第136回 新生活!名門大学が説く「LGBTアライになるための8つの方法」とは

 

3114914967f3724453ad8b5f9eba1c8e

まきむらよ。

毎週金曜、世界のニュースから性を考える時事コラム「まきむぅの虹色NEWSサテライト」をお送りしております。

今回のテーマは、「LGBTアライになるための8つの方法」です。

この4月から新生活! という方も多いことでしょう。

職場やキャンパスで気持ちよく過ごすためのヒントとして、カナダの名門・ブリティッシュコロンビア大学が提唱する、性のことで困る人が少しでも減るような振る舞い方をご紹介します。


★そもそも、「LGBTアライ」って?
f66481b400d0c272103027cd4228d0f7

(画像:アライのシンボルフラッグ)

「アライ」っていうのは、「自分自身はLGBTではないと思っているが、LGBTと呼ばれる人たちが被る不利益を解消していきたいと思う人」のことです。

英語の「ally(仲間)」を語源とします。

「荒井」みたいなアクセントで読みたくなる感じがしますが、どっちかというと「高い」みたいなアクセントで「ア↓ラ↑イ↓」って発音します。

 


★アライといわれる人たちは、たとえばこんな人たちです。

●ブラッド・ピット(男性俳優)
女性俳優のアンジェリーナ・ジョリ―とパートナーシップ関係にあったが、「異性間でしか結婚制度が利用できないのは不平等だ。同性婚が法制化されるまで結婚しない」と明言(のちに結婚)

●ベティ・デジェネレス(LGBT活動家)
レズビアンであることをカミングアウトした司会者、エレン・デジェネレスの母親。1972年に創立されたアライの団体「レズビアン・ゲイの親、家族、友人の会(PFLAG)」のメンバーとして活動。
とにかくLGBTに関する社会運動に参加すると、「あなたもLGBTなんでしょう」「LGBTじゃないのになんで参加したの」的な空気にさらされがちです。

そこで必要とされたのが「アライ」という言葉だった、というわけですね。LGBTに関する社会運動の中で、「いわゆるLGBTじゃない人はLGBTに否定的であるに違いない」「LGBTの仲間じゃない」という雰囲気があったからこそ、「私はアライ(仲間)です」という言葉が必要とされたのです。

だけど、思うのよね。

わざわざ「アライ(仲間)です」って名乗りが必要とされてしまうほど、敵だらけに見える状況のほうこそどうにかすべきなんだって。

ということで、なかなかLGBTプライドパレードで旗を振ったりはできないなーっていう人でも、日常生活の中でできることをご紹介しましょう。

カナダの名門・ブリティッシュコロンビア大学は、「アライになる方法」として以下の8つを挙げています。


★学校や職場で役立つ、「アライになる方法」8つ

9f26b38bea314c33c783baee6b342d8e

(写真:PAKUTASO

1.友達やクラスメイトや教授が、異性愛者であるという思い込みを持たないこと。

2.同性愛嫌悪的なコメントや冗談は、人を傷つけるものだと自覚すること。そうした場面に出会ったら、「そういうのはよくないよ」と知らせること。

3.難しいと感じても、自分自身の中にある偏見や同性愛嫌悪と向き合うこと。

4.性自認や性的指向に関わらず、相手を尊重して礼儀正しく接すること。

5.性中立的な単語を使うこと。たとえば「彼氏」「彼女」ではなく「恋人」「付き合ってる人」など。

6.LGBTにまつわる団体をサポートしたり、運動に参加したりすること。

7.レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの歴史や文化、困りごとについて知ること。

8.アライになるとはどういうことか学び、自分にどんな変化が起こせるか考えること。

相手が男性に見えるからって「好きな女性のタイプは?」と聞かない。

ホモネタのハッシュタグに嬉々として乗ったりしない。

日常生活における、ほんのちょっとしたことで、この「敵だらけに見える状況」っていうのは変えていけるんじゃないかなって私は思っています。

そうすればきっといつか、いちいち「アライ(仲間)です」って名乗る必要はなくなるかしらね?

「アライ」っていう言葉にふれるたびに、私は考えてしまうのです。友達や家族が「LGBTとアライ」に分断されてしまう、「アライ」と名乗らなければ敵に違いないように見えてしまう、こんなもやもやした雲がいつかきれいに晴れて、当たり前に虹がかかる日のことを。

ということで、読んでくださってありがとうございました! また来週金曜日にね。まきむぅでした◎


▼ゆるいカフェイベントにでますよ~

Top