第45回 生肉ドレス。

皆様、ごきげんよう。

HOSSYです。

コレを書いてる今、外は雪です。
今回はどうやら積もる勢いないようですけどね。

実はワタクシ、年末の怒濤過密スケジュール中、挫けそうな気持ち奮い立たせるつもりで、年明けたら“海外逃亡”してやるんだから!!と自ら、目の前にニンジンぶら下げなんとか乗り越えたものの、年明けてから絵に描いた様な燃え尽き症候群でまるまる1週間は廃人の態で“海外逃亡”の計画さえ立てずに、ぐうたら過ごしてしまいました。

そして、まあ、そこから復活し、来るもの拒まずで衣装制作のオーダー承っておりましたら、とてもじゃないですが“海外逃亡”なんてしてられない状況に。。。。。。

結局、年明け海外逃亡は頓挫してしまいました。

つまり、目の前のニンジンは食える事無く、未だに目の前にぶら下がってるという状況で御座います。

いつになったら食えるんだろう。。。。。

さてタイトルの「生肉ドレス」といえばコチラ。

227_1

2010年のMTVビデオ・ミュージックアワードでのLADY GAGAさん。

最初見た時は生肉を模したもので、まさか本物の生肉だとは思いませんでした。w

GAGAさん本人はのちに、この衣装には「多くの解釈がある」と説明しています。

「菜食主義者を見下しているわけではない。私たちが信じるもの、そして私たちの権利を守るために闘わなければ、すぐに私たちの骨についた肉ほどの権利しか持てなくなる。私は一片の肉じゃない」

また、同性愛者であることを公言して軍務に就くことを禁じた米軍の規定に反対し、同性愛の米軍人を支援する演説を行った時にはこうも仰っておりました。

「”平等”であることは、米国という国を形作っている”特上リブロース”よ。でも私自身が同性愛者であるがゆえに、祖国が差し出したこのスゴい”肉片”を享受することができないの!」と群集に向かって叫んでいたガガ様。「みんなにも、私が身につけているのと同じ生肉ドレス(=”平等”ドレス)を着る価値があるのよ!」

まあ、込められたメッセージはともあれ、もの凄く奇抜でショッキングである事は間違いないですよね。w

で、いつかコピーしたいなーとぼんやりとは考えてはいたんですね。

で、わたしが衣装生地の買い出しによく利用するお店でFUJIKAKEという特殊・衣装生地の専門店が台東区にあり、その店のすぐ近くに合羽橋道具街があるんですが、ある日、そういえば行った事が無いし、もしかして何か“使えるもの”あるかしらと買い物帰りに立ち寄ってみたんですね。

ありました。

食品サンプルのお店で“生肉サンプル”を購入。
それをきっかけに、ぼんやりと考えていた“作りたいなー”が確固たる意思としての“作る!!”となったのです。

最初はどこかにうまい事“生肉プリント”の生地とかないかしら?とか思って色々なお店やネットで探してみたりしましたがありませんでした。w
靴やTシャツ、タオルなど既に製品になっている生肉柄の商品は幾つか見付けたんですけどね。流石に生地はありませんでした。w

そこで、仕方ない作るしか無いかと思い生地から制作したのがコチラ。

227_2

まず、仕上がりの“赤”より濃い色の化繊の糸で織って作ったベルベット風の仕上がりの毛羽のある、切りっぱなしでほつれのない布と伸縮性のあるニット生地の2種類を用意しました。

それをお風呂場に持ち込み、広げて漂白剤“今回はハイター使用。”を刷毛を使い生肉の“脂身”部分にしたい部分に塗って希望の色になるまで放置。
希望の色になったら洗濯機に投入しすすぎをします。
その後乾燥させ、さらに部分的にもっと白くしたい部分に漂白剤を塗布し放置し、今度は通常の洗濯より少なめの洗剤を入れて洗濯をします。(汚れを落とす訳ではなく大量に使用した漂白剤を完全に落としたかったからですが、すすぎだけでは不安だったので。)

2度の漂白作業の間に塗布してない赤の部分も薄くなります。なので仕上がりより濃いめの生地にした訳です。
ちなみに画像左側がベルベット風生地。右がニット生地の仕上がりです。

真似しようなんて方は、そんなに居ないと思いますが、漂白剤塗布作業の際には、手袋と目を守るゴーグル等してください。危険です。
ワタクシ、面倒くさがって何の装備もなしで作業したら、目はシバシバ痛くなるし、手は指紋無くなるかと思いました。

その生地で作ったのがコチラです。

227_3227_4

上半身のみパターン引いて作り、後は立体裁断の要領でバランスを見ながら形作り、所々上から切りっぱなしの布をねじったり、くしゃっとさせたまま縫い付け表面の立体感を出してます。その後に、部分的に柄の濃い部分を作る為、赤の油性ペンで模様を描き足しました。

布のテキスタイル作りに2日かかったというのに、コレ、勢い4時間でできちゃいました。w

そして合羽橋で購入した“生肉サンプル”はというと。。。。。

こうなりました。

227_6

ヘッドドレス、GAGAさんオリジナルをアレンジして、フォークをブっ刺してみました。 w

てか、コレ結局、まだ一度も着てないのよね。

あは。   ま、 そのうち。

って、事で、また。

ちゃお!!

Top