第44回 再・BOYS IN WONDERLAND

皆様、御機嫌よう。

HOSSYで御座います。

皆様がコチラ御覧になる頃には既に2月で御座いますね。
コレを書いている今現在、1月の最終日、31日なのですが先週、申し上げた腑抜け状態のまま、オーダーも詰まっているというのに結局今日まで1週間以上もハサミ持つ事も、ミシン踏む事もなく日々だくだくと過ごしてしまうという体たらくでして、流石にコリャマヅイ!!と本日より奮起、自ら鞭打ちエンジン始動させました。

あ~。。。さぼりすぎた。。。。

さて、本日のお題、“再・BOYS IN WONDERLAND” という事で当日の自身のショウタイムの為にダンサーさんに作った衣装の紹介をさせて頂きたいと思います。

まずはそのショーの模様を御覧頂こうかなっと。
ソレがこちら。

BOYSたちと自身の衣装に関しては以前に紹介した通りですが、このショーの為に生地40M使用した巨大スカートとそれを取った後の鳥かごパニエはこのショーの為に追加で制作致しました。

で、ここからが本日の本題。ダンサーさん2人の衣装の紹介です。

まずは着用画像御覧頂いてッと。

222_1

まずは3ショット。

222_2222_3

で、こちらが黒ウサギ役のAKIちゃん。

222_4222_5

で、コチラが白ウサギ役のマイコさん。

お二人とも、ちょーお似合いです。w

以下詳細です。

222_6

*黒ウサギ
ジャケットはオレンジと黒の市松模様の燕尾服。上襟は黒合皮、下襟はグリーンのサテンで、肩章、ポケットは金のパイピングをしたバロック柄で作りました。
パンツは青のベロアでタックとシャーリングを入れた膝下のニッカボッカ風に。
ベストはエンジのベロアで前身頃だけのホルターネックタイプです。首元は以前紹介したBOYSの胸当てと同じ作りで水色のタイと一体化させたデザインになってます。
帽子は黒のサテンでツバの内側はベストと同じベロアに生地を切り替えたウサギ耳付きのシルクハットです。
ちなみに懐中時計も作りました。

222_7

*白ウサギ
ジャケットは後染めの黄色の薄手のデニム生地で、襟は黄色のギンガムチェックに切り替え、ポケットと上襟はフリル付きの黒地に白の水玉模様の生地に切り替えたショート丈のペプラムジャケットにし、袖は円フリルにしました。
パンツは赤白ストライプサテンの提灯ブルマにしました。
インナーは重ね着に見えるように胸元だけフリルつきのシャツに切り替えた黒のノースリーブカットソーで作り、裾に黒白の水玉チュールのフリルをつけました。
ベルトは表面シワ加工された水色のラメ生地で作ったリボン付きのベルトで背中心でマジックテープで着脱できる仕様になってます。
帽子は赤のベレー帽の土台にウサギ耳を付け(コチラの耳は黒ウサギより太めにし、淵にフェイクファーを挟み込んでキュートなイメージにしています。)リボンやボタン、スパンコール、ビーズ、アクセサリー等でデコラティブな装飾をしました。

という事で本日はこれにて!!

と思いましたがおまけとしてもう一つ紹介!!

222_9

コチラ。

BOYS IN WONDERLANDのテーマが「少年」というのもあったので、当日のGOGOとして“新人・若手”で取り揃えたのですが、その“少年”を惑わす意地悪四人集としてコチラの方々が抜擢。

222_8

左から らくだ, NAWOTO, KENJI, 真崎航

こちらのお揃いモンスター衣装も制作しました。上下セットでボトムは写ってませんが長いしっぽ付きです。

黒の毛足の長いフェイクファーで作った手袋付きのフードです。
どちらかの腕部分を首に巻くとモンスターが口を開けたように見えるデザインになってます。

という事で今度こそこれにて終了!!

また!!

ちゃお!!

Top