第37回 世界の終わりみたいな顔をしてキスをした僕ら

マヤったら……
本当に人騒がせな恐ろしい子ッ!!

Q.マヤとは誰のことでしょう?

1. 白目になって泥まんじゅうもウマウマ食べる、千の仮面を持つ北島さん

2. フジ女子アナをデキ婚でやめた後、バブリーナさんと同じオスカーに移籍した政井さん

3. きよ彦姐さんとペアで活躍した元パリコレモデルの林さん

4. 2012年12月21日に世界が滅亡するとおっしゃった文明さん

全員、人騒がせな恐ろしい子でもある気はしますが、時期的に
正解は4番!

というわけで、滅亡はしませんでしたねぇ。

ジョン・キューザックたん主演の『2012』Blu-rayを所有するほどの信奉者だったアタシ(パニック映画大好物!)は、ちょっと期待はずれ気分よ。

でも、マヤ暦的に「第5の太陽の時代」が終わったのが今回の区切りだそうなので、要するに今週くらいからは「第6の時代」が始まったんだと思います。

何の時代なのかしら……。
もしかしたら、女装の時代かも!(どんなマヤ)

そして、もう一つの人類の危機、クリスマスイブも無事に終わりました。

アタシはぁ、
彼氏とぉ、
高級ホテルで過ごしたよぉ。

(マネージャー兼彼氏に連れられ、ホテルの女子会パーティのトークショーに出演し、大量の女子にまみれたお仕事イブでした)

かくして、世界はまだまだ続くのでした。

もう、「滅亡する前に一発ヤラせて!」とかそういう無茶なお願いはできませんよー。

そんな2012年の、春から始まった2CHOPOさんで、
元ゲイ雑誌編集者、現女装ライターなアタシが発信するこの連載、『Over The Rainbow』。

今年は、カミングアウトについて考えてみたシリーズなどを中心にお送りしましたが、
来年も無事に続くということで、またあのテこのテで、
LGBTや2丁目、女装視点から見た「世界」を語ってみたいと思います。

せっかくなので、

2012年のLGBT的なニュースを、まとめてみました。

1/12 性同一性障害者のホルモン療法開始年齢が15歳に引き下げ
1/15 世田谷区成城ホールでLGBT成人式開催
2/1 星屑スキャットメジャーデビュー
2/8 ワシントン州がアメリカで7番目の同性婚を認める州に
4/2 東京ディズニーリゾートでの同性結婚式が公式認可
4/6 新宿2丁目にAISOTOPE LOUNGEがオープン
4/29 東京でレインボープライド2012開催
5/9 オバマ氏、歴代米大統領で初めて同性婚支持を表明
6/2,3 名古屋でNLGR+2012開催
6/2 韓国・ソウルで2012 Queer Parade開催
6/15 iOS 6にゲイ・カップルなどの絵文字追加
6/28 ダイアナ・キングがレズビアンをカミング・アウト
6/30 Facebookの共同創設者の一人が同性婚
7/9 『週刊ダイヤモンド』『週刊東洋経済』がLGBT特集
8/11 東京でSave the Pride開催
8/12 新宿2丁目で第13回東京レインボー祭り開催
8/28 自殺総合対策大綱に、初めて性的マイノリティの対策
9/14 第21回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭が開催
9/9 新宿二丁目でgreen birdの清掃活動が定例化
10/7 第8回香川レインボー映画祭
10/27 名古屋で虹色どまんなかパレード開催
10/27 台北で第10回台湾同志遊行 Taiwan LGBT Pride 開催
11/6 オバマ氏が米大統領再選、各州で同性婚法が採択
11/10 関西レインボーパレード2012開催
11/17 山本太郎主演の国産ゲイ映画『EDEN』公開
11/20 東宝ミュージカル『RENT』がLGBT Pride Week開催
11/24 沖縄市レインボーパレード開催
12/1 Tokyo SuperStar Awards 2012開催
12/1 第2回愛媛LGBT映画祭2012
12/10 NHK Eテレ『Our Voices』で同性婚を特集

こうして見ると、けっこうすごい年だったのね~。

アメリカ、オバマさんのLGBT史に残る発言をはじめ、
アジアでは台湾パレードの大成功、
日本は小規模ながらも、全国各地で有志のゲイイベント勃発、
オヤジ経済誌のツートップがLGBTを扱ったり、
レジャー産業のトップ、ディズニーリゾートが同性婚を受け入れたりと、
確実に世界は変わっているようです。

他方で、先日の総選挙では、
「性的少数者の人権を守る施策の必要性」のアンケートで、他5党が「積極的な啓発や施策が必要」と回答する中、唯一、「性同一性障害者への施策は必要だが、同性愛者へは必要ない」と答えた自民党が、圧倒的な勝利をおさめたりもしています。

そうだった。
世界は変わっているんじゃなくて、

先達たちが変えてきて、
そしてアタシたちが変えていくんでしたね。

THE END OF THE WORLD

世界の終わりみたいな顔をしてキスをしてきた僕らは、

そのキスのために、世界を始める。

Top