第11回「オネェ」を死語にしたい

 Comment  コラム   となりのさつきぽん              

 

dc92b53d1a572f048be6d8b26313f4b9

こういった内容の事に私が触れると、きっとまた色んな方から嫌われてしまうんでしょうね。でも今からお話する内容は、きっと皆のためにもなるはずだから、どうか腹を立てずに読んでほしい。

ちょうど今日もあるテレビ番組のインタビューで「さつきぽんさんはオネェですか?」と尋ねられた。ハッキリと「違います」と答えた。

メディアなどで自分の事を表現する際は「トランスジェンダー(性別移行者)」という単語を使わせてもらっている。略して「トランス」とか。誤解の無いように先に言っておくと、オネェという生き方の方達を否定しているわけでは無いの。そういった先人の活躍の恩恵を受けている事も、正直感じている。

それに私が小さい頃は、私のような存在は全てオカマと呼ばれていた。オカマは汚く気持ちが悪く、だけど面白いという意味合いが含まれた言葉だ。私は正直好きじゃない、否定的なニュアンスが強すぎるからだ。オネェという言葉に変わってからは汚いとか気持ち悪いという要素が多少緩くはなったけれど、それでもどうでしょうね。まだまだ偏見は根強いんじゃないかな。

私が言いたいのは、そうやって人前ではオネェをやっている子も、家に帰って彼氏の前ではみんな普通の女の子って事。ただの女の子なの。それ以前に、一人の人間だ。汚いとか、気持ち悪いとか、そんな事言われて喜ぶ人間なんて変な趣味が無い限り、そうはいない。それを誰が決めたか知らないけれど、勝手にオネェと呼んで面白さを強要して。

言っておくけど、そうやってアナタ達の前でニコニコ笑ってオネェを演じているその子も、家に帰ったら一人で泣いているんだからね? みんな優しいから、言わないだけ。そんな子達を山ほど見てきた。それを考えもしないで、見世物を眺めるような目で小馬鹿にしてくる人だっている。

もし自分の子供が同じような目に遭っていたら、それでもアナタは笑えるの? 私達だって、人の子です。生まれた時には涙を流した両親がいて、何に代えても守りたいと大切に育てられた、人の子です。別に崇め奉ってくれとお願いしている訳じゃない。ただ、アナタと同じ人間なんだと分かってほしい。

私は別に芸能人じゃ無い。だからいちいちメディアのご機嫌をうかがう必要も無い。だからこれだけ好き勝手に色々言わせてもらっている。だけどきっと、みんな心の底では同じ事を感じているんじゃないかな。私はただ、性別を変えただけ。それ以外はごく普通の、人間だ。

ただ性別を変えた事に対しては、わりと誇りを持っている。普通の女性では無いけれど、今では自分の性を結構気に入っている。オネェと勝手にカテゴライズされても困ってしまうし、リアクションも上手く取れない。面白い事だって言えない。そういった理由でオネェという単語が使われたテレビ番組のオファーなどは全てお断りさせてもらっている。業界の方、見ていらっしゃるかしら。こういう人間もいるんだよ。見た以上は、もう「知らなかった」では済まないからね。

もし心の底からオネェという生き方に誇りを持っていて、今回の私の意見が余計なお世話のように感じていたら、それは本当に申し訳ない。ただ私は、そろそろオネェとか以前に、一人の人間として一緒に手を取っていきませんか? という提案がしたい。

もし無理をしてオネェを演じて悲しい思いをしている人がいるのであれば、もういいんだよ。私と一緒にオネェを死語にしませんか。今が時代の転機です。そんな未来がそう遠くないうち来るであろうと、私は確信している。

あえて最後にハッキリ言わせて下さい。

私はオネェではありません、トランスジェンダーさつきぽんです。

db7d7cc67a1f312c89d58756f7b5a723

 


【お知らせ】
さつきさんが出演するBSスカパー!の元おとこのこ応援バラエティ番組「プリティウーMEN」は3月27日(日)22:00〜2時間生放送!!司会はピース綾部さんでLGBTの方ならスタジオ観覧ができるので「観覧してみたい!」と思う人は遊びに行っちゃうましょう〜!!詳細は公式サイトまで。
3a628c70fa91ecce24412cd3944fcb47

さつきさんのTwitterはこちら

 2016/03/22 19:00    Comment  コラム   となりのさつきぽん              
Top