インタビュー:喜友名 朝哉さん&橋本 美穂さん(NPO法人 グッド・エイジング・エールズ) 

バブリーナ(以下、バブ):今日はよろしくおねがいします!

喜友名朝哉(以下、喜友名):よろしくおねがいします。

橋本美穂(以下、橋本):よろしくおねがいします。

バブ:お二人はいつ頃から「グッド・エイジング・エールズ」のメンバーになられたのですか?

喜友名:僕は昨年末からメンバーになりました。

橋本:私は昨年9月からです。昨年は二人ともお客さんとして、この「カラフルカフェ」に来てました。

バブ:それで今年は「カラフルカフェ」を手伝ってみようと?

喜友名:はい。手伝うどころか、今年いきなり店長です(笑)

橋本:私はいきなり副店長です(笑)

269_2

バブ:そんないきなり店長さんに質問です(笑)ズバリ「カラフルカフェ」の魅力とは?

喜友名:LGBTの集まりって夜に会う事が多いじゃないですか。そうではなく、昼間に気軽に集まれる場所が欲しいなと思った時に、この「カラフルカフェ」ってすごくイイ場所だなと。それとLGBTだけでクローゼットに営業するわけではなく、LGBTもストレートも関係なくフラットな感じで営業しているのも魅力だと思います。場所は結構遠いんですけど(笑)

バブ:でも海や葉山御用邸が近くにあって、ここまで来るまでの間に、とっても自然に癒されましたよ~。

喜友名:ありがとうございます!

バブ:橋本さんはどんな経緯で「カラフルカフェ」の副店長になられたんですか?

橋本:私は元々「グッド・エイジング・エールズ」の活動に参加したいというところからスタートしていて、その活動のひとつとして「カラフルカフェ」を手伝っています。昨年お客さんとして来てみて、ここのスタッフでもある「グッド・エイジング・エールズ」のメンバーが魅力的な人ばかりだったので。

バブ:なるほど~。先週オープンしたばかりですが、苦労しているところはありますか?

橋本:こだわりが多いメンバーばかりで、そのこだわりに付いていくのが大変です(笑)

喜友名:わかる(笑)

バブ:こだわりっていうのは、具体的にどんな?(笑)

橋本:例えば、お客さんに対するおもてなしですね。乙女な心を持ったメンバーが多いので(笑)私は結構男らしいので…。

バブ:橋本さんは頼り甲斐のある感じなんですね(笑)ちなみに店長さんは毎年変わるんですよね?

喜友名:その予定ですね。今年はちょうど僕達がはいったタイミングに、カフェ運営について話あっていて、新しい風をということで僕達が選ばれました。

バブ:お二人は「カラフルカフェ」プロジェクトの他にも「グッド・エイジング・エールズ」の活動に携わっていらっしゃいますか?

269_3

橋本:私は「LGBTフレンドリーな老人ホーム」プロジェクトに携わっています。本業が建築関係なので。

喜友名:一級建築士なんですよ、彼女。

橋本:そうなんです。初めは本業の観点から「LGBTフレンドリーな老人ホーム」プロジェクトに興味を持って、それで「グッド・エイジング・エールズ」への参加を決めました。

269_4

喜友名:僕は「カラフルカフェ」が現在メインですね。「グッド・エイジング・エールズ」には、昨年末に開催されていた「LGBT就活座談会」の社会人パネラーとして参加したのがキッカケで加入しました。「LGBT就活座談会」や「LGBT異業種交流会」などのイベントの手伝いもしています。

バブ:企業的なセミナーもあるんですね~。それでは「カラフルカフェ」のおすすめメニューを教えて下さい!

269_5

橋本:1日限定10食の「宇宙カレー」です。

喜友名:このメニューは、とある縁で繋がった方からご提供いただいているメニューなんです。

バブ:ご縁というのは、やはり「宇宙」交信で?(笑)

喜友名:はい(笑)ちなみにご提供頂いているのは、ビアンイベント「GOLD FINGER」でも出張店舗を出しているカレー屋さんです。

バブ:そうなんですね。他にもオススメメニューはありますか?

269_6

橋本:「シラスたっぷり海の幸ピラフ」です。メンバーが考えたオリジナルレシピなんですよ。

喜友名:これは今年から新たに追加されたメニューです。

バブ:どちらも美味しそうですね!取材が終わったら注文します!(笑)「カラフルカフェ」としての今年の目標はありますか?

喜友名:昨年は店舗を作る事に時間を割いていたんですけど、今年は土台は出来ているので、更にイベント行事などで盛り上げていきたいですね。

バブ:現在決まっているイベントはありますか?

橋本:「シャンパン浴衣パーティー」や「ガールズDay」を企画しています。

バブ:モエ・シャンドンが並んでますもんね!あちらの生ピアノも素敵ですね~。

269_7

喜友名:新宿のピアノバー「le quineguine」さんからピアノをお借りしているんです。

バブ:こちらではどなたがピアノ演奏をされているんですか?

橋本:カフェに遊びに来て下さった、演奏できる方が弾いて下さったりしています。

喜友名:先日も「le quineguine」マスターのシンスケさんが立ち寄って演奏して下さいました。たまたまシンガーの方もいらっしゃって、ピアノをバックに歌って下さいました!

バブ:スタッフやイベントやお客様次第でどんな色にも変わる、まさに「カラフルカフェ」ですね~。

橋本:ご近所の方も遊びに来て下さるので、地域に根付いた営業も重要視しているんですよ。

喜友名:実際オープニングパーティーも地元の方が結構遊びに来て下さって。地域活性化のお役に立っているみたいです。

バブ:地域にも貢献されているんですね!「グッド・エイジング・エールズ」では、今後どんな活動をしていきたいですか?

橋本:やはり「LGBTフレンドリーな老人ホーム」の設立ですね。でもこのプロジェクトは、結果を出すのに時間がかかるので、「グッド・エイジング・エールズ」の「真面目だけど楽しい」活動を周囲に知ってもらう事を始めていきたいです。

喜友名:僕は企業で働く人間として、LGBTが過ごし易い職場環境を作っていくのに貢献できればと思っています。IT系企業に勤めているんですが、現在「ダイバーシティ」についての取り組みが盛んになっていて、LGBT部門もあって。社内で2~3ヶ月に一度集まって、LGBTについての勉強会やディスカッションを行っているんです。こういう取り組みが他企業で広がっていけば、もっとLGBTにとって働き易い環境になるんじゃないかなと思っています。

バブ:最後にご覧のみなさんに、メッセージをお願いします。

橋本:「グッド・エイジング・エールズ」では、この「カラフルカフェ」以外にも、イベントやワークショップを行っているので、興味がある方は是非足を運んでみて下さい。どういう人たちが関わっているんだろう?と思われている方は、素敵な人たちばかりなので実際に会いに来て欲しいなと思います。

喜友名:「グッド・エイジング・エールズ」は、いろんな人と交流できる場としてとても楽しい場だと思うので、イベント等に是非参加して欲しいです。それと今年の夏は「カラフルカフェ」に一度は是非来ていただきたいなと!(笑)

バブ:素敵な営業〆のお言葉ですね(笑)ありがとうございました!

◆インタビュー:松中権さん(NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表)編はこちら。
◆インタビュー:柳沢正和さん&阿由葉左衛子さん&あずささん(NPO法人 グッド・エイジング・エールズ)編はこちら。

◆INFOMATION◆

269_8

NPO法人 グッド・エイジング・エールズ
http://www.goodagingyells.net

 

269_9

カラフルカフェ
http://cafe.goodagingyells.net/
http://www.facebook.com/ColorfulCafeHayama
[住所]神奈川県三浦郡葉山町一色1985-1
[連絡先]080-3352-4211
[営業時間]7月、8月の土日祝日 11:30~日没まで
[アクセス]JR逗子駅からバスで20分
(山回り)バス停   「葉山」下車 徒歩1分
(海岸回り)バス停「一色海岸」下車 徒歩1分
御用邸前葉山警察署並び 一色海岸まで徒歩57秒

Top