第12回 元男の子で良いじゃない

 Comment  コラム   となりのさつきぽん              

 

BSスカパー!にて特番枠で放送されている元男の子応援バラエティ「プリティーウーMEN」の第5弾放送が終わった。

1220762d0600cd5b1bf5e34dc943e259

この番組はスタートアップの段階から関わらせてもらっていて、「全てのLGBTの為に送る番組」というコンセプトのもと、番組制作が行われている。制作して頂いているスタッフさん達は、地上波などでも一流の番組を制作されている方達。初めに番組制作の話を頂いた時、私は正直かなりビビっていた。

だって、それまで地上波の方達は私たちの事を「オネェ」だの「オカマ」だの「男」だの面白おかしく持ち上げて、それっきり。そういうキャラクターを売りにしてタレント活動をしている方は、それで良いと思う。でも私は違った。そもそも素人だし。ただの性別を変えた一般人。また「オネェ売り」を強要されるんじゃないかと、当初は警戒していた部分もあったかもしれない。

しかしプリメンのスタッフさん達は、本当に熱心にLGBTの事を勉強して下さっていた。ありがたい話だよ、私たちのようなマイノリティに対して一般の人が、それも一流メディアの人たちが理解しようと歩み寄ってくれている。だから打ち合わせの際や楽屋でも、俗に言う「オネェいじり」は絶対に無い。皆さん私たちの事を本当の女の子のように扱ってくれる。ちゃんと人として扱ってくれる。こんな番組は今までで初めてだった。

最近は時代の変化というか、大きな「うねり」を感じる。様々なメディアや企業でLGBTの事を取り上げて、軽いブームと言ってもいい。もちろん軽視する事では無いけれど、それでもこの一連のムーブメントを私は上手に利用させてもらおうと思っている。LGBTのTとして、あらゆる手段を使って発信したい。発信したいとか言っちゃうと、ちょっと偉そうだけれど。私は人権問題とか社会的な事を語れるほど賢くは無いので。ただ一人のトランスジェンダーとしての生き様を見てほしいなと思う。

なぜ私がここまでトランスジェンダーという生き方にこだわっているのかというと、MissInternationalQueen(トランジェンダーの世界大会)の存在が大きい。今回のプリメンでも、世界大会3位であり友人のバイモンが特別ゲストで来日してくれた。

綺麗でしょ? プライベートで連絡を取り合う仲でもある彼女もまた、トランジェンダーである事に誇りを持っている。というのも彼女の母国であるタイという国自体が、トランスジェンダー達を応援している。日本の大部分のメディアように、彼女達に男らしさを強要する事なんて絶対にしない。むしろ美に対して真摯に向き合っている彼女達を心から皆応援している。

進んでるよね。日本の15年くらい先を行っている。

dfef3ae1fb90f5c2eb91122dbc61d955

バイモンとは、タイでとある化粧品のCMなどを一緒に仕事した仲だ。トランスジェンダーが化粧品のモデルなんて日本では考えられないけれど、タイでは珍しくない。

私はこの文化を日本に輸入したいと、ずっと昔から考えている。昔は私も嫌だった、元男の子であることを恥ずかしいと感じていた。でも男が女になるなんて、並大抵の気持ちじゃなれない。普通の女の子よりもやっぱり努力してるよ。その姿勢はもっと誇りに思って良いはずだ。

未来は明るい。これからどんどん社会は変わっていく。

きっともう、止まらない。

泣いている暇なんて無いよ。そうやってメソメソと認められないことを嘆いているだけで人生を終わらせるなんて、なんと勿体無い。

生まれながらの女の子じゃないから、とかそんな事はどうでもいい。

大切なのは今と、これから。

過去は変えられないけれど、過去の意味は変えられる。

男として生まれた過去を無理に否定しなくてもいいと思う。私は今になってその過去も結構気に入っている。

認めてもらうのを待っているだけじゃない。これからはそういう社会を自分達で創ればいい。私はそう、思っている。


【お知らせ】
会員制コミュニティ「DMM Lounge」にさつきぽんのラウンジが開設されています。現在、第2期メンバー募集中!!


フォロー歓迎!!さつきぽんのTwitterはこちら

 2016/03/30 16:30    Comment  コラム   となりのさつきぽん              
Top