第50回 FOR 金沢の傑物

皆様。御機嫌よう。

先週は不測の事態に随分と乱暴なご挨拶をしてしまい失礼いたしました。

さて先週末は前回さりげなく宣伝させていただきました RUSHCRUISE号9周年@ageHa で御座いました。

252_1

オーガナイザーRIOTOさんの生誕40周年記念も兼ね、出演者のQUEEN.GOGO.ダンサー総勢70名以上と言う盛大っぷりで朝方のアイランドバーのカウンター上にはほぼ全員が登場と言うちょっとした百鬼夜行の態で御座いました。

わたくしは賑やかしの他に、東京椿油というパフォーマンスユニットの一員としてSHOWもさせて頂きましたが、そのワンシーンがコチラ。

252_3

元々は作るつもりもなく別の衣装の予定でしたが、やっぱ新作の方がモチベーションあがるわよねって事でコルセットを新調。

252_10

元ネタはコチラ。まだーなさん。

252_2

後ろ画像は撮り忘れちゃいました。(って引っ張り出して撮ればいいいんだけど、先週末の大荷物のままで広げるのが。。。。ね。)

252_8

素材はエナメル合皮です。胸のパターンは4分の3円からの断ち出しで作り(画像参照。)正中線にコルセットバスクを入れ、後は1.5センチ幅の細長いパーツをカゴのように左右対称になるように組んでいますが、身体から浮いた部分は中にコルセットボーンを入れて張りを出しています。

って、今回の本題はこれからです。

252_9

これから紹介致します衣装は金沢の傑物女装、『阿武虎“アブドラ”』さんからの依頼で制作したものです。

「着用したら画像送りまーす。」と言われてましたが待ちきれませんでした。w

252_11

参考までにアブドラさんの画像がこちら。

オファー内容としては『黄緑・ヒョウ柄・ちょっと引きずるくらいのロングドレス』位でほぼお任せでした。

それがこちら。

252_4
252_5

ドレスは2重仕立てになってます。胸の部分は黄緑のジャガード素材で作り、それ以下はヒョウ柄のシフォンで作り、その上に重ねて黄緑がかった水色から緑×黒ののヒョウ柄にグラデーションになったシフォンのドレスを重ね、金のレースとヒョウ柄のフリルと金のバロックモチーフやスワロ、ビーズで装飾しています。

252_6

ボレロはドレスの胸部と同生地のジャガード素材で肩が水平になった襟まで継ぎ目のない立ち続けのハイネックにし、白のプリーツフリルで淵を飾りました。
着脱は前に垂れた金のチェーンが引っ掛けるようになっています。

252_7

ヘッドドレスは土台を金のモチーフで飾り、中に針金を仕込み自在に変形できるニョロニョロの先にオーストリッチの羽根を付けました。

以上!!

アブドラさん。  着用画像待ってますね。!!!!

ってことで、また。

ちゃお。

Top