ブルース・スプリングスティーンがLGBT差別法に反対し公演を中止に

 

7ccfc5bf1eb68d4cf1f38326cb6356b1

世界的ロックミュージシャンのブルース・スプリングスティーンが、米ノースカロライナがLGBTの人々の権利を損なう差別的な州法を可決したことに異議を唱え、同州グリーンズボロで予定していた4月10日(現地時間)の公演をキャンセルしました。

この可決された法案についてブルース・スプリングスティーンは、4月8日(現地時間)の声明で「『トイレ法』とも呼ばれ、正式には『公共施設のプライバシーと安全法』として知られるこの法律は、トランスジェンダーの人々がどのトイレを使用するかを指図するものです。また、LGBTの市民たちの人権が職場で侵害された場合、彼らが法に訴える権利を攻撃もするという意味でも同様に由々しき法律です」とコメント。

同州でこの法に反対するグループ、企業、個人は多く、自分やバンドも「これらの自由の戦士たちに連帯を表明すべきだと考えた」という。「その結果、グリーンズボロの献身的なファンには心から申し訳なく思うが、4月10日日曜日予定していた公演を中止した。ロック・ショウより大切なことがある。これを書いている時点で起きている、先入観と偏見へのこの闘いはその1つだ。僕らを前進ではなく後退させようと強制し続ける人々へ反対の声を上げるのは、僕の最大の役目だ」

法案が可決したことにより、オンライン決算サービスのPayPalは、同州での事業拡大計画を中止。そのほか、AmazonやGoogle、Facebook、Twitter、Appleなども反対の声を上げています。NBAや全米大学体育協会も同様で、この地でのスポーツ・イベントの開催を中止しようとする動きもあるそうです。

こういった世界的に人気、しかも今もなおトップに君臨し続けてるロックミュージシャンがこういった発言や行動を取るって素晴らしいですよね。

公演が観られないファンは残念でしょうけど、きっと納得してくれるはず。さすがスプリングスティーン!

大手企業も声明を出しているので、一刻も早くこういった差別法案がなくなることを期待しています。

SOURCE:BARKS

Top