【はじまった】パナソニックが4月から同性カップルを結婚に相当する関係と認める

 

国内大手のパナソニックは社内ルールを変更し、4月から同性カップルを結婚に相当する関係と認める方針を固めたと発表しました。社員の行動指針も見直し、LGBTを差別しない姿勢を明確化するそうです。

今回、社内から同性カップルを認める要望があったほか、同社が国際オリンピック委員会(IOC)の最高位スポンサーで、五輪憲章が「性的指向による差別禁止」を掲げていることも後押ししたと見られています。

現在、具体的な見直し作業を進めており、就業規則上の「結婚」や「配偶者」の定義変更や、同性パートナーを持つ社員を慶弔休暇など福利厚生の対象とすることを検討し、国内外のグループ企業の社員約25万人を対象にした行動指針には「性的指向や性別の認識で差別しない」との表記を加える方針。昨夏、社員から「同性婚を考えている」との申し出を受け、社内ルールの見直しに着手する予定です。

今まで日本IBMなど日本よりもLGBTに対する権利が認められている欧米の外資系企業だとこういった事例は多かったですが、国内大手企業であるパナソニックがこうした取り組みを始めるのは先進的と言えますね。もっと日本企業にこの波が広がるように強く願っています!

 

Top