第145回 東京レインボープライド 2016こゆひろ目線レポート!

パレード&フェスタの2日間で来場者数が7万人を超えた、過去最大規模となった東京レインボープライド 2016、とても盛り上がりましたね! 私もめいっぱい楽しみました。今回は超個人的な目線で、写真盛りだくさんでパレードのレポートをお届けします。
511c888f470380cb05751b36461d8847
(写真:津野義和提供)
パレードの日はもちろんペアルック♡
GapがサポートするカラフルなチャリティTシャツの上に、色違いの麻のシャツを羽織りました。
このチャリティTシャツを購入すると、東京レインボーコンペティション参加団体への投票券がもらえます。全国で精力的に活動されている4つのセクシュアル・マイノリティ関連団体のうち、とくに応援したい団体に投票すると、その投票数に応じて、活動資金が寄付されるというシステム。(くわしくはこちら
37211b0bf516ac25a96e05a6ede321ae
0afddff03a1e6d31ab48d8a4433b46da
名古屋、広島、愛媛、福岡の4団体が参加していて、どの団体のプロジェクトもとても意義深く、全部に投票したい!! と思ったのですが、私は友人がやっている名古屋に、ひろこさんはご両親の出身地である福岡に投票しました。
42eae6c22df5f3708ffb3a794a4d268a
10f495b34c5ac91c52b6ca238f785ea0
パレード会場に来られなかった人のために、5/13(金)から、クラウドファンディングでのチャリティTシャツのオンライン販売もあるそうです。(くわしくはこちら
私たちは、こゆひろサロンのメンバーが運営する「27GO!」(ツナゴー)フロートで、こゆひろサロンのメンバーと一緒にパレードを歩きました。「毎月27日は、愛する人と手をツナゴー!!」という素敵なプロジェクトです。魅力的なフロートがたくさんある中でも、とくにガールズパワーを応援したいという気持ちでこのフロートに決めました。
0dd5adc84830f8fed73c55e1348e5d46
毎年パレードを歩いていて嬉しくなるのが、沿道からの温かい応援です。今年もたくさんの人が沿道で手をふってくれたり、ハイタッチしたりして、とても勇気と希望をもらえる経験でした。パレードコースの企業やショップが、レインボーフラッグや虹の装飾で「Happy Pride!」の意を示して歓迎してくれるのも嬉しかったです。年々パレードコースで見かける虹が増えていて、今年は丸井も大きくレインボーを掲げていました。
419eb39fe1c30c07c43f78cf2bde2f14
8b2476591ef098d6ab545bf630d1e515
そして!!
今年はなんと、初めて渋谷駅前のスクランブル交差点をパレードが通りました。渋谷の象徴でもあるスクランブル交差点を5000人の仲間と歩けたことは、今年のパレードのハイライトに。少しずつ、でも確実に変化しているんだなぁと感じて、しみじみ。
d597b02410101a2beb6aa8354a3b0886
渋谷駅前スクランブル交差点。
さて、代々木公園イベント広場には、今年もたくさんのブースが並びました。たくさんありすぎて全部は回れなかったのですが、個人的にとくに楽しめたブースをご紹介。
d1967102207e8e4e5e7abb09c1f1e817
フェスタ会場は、初日から大賑わい。
f9922e75ae7c93643b08e7f8a79bc141
サンフランシスコの化粧品ブランド「ベアミネラル」のブースでメークしてもらうひろこさん。
3757541675af494d99a697288613e43f
資生堂のブースでは、日焼け止めをしてもらえました。
5732e06e85d89b8b771355175333a3f8
ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」のブースで遊ぶ私。
cb0b7e66bc3d7b297122b6739766c9f9
Androidのドロイド君もレインボー仕様に。(背中のマントが)
3c1362c0d5057bc6daec6241621e09b0
e8485e452f6eef46faf75b23b2ce8938
人気で行列ができていた、電通ダイバーシティ・ラボの「アライセンス」
私たちも色々なマイノリティや社会課題に対して、想像力を持ってアライでいたいなという思いで、アライセンスを発行してもらいました。LとしてBのアライにも、Tのアライにも、LGBTでは表現できない多様なセクシュアリティの人たちのアライにも。
4cc47d897e46fc2c7d080e0c9f59d90e
東京のパレードには毎年参加していますが、おもいっきり自然体でいられる場所がそこにあることに、仲間がたくさんいることに、そして自由でピースフルな雰囲気に、喜びと感謝で胸がいっぱいになります。この日本最大のLGBTイベントを支えるボランティアの運営スタッフと当日スタッフの方々の尽力には、いつも本当に頭が下がります。あらためて心からの感謝の気持ちを伝えたいです。
今年のパレードのレポートの締めくくりは、この大先輩の写真とともに。
1987年開設の「れ組スタジオ・東京」スタッフの若林苗子さんとお会いしました。アメリカで開催されたオールドレズビアンの集まりで買ったという、パープルの素敵なTシャツでパレードに参加されていました。こんなふうに素敵に歳を重ねていきたいなぁ♡
6afd1f6c57ffe4027ffafff5dfb34d41

 

Top