卒業ほやほやの前田敦子さんのいきなりすぎるスキャンダル……やっぱりやらかすためには場所選びが大事かと思います。

 Comment  コラム   前田敦子  週刊文春              

前田敦子さんのスキャンダルが発覚しましたね……。
しかも週刊文春で。

文藝春秋といえば、指原莉乃のスキャンダルも掲載しつつ『AKB48 東京ドームコンサートオフィシャルムックAKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~』なんかも出しているという、使い分けがとても上手な出版社さんですので、もしかしてオフィシャルムックが売れてないのかしら……という邪推をしてしまいそうです。
講談社の写真集は売れてるのにね……。

しかし、写真、すごいですね!!!
卒業直後のトップアイドルとは思えないあられもなさ!!!

385_1

こんなコラまで……

それにしても、アイドルって大変ですよね。写真1枚で家まで特定され、家賃が25万円であることがバレたり、ラグがヴィトンの10万以上するやつだということまで解析されたり……。しかも深夜合コンの会場であったお店のオーナーが、加護亜依ちゃんの旦那だった、みたいなあんまり関係ないけどダーティなサブ情報が出るわ出るわで今日はすっかりあっちゃんで頭がいっぱい。

(加護の旦那の店ならビデオとか撮られててもおかしくなさそうですが)

でも……あっちゃんはいいじゃん……酔いつぶれても運んでくれる人がいて。
私事で恐縮ですが、先週末ほんとーーーーーーに飲みまくって騒いでぶっつぶれて吐いて気づいたら朝9時、道端に1人でした。
楽しかったけどもズッポリ抜け落ちた記憶のかけらを探しつつそこらじゅうで吐き散らかしながら1人で家路についた私を思えば、敦子も「ああ、私なんてマシ」って思うはず(思わない)。

そんないい意味でも悪い意味でもほっとかれる街(個人の問題です)・新宿二丁目こそが、マエアツ先輩を含め、成人芸能人の皆さんにおすすめのやらかしスポットではないか、と思います。
「秘密の街」という側面があるこの街では、いくら渦中の沢尻エリカさんがその辺で飲んでようと、水原希子さんがオカマに混じってハチャメチャしてようと大丈夫なヘルタースケルターどんとこいな土地。

N谷M紀がゲイバーで「烏龍茶くれよ」ミセコ「あらお姉さん可愛いもの飲むのね~」N谷「うっせえおまえケツ掘るぞ!」なんて出来事があってもただの都市伝説と化す土壌。
私自身も何度も大暴れするAYU様とか見ましたが、結構すごい遊び方してても週刊誌/スポーツ新聞ともにおとがめなし(セキュリティまじすごかった)。たまに東スポさんの回し者が来るのが玉に瑕ですが、それでも東スポさんくらいなので安心!  酔いつぶれて道端で寝ていた某巨乳タレントMさんも起きた時に何事もなかった安全な二丁目、万歳!

つまり前田敦子ちゃんも九州男(新宿二丁目のカラオケつき素敵ゲイバー)の一番奥の半個室席とかでカラオケ祭りしてれば平和だったのではないでしょうか。
本格イタリアンはありませんが、ピラフやシューマイを出してくれますし、あたりめをあぶってくれるなどの快適なサービスが満載。確かテキーラもあります。さらに大ママは、フレディ・マーキュリーの日本妻と名高い、二丁目から世界に股をかけたスキャンダラス・クイーン(おとがめなし)と、これはもう完璧!!

さあ、九州男でスキャンダラスに行こう!!

※「スキャンダラスに行こう」大島優子・小嶋陽菜 アルバム「1830m」収録

 2012/09/14 00:00    Comment  コラム   前田敦子  週刊文春              
Top