イタリアで同性カップルを法的に認めるシビル・ユニオン法案が上院議会で可決!

欧州各国が承認する中、同性カップルの法的権利を認めていなかったイタリアで、現地時間の2016年2月25日、「法的に権利の承認されたパートナーシップ関係」となるシビル・ユニオン法を上院議会で可決されました。下院でも2カ月以内に可決の見込みとなりますが、今回可決された法案では、同性カップルの養子縁組の権利は認められないらしいです。

議会での採決の結果は、賛成173、反対71の圧倒的多数で可決とのこと。

シビル・ユニオン法では結婚と同様にパートナーの居住許可、パートナー姓への変更、遺産相続などの法的権利が認められています。

今回のシビル・ユニオン法案決定に対して、伊レンツィ首相は「歴史に残る日」と述べています。

日本国内でもこの「シビル・ユニオン法案」というキーワードが広く認知され、法案可決されることを期待しましょう!

 

Top