秋はクリ活!〜クリ活は名曲とともに

 Comment  コラム   クリ活              

こんちゃ、おぱんぽんです。
涼しくなってきたわね。
お仕事を始めたことで、生活時間帯や勤務地の関係で彼氏と別居することになったあたし。
一人暮らしが長かったので、今の生活は正直楽ちんです。
そんな、ひとり大好きなあたしでも、唯一ひとりになりたくない時期が
12月です。
そう、クリスマスシーズン。

数年前のあの時期。
あたしは銀座でお勤めをしていたんだけど、
年末進行でタイトになったスケジュールを不眠不休で夜中まで必死にこなして、
なんとか終わることができたの。
爽快な気分でオフィスをでると、意味なくイチャつくカップルたち。
路地で、チュッチュチュッチュしてるの。
その上、イルミネーション、レッド&グリーン。
なんだか周りは楽しそう。
…なのにあたしは…
髪はボサボサ、目は充血&クマ、服はダルダル、体は少し臭い。。。フラフラしてて挙動不信。
そんな時に頭に流れてきたのは

↑中島みゆきの「十二月」!
(以下歌詞)
自殺する若い女が この月だけ急に増える
それぞれに男たち 急に正気に返るシーズン
大都会の薬屋では 睡眠薬が売り切れる
なけなしのテレビでは 家族たちが笑っている

何万人の女たちが あたしはちがうと思いながら
何万人の女たちと 同じと気がついてしまう月

人の叫びも 鴃の叫びも
風の叫びも 警笛の叫びも
みんな似ている みんな似ている
人恋しと泣け 十二月

…そ、12月はひとりでいてはいけないのです…

でも、そこはゲイでよかったっと思えたのは、
ゲイタウンという駆け込み寺があること。
行けば、呪わしいクリイブも
傷を舐め合いながら、
酩酊して乗り切れる。
でもね、お誤解を恐れず言うけど

あの日、あの街にいるのは、
本当にブスばっかりなの!!!

残り物には福はない!
さあ、今すぐに「十二月」を3回リピして
クリ活を始めましょう!

ジム行って、ヘアサロン行って、なんとか体裁を整えて、
週末は街に出て、店やクラブで可愛い子をチェックして、メアドをゲット、もしくは赤アプリで連絡(あたし、赤アプリで始まる恋をあまり聞かないのよね‥・あれは、ちゃんと顔を確認してから追い詰めていくのに向いてると思うの)。
手っ取り早くいくなら、暗闇に行くなんてことも。。。そこから始まる恋もある!

そしたら、

↑「Pearl White Eve」が待ってるわよ〜。この聖子はかなり女装っぽいけど(笑

あの季節、ひとりはヤダって人は
今すぐ、クリ活!(←最後に言うのもなんだけど、なんかいやらしい言葉よね)
お気は確か?な12月さえおわれば、お正月は全然平気に一人で過ごせるから!(笑

 2012/10/16 00:00    Comment  コラム   クリ活              
Top