツカバーは黒の型押しの合皮で作ったものでサイドジップで着脱可能です。
靴はコーディネイトに合わせて持って行くと嵩張ってしまうものですが、このようなブーツカバーですと靴は一足持って行くだけでカバーを変える事で対応できるので非常に便利なアイテムです。今回も天天さんは、これの他に金と黒のコンビのブーツカバーを持って来てコーディネートに合わせて変えていましたよ。(画像は撮り忘れました。汗)

今回のこの一式、ちょっと前にウサギの仮面を天天さんの誕生日プレゼントとして作ったのが始まりで、その後、仮面に合わせて今回の上海公演の為、フルコーディネート新たに作って欲しいという依頼で作ったものです。

友人関係、クラブ業界の方々が多いので誕生日などに衣装アイテムをプレゼントする事が多いのですが、上記のように、そのプレゼントからそれに合わせた新しい衣装の依頼があったりする事が多々あります。w

「そーゆー手を使うのか。」と言われそうですが、そんなつもりはないのですよ。ホントウに。w

ホントウだってば。

という事で今回はここまで。

再見。(ちゃお。)

Top