第43回 NUDEの夜 その2

皆様 ご機嫌いかがですか?

HOSSYで御座います。

ワタクシは元気一杯です!!

。。。。。。。と言いたいとこですが実際の所多少回復したものの寝たきり廃人の態でございます。

あ。   いえ別に怪我や病気で臥せってると言う訳では御座いません。

燃え尽き症候群っていうんですか? それです。

と言いますのも先週末コチラでもさんざ宣伝かましたイベント“RUSHCRUISE・コンセプチャルシリーズ第三弾BOYS IN WONDERLAND”が御座いまして作年末からソレこそ休みなしのノンストップでソチラの準備に加え年末のイベントシーズンの為に複数の方からのオファーに、こちらの連載陣でらっしゃるブルボンヌさんがママの『Campy! bar』オープンに合わせたブルボンヌさんの新作衣装制作なども同時進行で行っており、それらが全て一段落したというところで疲労困憊に加え、気が抜けてといった具合でしてね。

それらの紹介も回を追って順次ご紹介させて頂きたいと思ってるのですが、今回は前回に告知した通り『NUDEの夜 その1』に続く『NUDEの夜 その2』としてDRAG QUEEN・オズさんから依頼頂いた衣装のご紹介をさせて頂きたいと思います。

イベント、NUDEでのショーケース用という事でいっぺんに2着のオファーをいただきました。
まずは依頼主でらっしゃるオズさんから頂いた着用画像を御覧頂いてッと。

217_1

まずはコートの方の詳細。
肩を強調しポイントをおいた色々な迷彩柄で切り替えたフルレングスのコートという事で雰囲気の参考画像として頂いたのがコチラ。

217_4

これはドレスですけどね。W   ま、あくまで参考という事でいただきました。

217_2217_3

迷彩柄って特に買うつもりもなくてもよく見かけてる気がしたので、結構簡単に生地見つかるかと思ったんですが意外や結構大変でした。
コットンでしたら結構、種類も数もあったんですが見た目、手触り的にもっと軽く張りが有り、かつドレープ性とある程度艶があるものがよかったのですが中々見つからず都内の生地屋さんを何件も回りました。
そうしてやっと見付けた生地数種類を縦のラインで切り替えたフルレングスのダブルのロングコートです。
後ろ側にフレアを多めに入れ、肩は黒のフェイクファーのパワーショルダーにし、テーラードカラーの上襟は黒の合皮に切り替え、金のカシメで装飾しました。ボタンは全てフェイクで早変わりの為に実際の着脱はマジックテープにしました。

217_5

で、もう1方の詳細。
参考画像として頂いたのがコチラ。

217_6

これは人形なんですけどね。w  ま、あくまで参考という事でいただきました。
こちらの雰囲気で色を赤と黒のイメージにして、ハイレグのデザインにして欲しいとの事で以下のようになりました。

217_7217_8

3つのアイテムで構成された衣装です。
まず一番下は、ウエストで生地を切り替えたノースリーブのボディースーツで股下スナップで留める仕様になってます。(バックジップで着用なのですが重ね着した後におトイレが脱がなくても容易にできるようにと言う配慮です。)

上に重ねたコルセットは艶のあるエンジと黒のエナメルで模様になるように切り替え、ペプラムは蛇の型押しのエナメル合皮が下から順にサイズが小さくなるように重ねた3段重ねになってます。模様の切り替え下にはキルト綿を部位によって厚さを変えて入れてあるので画像のように盛り上がりのある立体的な表面になってます。

そしてボレロもコルセットと同生地の組み合わせです。こちらも綿を使用して形を出してます。袖は黒×赤のラメ生地で肘から開いた超ロングスリーブにし、赤のトリコット生地を細く3本づつ肩から垂らしています。着脱はフロントのハーネスの様になった真ん中がスナップで留められる仕様になっています。

コレに合わせて“仮面”の依頼も受けたのですが、参考画像として頂いたのがコチラ。

217_9

これはリアーナですね。w  ま、あくまで参考という事でいただきました。

217_10

塩ビ板でベースとなる形を切り出し、顔のカーブに合わせてドライヤーで変形させてから黒、グレー、クリアのパーツを接着し、黒ビーズとチェーンを組み合わせて作ったものです。

以上!!

という訳で今回はこれでさようなら。

次回までには完全復活!!

してたらいいな。。。。。。。。。。

ちゃお。

Top