第45回 アルバイト

 Comment  連載   RUIスタイル              

先週、ひっさしぶりにアルバイトをしました。

アルバイトって響きだけでワクワクドキドキ。

なーんか高校時代を思い出します。

私にもファミレスでバイトをしていた時代があるのです。

今となっては、想像できない姿かもしれませんが(笑)

新宿5丁目に16年続くバーがあります。

その名も、サードアベニュー。

新宿5丁目の三番街という通りの3階にあるお洒落な店内。

私も5年程前から通うようになりました。

ビアンバーという形で営業していたかどうかは定かではないのですが、

働いている方々がこっちの世界の方が多く、そんなところも居心地良くて飲みに行っていました。

今回、リニューアルオープンにつき、オーナーの吉田さんにお誘いを受けて、バイトをすることになりました。

吉田さんは、私のお母さんに顔がそっくりで、他人とは思えない程。

キャラもおちゃめで、本当に可愛い女性なのです。

そんな方に、是非に!とお誘いを受けたら、断る理由も見つかりませんでした。

初めてバーで働くことになり、普段口にしていたアルコールのレシピを勉強しつつ、人見知りを克服すべく奮闘しています。

もし宜しければ、そんなRUIの姿を覗きに来てくださいね。

228_1

【お店情報】

サードアベニュー

営業時間:17:30~22:00(今後変更になる可能性があります)

住所:新宿区新宿5-10-5 プログレス新宿3階

電話:03-3351-3123

チャージ ¥1,000

アルコール類 ¥700~

ソフトドリンク ¥600~

休日:日曜・祭日

最近ふと思ったことがあります。

とても便利な世の中になり、わからないことがあればインターネットで何でも検索できたりしますよね。

それって凄い事なのですが、自分で考えるという工程を省いてしまいがち。

もっともっと想像力を膨らませるべきできないかと思うのです。

一種の現代病かもしれませんが、考える前にすぐ人に聞いたり、ネットで検索したり…

自分で考えることをせずに検索したものが自分の考えになる。

簡単に答えが出るから、物事の考え方が浅く、想像力も乏しくなる。

そんな悪循環を感じます。

歳を重ねるごとに、女性は内面の美しさにより、綺麗になるとつくづく感じます。

自分の考えをしっかり持ち一本芯の通った女性は、魅力的です。

物事を深く考えたり、イマジネーションを膨らませて、想像してみる。

そうする事で人とのコミュニケショーン能力UPにも繋がるはずです。

これってどういう意味かな?

あーじゃない、こーじゃない。

なんて言いながら。

そうして会話を楽しんでから、答えを導きだす一つのツールとしてネット検索を使ったりしながら、答えに辿りつく。

ここでやっとその言葉の意味を理解すればいいと思うのです。

その後、

自分の想像とのギャップに驚いたり、

違って理解していたことに気付かされたり、

はたまた他人の意見を聞いてそんな考え方もあるんだと頷いてみたり。

想像することの延長線上に、とんでもないひらめきがあるかもしれない。

そう私は考えます。

自分で解決することや術を知らなければ、難題に直面した時にパニックに陥る。

そんな若者を見ることが増えてきたなあと、職場でもプライベートでも感じています。

年寄り的な考えですが、

私の時代は、とにかく自分でやってみろという現場叩き上げのような環境にあったため、最初はパニックになりながらも、必死で難題と向き合い、途中で挫折を繰り返しながら、悔し涙を流し、歯を食いしばって這い上がってきました。

難題に必死に立ち向かうことで臨機応変さが出て、乗り越えることで克服し、自分自身の成長に繋がる。

逃げることは簡単です。

考えること諦め、後回しにすることも。

成りたい自分に近づくため、素敵な大人になるために、一生懸命今を生き、試行錯誤しながら進んでいく。

生きていくことは、色んな壁が立ちはだかり、とても大変なことですが、成長した自分の姿を思い浮かべながら、日々進んでいきたいと思います。

内面から輝ける素敵な女性になるために。

 2013/02/11 00:00    Comment  連載   RUIスタイル              
Top