エスム、ミスチル20周年記念ライブに参戦。

 Comment  コラム   Mr.Children  ミスチル              

ちょっと奥さん、聞いて! アタシ、先日(5月25日)、東京ドームで行われたMr.Children(以下、ミスチル)のデビュー20周年記念ライブに行ってきたの!

と周りの人に言うと、かなりの確率で意外そうな顔をされるんだけど、女装がみんな、安室ちゃんとかあゆとかPerfumeとか聖子とかドリカムとかマドンナとかガガとか清水ミチコとかマッキー(順不同)のライブにしか行かないと思ったら大間違い。男性アーティストのライブだって、ちゃんと行くんだよ! どいつもこいつもイメージだけで判断しやがって!

とか言いつつ、上記の女性アーティスト陣のうち、あゆと聖子とガガとマッキー以外のライブには、アタシも何度となく行ったことがあるわ。しかもマドンナと清水ミチコ以外は(今回のミスチルも含め)全部、友だちが誘ってくれたの。持つべきものは、誰かのファンクラブに入っている、オカマの友だちね……。ってアタシ、少しは自分で努力しろ。

ちなみに、多くのアラフォーオカマ同様、アタシがミスチルを知るきっかけとなったのは、93年に放映された伝説のドラマ「同窓会」の主題歌「CROSS ROAD」。ドラマの内容があまりにも衝撃的すぎて、最初のうちはあまり主題歌を気に留めてなかったんだけど……。ある時、「同窓会」関連の特番で桜井くんがコメントしているのを目撃し、「こ、この素敵な殿方(当時、「イケメン」という言葉はまだなかった)は何者?」と、心を鷲掴みにされちまったの。ドラマの性質上、同性愛に関するコメントもしていたんだけど、ちゃんとゲイに配慮した物言いだったのも、ポイント高かったわ。

その後ミスチルさんとは、好きなシングル曲を覚えてカラオケで歌ったり、時にはアルバムをレンタルして聴いたり(買えよ)、ライブ映像やPVを観て「桜井くんのこと、やっぱりイケるわ」と確認したり……といったおつきあいを20年近く続けさせていただいたんだけど、昨年9月、ついにライブに初参戦。生で聴く桜井くんの声や名曲の数々に興奮したアタシは、すっかり「にわか熱狂的ファン(?)」に。

しかしまあ、桜井くんの何がすごいって、まずあの体力ね。今回も、東京ドームのステージを縦横無尽に走り回りながら、実に3時間近く歌い続けていたんだけど、とても42歳(しかも一度、小脳梗塞で倒れてる)とは思えんわ。一方で、ちょっと激しいショーを数分間やっただけで、すぐ息切れしちまう40歳のアタシ。見習いたい……。

そして、いつも思うのが、桜井くんはやっぱり「ずるい」ってこと。音楽的才能に、ほどよくハスキーな声。しかも環境保護活動とかしてて、ついでにオカマにも優しそう……。ああもう、あんな人が近くにいたら、惚れない自信がないわ!(ババア、妄想激しすぎ)

で、もっともずるいのが、あのルックス。ゆずの北川くんなんかもそうだけど、「一重・糸目・垂れ目&笑い皺」系って、どうしても「いい人」に見えちまうのよね。本来、顔の造りと性格との間には、なんの相関関係もないはずなのに……。

実際、アタシの知人・友人の中にも「一重・糸目・垂れ目&笑い皺」なオカマが何人かいるけど、やっぱりモテるのよ。そして奴らはたいてい、色恋において鬼畜。「優しそう」という勝手な幻想を抱いて奴らに近づき、屍と化したオカマたちを、今まで何人見てきたことか……。「二重・巨眼・吊り目&顔じゅう皺だらけ」な女装のアタシの方が、よほど誠実で優しいのに!(ほんとかよ) どいつもこいつもイメージだけで判断しやがって!

とまあ、すっかり話が脱線しちまったけど、桜井くんもやっぱり、色恋においては鬼畜だったりするのかしら……。そして吉野美佳(元ギリギリガールズ)とは、一体どんな夫婦生活を送っているのかしら……。「20周年を機に解散か?」という噂のあるミスチルだけど、それよりもアタシ、桜井くんの私生活の方が気になるわ。
って、結局そんなオチかい。

 2012/05/30 00:00    Comment  コラム   Mr.Children  ミスチル              
Top