市民団体が札幌市に同性パートナーシップ制度を要請

 

札幌市内のLGBT当事者や弁護士、大学教授らで構成された市民団体「ドメスティックパートナーシップ・イン・札幌」が、東京都渋谷区などが認めている「同性パートナーシップ制度」の創設を札幌市に求め、署名活動を始めました。

3月末まで市民たちからの署名を募り、今年5月にも要望書とともに市に提出する予定だそうです。

b72fbe3a30de79942e993027a82b492b

また、4月16日(土)には、札幌エルプラザで『「アイラブパートナー」〜札幌版パートナーシップ実現に向けて〜 』と題し、世田谷区議会議員の上川あやさんとピンクドット沖縄代表の砂川秀樹さんをゲストに講演会が開催予定です。

札幌市にお住いの方は、ぜひこのイベントに足を運び署名活動に賛同いただければと思います!

「同性パートナーシップ制度」を認める自治体が増えれば、同性婚の合法化へのつながると信じて。

 

Top