海外移住は私達を幸せにするのか?

 Comment  コラム   LGBT  海外           2    

前向きになろうと思えば思うほど、空回りするのは何故だろう。人生を苦境の連続と思えば勿論苦しいが、楽観的に物事をとらえ過ぎるのも勿論よくない。しばし海外就職がアツイ! ダイバーシティーに富んだ海外に住んだもん勝ちみたいな価値観が、昨今まかり通っているようにみえる。多分だけど、日本でどうにもならなかった人間が、海外に行けば人生180度変わることはまずあり得ない。環境は変われど、結局のところ自分という人間は変わらず、言葉に文化の違いに戸惑いそして自信をなくすのが関の山…(経験済み)。

スペインに嫁ぎながらマイナス思考な考えが抜けきらないのは、山よりも高い理想(いや、そこまで高くもないか)と厳しい現実(不況、文化の違い等)の狭間に挟まれて身動きが取れなくなってしまうから。私も以前は海外という未知の世界にこそ、キラキラ光る宝物のような価値観に生活が待っていると勘違いしていた1人。だけど実際箱を開けて飛び込んで来たら見えるもの、それは夢とか多様性とかそんなんじゃなくて、ただのもぬけのからの腑抜けな自分の後ろ姿でしかなかった……(ただし出会いや考え方等、価値観が大きく変わることは否めない)。

私は幸い愛を手探りにスペインに来た訳で、格段ビザやお金の心配をせずに生活できるからまだマシだ。例えば友人のウクライナ人はポリスの影に怯えながら、生き抜く為に高齢者の世話や家事手伝いに精を出す。また別のウクライナ人の女性は、スペイン国内で仕事が見つからず、結局のところはレズビアンのスペイン人女性と偽装結婚。そんなリスキーなことをしてでもスペインに滞在したいその訳……それは母国が戦火にあったり、もしくは貧困区域のアフリカでの生活に希望を見出せないから。別の例を見てみると某中国人女性は、結婚した旦那がブサイク過ぎて上手くいかない様子。だけどどうしても欧州に残りたい!その一心で帰化申請中。

海外を目指す理由は愛に仕事だけじゃない。人の数だけ、欧州にスペインに留まりたい理由が存在する訳だ。果たして私は何の為に、この街で暮らさなければならないのか? それは旦那の生まれた場所であるから、ただそれだけ。幾度となくイギリス、オランダ、ドイツにフランス移住を考えたことか……その度に旦那が付きつける応えはNoの一言。

英語だって喋れるのに! もっとマシな仕事も楽しみだってあるかもしれないよ? 代理母が合法の国に行けば、何も出来ない現実を嘆く今から脱却だって出来るかもしれないのに……そんな簡単に踏ん切りがつくはずもないけれど、家族がいるからこそ離れられないのは理解できる。だけどやっぱり彼にはもっともっと、将来の未来想像図を描いて欲しいのも本音。

しばし私は彼に疑問を呈する。もし仙台に移住することになったらどうする? と。(たまたま私の大学が仙台にあったから)彼はしばし悩んで、行ったことないから分からん、と。でもアニメイト(もしかしたらあるかも)も中野ブロードウェイも無い環境で、秋葉散策も出来ないんだよ? 仕事きっとも少ないし、寒さに凍えながら過ごすのもいやでしょう? と問いただすと、でも宮城に移住はしないし東京がいい! と即答。なら私だってバルセロナ、ロンドンに、パリがいい! と二人平行線を辿る痴話喧嘩のループの始まりだ。

喧嘩の種は大概仕事に家族、そして子どものこと。どうにもならないことで悩みそして嘆きながらも上手くやっていけるのは、やっぱり今の生活が安定している証拠でもある。ついつい背伸びをする、いつも先のことを考えて思考がSTOPしてしまう悪い癖は、きっと海外生活者向きの思考ではないはず。そうは分かっていても、いつも目先の大切なことをさておいて、老後のことを考え不安に陥る。いやはや私という人間はなかなか成長しないものである。

これから海外を目指す若者もしくは30代(もしくは20代)に一言。

海外に行って変わるのは空気と人間だけ。果てしない夢に安定感半端ない経済力、そして自身のキャリア、それらを期待して航海の旅に出てはならず。ゲイにレズビアン、性癖なんか関係ない、国籍に肌の色なんか関係ない。常に意識しなければならないのは日本人としての考えに価値観を捨てること。そしてその土地の人間になりきる努力をする。

海外はLGBTに優しい! オープンだから! ただそんな理由だけで海外を目指してもならない。わざわざ自身の性癖をひけらかしたり、自身のアイデンティティーを武器に渡り歩いても得られるものなんかないのだから。輪廻転生があるのなら、来世もゲイで生まれたい! レズビアンに生まれて刺激的で私らしい人生をエンジョイしたい!そんな妄想を抱かせる場所は海外にあらず。結局は自分がどれだけ忍耐強くそして、努力を糧に生活できるかにかかっているのだ。

 2017/02/26 08:00    Comment  コラム   LGBT  海外           2    
Top