第7回 Grand Panache 6th Anniversary

 Comment  連載   RUIスタイル              

 

31_1

4月28日(土)は、Grand Panache 6th Anniversary Partyでした!
6年、がむしゃらに続けてきたので、本当にあっという間です。
もうそんなに経ったんだっけ?みたいな。
考え深いものがあります。

ひょんなきっかけから始め、右も左もわからないままに試行錯誤を繰り返し、
どうすれば来ていただいた沢山の方々を楽しませることができるか、
そんなことを毎日考え、パナシェに没頭してきました。

不器用な私にとって、仕事とパナシェを両立してできたことはとても意味のあることです。
6年経った今では、良い達成感。
仕事でやっていることをパナシェで活かしたり、反対にパナシェでやっていることを仕事で活かしたりと、
いい相乗効果で自分自身成長できていると感じています。

もちろん、これだけの間続けてこられたのは、沢山の支えや応援があってのことだと身にしみて感じていて、感謝の気持ちでいっぱいです。

最初は、イベントを運営するということを表面的にしか理解していないままスタートし、
ホスト達を始め沢山の方々に迷惑をかけてしまったこともありました。

そして時が経つにつれ、だんだんと要領を掴んできて、自分が何をしたいかがはっきりと見えてきました。

私自身パナシェが大好きで、自分でも思うくらいパナシェばかなのです。

お客様にいかに楽しんで頂けるか、居心地のいい空間を作れるか、自分の居場所だと感じてもらえるか、
今でも追求しています。

そして私達ホスト陣もいかに楽しむかを考えています。

私が信頼をおいているパナシェホスト達は、ただ受け身なだけではなく、
自分達からどんどん発信することも忘れないからこそ、同じ方向を向き、
みんなで一つの物を作りあげていくことができるのだと確信しています。

女性として女性が好きだということ。

そのことが私達の日常において、すぐ近くにあり、
特別なことでもないのだと世間にもっと認知してほしいと私は思っています。
決して無理に理解し、受け入れてほしいなどという考えはありません。
そのためにパナシェというイベントを通してできることはないかと日々考えて活動しています。
そうした活動の中で、自然と社会に浸透していくことが理想です。

これからも地方で情報が少なく誰にも相談できず悩んでいる方や、こういったイベントに来たことがない方達に、こちらからどんどんと情報を発信して、解決の糸口になればと思います。

私の出来る事はちっぽけなことかもしれないですが、何年か何十年か先、
もっと暮らしやすい未来が待っていると信じて行動し続けたいです!

「女性が好きということは特別じゃないんだ。
すぐ近くにこんなに沢山の仲間がいる!」
そんなメッセージをまだ届いていない悩める沢山の人達に向けて。

31_2

 

 2012/05/07 00:00    Comment  連載   RUIスタイル              
Top