第69回 69は想像してたほど気持ちよくなかった

 

2chopo-69

 

69という単語が下ネタであると小学生の頃から知っていた。それが実際にどんな体位なのかを学んだのは中学生の頃だ。69という数字に意味があったわけではなくて、その形がそのまま体位を表現していることに感心したのを覚えている。初めて69に挑戦したのは大学を卒業する頃である。仰向けになると顔の上にチンコが落ちてきた。夢にまで見た69を経験している自分に感動した。しかし、数分もしないうちにギブアップしたくなった。

 

「全然気持ちよくないじゃん!」

 

仰向けの姿勢のままのオーラルセックスは首へ負担がかかって自由に動けない。初めての69というワクワクが薄れてくると疲労感ばかりが募り、退屈な冷凍マグロと化していた。ポジションを交代して上に被さる方になって再トライしてもしっくりこない。横になってもいまいち。刺激的で快感溢れるはずだった69にがっかりした。それ以来、自分の中で69は名前がキャッチーで人気があるが、実は退屈で疲れやすい体位になった。

 

どうして記念すべき連載第69回でこんな話をしているのかといえば、こうやってセックスを語ることが好きだからだ。セックスの話は限られた場所でしかしてはいけないと未だに多い。セックスの話はいやらしいものだから、こんな公の場で書くべきではないと言う人もいる。しかし、下ネタか、保健体育の授業か、こそこそ隠れてしかセックスの話ができないなんてつまらない。最近常連になった美味しいレストランや昨日見たつまらない映画の話で盛り上がるように、日常の中でセックスについて語りたいのだ。

 

セックス・アンド・ザ・キャシー』という連載を書こうと決めたのも、セックスの話をするハードルが少しでも下がればいいと思ったからだ。ジョークのネタや恥ずかしいものではなくて、セックスをセックスとして素直に見れるようになってほしい。ちょっと変な性癖だって、他の人と形や色が少し違ってたって、普通に当てはまらない関係を楽しんでたって、それを祝福できる素敵な世界になってほしいそんな思いを込めながらいつもコラムを執筆している。

 

69という体位が自分に合わないと発覚した後も、流れに任せてセックスの度に69を我慢していた。身長差が極端な人との69で相手の股間に届かなくても、何も言えなかった69が苦手な自分はアブノーマルで、69が好きな普通の人に合わせるべきだと無意識に考えていたのだろう。それを口に出して、自分の前にあるセックスを改善しようなんて思ってもみなかった。我慢する方が楽だったのかもしれない。「郷に入れば郷に従え」というが、その郷に自分の居場所がないのなら切り開くこともときには必要だ。

 

69、あんまり好きじゃないから違うことしよう」

 

とてもシンプルな提案である。そんな提案を口にできるようになるまでだいぶ時間がかかった。自分の性癖を他人と共有するのは恥ずかしいことだと思っていたからだ。しかし、気持ちの良いセックスがしたいのならば、その交渉を避けては通れない。今もぎこちないが、少しずつセックス・コミュニケーションが上手になってきたような気がするもちろん、69を我慢するセックスと出会うことはこれからもきっとあるだろう。そして、それ以上に気持ちの良いセックスと出会えるように祈っている。

Top