主婦タレントの女王

 Comment  コラム   主婦タレント              

2CHOPOの読者の皆様、こんちゃ!おぱんぽんと申します。

「誰よ!?あんた!」って話なんですが、主婦(主夫?)をしている、関西出身東京在住の37歳のゲイです。ことの発端は昨年秋。関西転勤を言い渡された会社にうっかり、「主婦になります! 寿退社しま~す!」と言い放ったから。昨年末で会社を退社し、今年始めから、彼氏んちで主婦生活をスタートさせました。会社は、かなり苦笑いでしたが…(笑。

まさか、男に生まれて主婦になるなんてね~。でもね、この生活、ほんとに楽でござ~ますよ。専業主婦って失業者なのに、「主婦」って称号で、社会にゆるく守られてしまう。鬼ごっこの “ごまめ” になったった感じ、「主婦は大変」っていうけど、やっぱり会社勤めしてたときより断然楽です。

ふと世の中を見渡してみると、この ”主婦特約” を利用したママタレント、主婦タレントがあふれているわね。若さだけが武器だった、芸はないけど、知名度だけはある、旬をすぎたタレントはみんなこっちに流れてる。昔は、そういうのは結婚とともに引退してたんだけどね。

その中でも、主婦タレントの女王と言えるのは、堀ちえみ様です。ちえみ(あえて呼び捨て!)をただの子だくさんママタレだと思っている人!それは大きな間違い!
主婦タレの中でも、北斗晶やMEGUMIみたいに自分が家計を支えている人は輝きが違う、と思うのですが、その中でもちえみは別格。彼女は、「主婦」をうまく隠れ蓑にして、稼ぎつつ、子供たちも守りつつ、恋もしつつ、汚くならず、芸能界の一戦の復帰した、キャリアウーマンです。つまり、時間をかけてやりたいことを全部やってきた女。こんな女に、木っ端なママタレがかなう訳ありません。

ここで、ちえみの人生をプレイバック。

1981年 ホリプロタレントスカウトキャラバンに優勝。
1982年 14歳でアイドルとして芸能界でデビュー。
1983年 大映テレビ制作「スチュワーデス物語」に主演。

その後、ホリプロの顔として、歌にドラマに、アイドルとして大活躍。しかし歯車が狂い始めるのです。。。

1985年 作曲家・後藤次利との不倫疑惑。

この後のちえみは太ったりやせたり、なんか不安定な状態に。ホリプロからの罰ゲームなのか、セミヌードも披露したり…。

そして…
1988年3月 二十歳で芸能界引退。大阪に帰ることに。

まだ、二十歳なのに芸能界の光と陰を経験することになった、ちえみ。ましてや、強面のホリプロを敵にまわしての引退。ちえみの芸能人生は終わる、かに思われたの。
その後、90年代に入り、結婚をし、松竹芸能に所属し、関西の情報番組に出演が始まる。
アイドルからママタレへ。
といってもさすがは元アイドルの20代のきれいなママタレント。関西のテレビ界では輝いてました。ちなみにホリプロと松竹芸能の間には、関西のみでの芸能活動を強いたとも言われて、関西以外では目にすることなかったんじゃないかしら。

1999年 三児をもうけたDV夫と離婚。
2000年 再婚。さらに二児もうける。

この変わり身の早さ、素敵! 肉食ちえみ。

2001年 14年ぶりにシングル発売。
2005年 東京でイベント。17年ぶりにステージで歌声披露。

この後、東京での仕事も続々と解禁され、コメンテーター、女優、歌手、CMキャラとして活躍。この活躍も、ちえみがアイドル時代から、美しさに劣化が少なかったよね。あと、トーク力も関西で磨きかかって、最強のママタレの凱旋となったわけ。

2010年 離婚。
2011年 再々婚。
2012年2月 Chiemi Hori 30th Anniveresary Live 2012 開催

この復活っぷり。一回干された人が、20年の時をかけて復活する。そうとうな女力。もはや、彼女自身が大映ドラマの題材になりそう。
あたしも巷にあふれるママタレのな~んちゃって子供服プロデュースみたいなぬるい仕事はせずに、ちえみ目指して、身を削って、おもろいことを書くことをここに誓います!!

長文すんません。

 2012/04/03 00:00    Comment  コラム   主婦タレント              
Top