兵庫県宝塚市で同性パートナー証明書の交付がスタート

 

2016年6月1日、兵庫県宝塚市は同性カップルを公的にパートナーと認め、証明書を交付する制度をスタートさせました。

宝塚市は、東京都渋谷区と世田谷区、三重県伊賀市に次いで4例目となる公的に同性カップルに対して何らかと証明書を発行した自治体となりました。

今年7月には那覇市も証明書の交付をスタートさせる予定です。

今回の制度の対象者は、宝塚市在住の20歳以上のカップルとなり、宣誓書の提出を受け「受領証」と呼ばれる証明書を交付するものです。

カップルの2人のうち1人が市外にいる場合でも、転入予定があれば申請が可能です。

宝塚市は交付スタートと同時に、LGBTに関する電話相談窓口も開設。市から委託されたNPO法人が毎週水曜日に性についての悩みなどに答えるそうです。

《関連サイト》
宝塚市公式サイト

 

Top