那覇市が同性パートナーシップ制度を7月をめどにスタート!!

 

「性の多様性を尊重する都市・なは」宣言している那覇市は、同性カップルを結婚と同等の関係と認める「パートナーシップ制度」を「ピンクドット沖縄22016」が開催される7月17日をめどにスタートさせることを決定しました。

それに加えて、市独自の取り組みとしては同市職員で通称名の使用を希望する場合は、辞令交付などの行政処分にかかる場合を除き許可していく方針だそうです。

具体的な対象者や証明書発行の有無などついては、意見交換しながら決めていくそうです。

パートナー宣言した那覇市職員に対する、市職員厚生会からの結婚祝い金の贈呈についても、同会評議員会内で同時に協議していきます。

どんどん自治体レベルで「パートナーシップ制度」が広がっていきますね!

この波が徐々に広がり、東京都や大阪府、県レベルでも広がっていくことを期待しています!!

 

Top