【2時間目】カミングアウトをして何が得られるか?

 

「ありのままの自分を表現することができ、あるがままの他者を受け入れる事の出来る、強く寛容な社会」というVISIONを持つNPO法人バブリングによる毎月1回行われる世界初(?)のカミングアウト授業がついにスタート! 毎回個性的な先生が登場します! 今日はどんな先生なのでしょうか……?
世界一受けたいカミングアウト授業2時間目の登場人物
6d013c4f34842d8fba0484c81106cce1
本日の先生:ひろし先生
ハロプロ好きな週末2丁目ヒロイン気取りのアラフォー。実は小心者で、照れ隠しから、普段の会話中もすぐに歌ってしまう。
70097d80b84aa199cb1a774d0ac51805
生徒:しゅんくん
社会人2年目になり、仕事にも慣れてきた。ゲイである自分が周りにカミングアウトすべきかどうか迷い中の青年で、今回のカミングアウト授業を受けに来た。すぐネガティブに物事を考える。
84a2cce55594ec5bbb73cd7c5d2a4be2
生徒:まつろー
大学院2年生。しゅんくんとはよく飲む仲の親友で、ストレートの男性。カミングアウトについて悩んでいるしゅんくんを授業に引っ張り出した張本人。楽天家で、笑いの沸点が低い。

 


大学の講義室には、青年が2人が座っていた。今回、世界初?のカミングアウト授業を受ける生徒であるしゅんくんとまつろーだ
ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
「え、うちらしか生徒いないわけ……? 大丈夫かな、この授業。やっぱり来なきゃ良かったかも」
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「大丈夫っしょ! むしろ、2人しかいないとか、個別授業みたいでお得じゃん。ハッハッハ」
キーンコーンカーンコーン♪

ガラガラ。教室の扉が開くと、80年代にヤングマンを歌っている西城秀樹のような全身きらびやかなかっこをした男が、小刻みにステップを踏みながら入ってきた。

6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「ラララララ〜♪本日は私、ひろしがお送りいたします。ありがとうございます!(倖田來未風な言い回し)」

ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
(なんだ、この先生……)
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「先生、超ウケるんですけど。ハッハッハ」
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「本日の授業テーマは、カミングアウトして、何が得られるのか、というテーマです! はい、拍手〜」
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「ヒューヒュー!」
ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
(……)
盛り上がるまつろーに対して、完全に引き気味のしゅんくん。
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
しゅんくんとまつろーはカミングアウトをして得られることって何だと思う?」
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「うーん。やっぱりより深い友情なんじゃないかなしゅんくんから大学時代にカミングアウトされて、よりしゅんくんとは仲良くなった感じがしたし」
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「素晴らしいお話ねー! Kiroroでいう、BestFriendね!」
ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
(Kiroro関係ないだろ)
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「しゅんくんはどう思う?」
ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
「……もちろん、そうやって深い仲になることもあるかもしれないけど、学生時代と違って、職場の人間関係は選べないから、何でもかんでもカミングアウトすることは、リスクだと思っています
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「得るものよりも、失うものもあるということかしら?
ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
「そうですね……そんなことで偏見を受けて、仕事がやりづらくなるのも嫌だし」
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「その気持ちわかるわ〜♪ ただ、Googleが行った社内調査によると、本来の自分をさらけ出せるような環境、つまりは『心理的安全性』が確保されている職場は、他者への心遣いや理解を促進できているということから、チームの生産性が向上する、という調査結果も出てるの」
ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
「え? そうなんですか?」
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「えぇ。でも反面、私の知人のA子ちゃんは、職場でカミングアウトしたことによって、職場の女性社員のコミュニケーションが疎遠になった、という話を聞いたわ。そう考えるとカミングアウトは、諸刃の剣かもしれないね」
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「えー!? そんなことあるのー? なんでー? 俺は全然そういうの気にしないけどなー」
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「まつろーはしゅんくんからカミングアウトされた時、どういう感情を抱いたの?」
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「嬉しかったかなー。そうやって腹を割って話してくれたって感じがして」
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「そうだよね。まつろーみたくカミングアウトされた側のことも考えてみると、それだけ信頼していると捉えてくれている、ということで、嬉しい気持ちになる人も多い印象があるかな。カミングアウトは、あなたのことを信頼していますよ、大切な人なんですよ、ということ表す1つの通過儀礼みたいなものと思うの。証拠にこの映像を黙って観てみなさい!」
映像を黙ってみる2人)
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「うんうん。確かにこの映像の人たちと同じような感情を抱いたし、言われてみれば、しゅんくんに言われて、俺も実は誰にも言ってなかった過去の話したよな」
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「そう! まつろー、良いところに気づいたわね! カミングアウトすることによって、相手が抱えていたさまざまな事情や背景を知る機会にもつながることもあるんだよね。ずっと〜閉じ込めていた〜胸の痛みを消してくれた〜♪」
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「あ、 storyだ。先生、すぐ歌詞出てくるんだ、すげぇ!」
ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
「そうやって、ハッピーエンドになればいいけど、やっぱり言うべきかは悩んじゃうよ……
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「悩むことは決して悪いことじゃないよ。それだけ悩むというのは、相手を大切に思っているからこそ、悩むということだと思うの。私自身、カミングアウトを必ずした方がいい、という風には思ってないし。実は……私にもみんなには言えてないことがあるの」
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「え? 先生にも、言えてないことあるんですか?」
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「えぇ……ここだけの話……私、歌がとっても好きなの……」
ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
「見ればわかります」
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「あ、バレてたー? アッハッハ。って……こんな風に、カミングアウトしても、何も変わらない、ということもあるのよ」
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「え? 何も変わらない?」
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「そう。何が得られるか? というテーマの授業だったけど、別に何かを得るとか得ないとかじゃなくて、何も変わらないということもあったりするから、そんなに重く受け止めなくてもいいものかもしれないってこと」
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「なるほど! 先生、その疑似体験させてくれたんすね!す げぇ!」
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「そういうこと!アーッハッハハ」
ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
(いや、バレバレのこと言っても、カミングアウトじゃねーだろ……)
6fb1788c83141839cf267dbf5a9a51be
「結局、カミングアウトした時に起こることは、人それぞれってことね。そして、カミングアウトすることは決してゴールなどではなく、むしろ新しい関係性のスタートをきることになるとも言えるわ。何が正解ということはないから、いろいろと思い悩むことを恥じることは決してないと、私は思うよ。どんなときも〜どんなときも〜迷い探し続ける日々が答えになること〜 僕は知ってるから〜♪」
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「あ……歌いながら、帰って行った」
ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
「え? 今日これで終わりってこと? 来月も変な先生なのかな……」
2f58197aa22be4dd0bbfaee3a19a8bd7
「面白そうだねー! ハッハッハ」
頭を抱えるしゅんくんと、心から楽しそうに笑うまつろー。
ed08d102315546ad85a5d38ae0bf0819
(先生はともかくとして、まつろーがカミングアウトしてくれたこと、嬉しく思っていたのを知れたのは良かったなー
3時間目へ続く
〜本日の授業のまとめ〜
カミングアウトをして、得られることは人それぞれ
カミングアウトはゴールではなく、新しい関係性のスタート

 

Top