キムビ、クリスマスに裏ドリワンダーランド「ウラワン」初体験!

みなさんメリクリ!クリスマス当日いかがお過ごしでしょうか!?

12月23日イブイブ。実はあたし、人生初のドリカムLIVEに行って参りました横浜アリーナ!
というわけで今日はドリカムなお話ですよん。

ドリカム…日本人ならば知らない人は居ないアーティストよね。
国民的な人気で今もなお超現役であり続ける女性ボーカリスト・吉田美和様の創り出す楽曲の世界観は、ゲイシーンでも根強い人気であるのは言わずもがなですよね。
これまで不思議となかなか行く機会の無かったドリカムLIVE。表のワンダーランドの方も全然チケットが取れないとか聞いていたので、死ぬまでに機会がれば詣でたい…位に思ってたんですよね(お伊勢参り!)。それなので、もー、内心ワックワクでしたよー。

416_1

新横浜駅からアリーナまでの道をファンのみなさんと一緒にぞろぞろ歩き到着しましたらば、ご用意していただいた席がなんと、BOX席!!もちろん人生初の経験です。あまりの興奮に記念写真を撮り忘れたので想像してくんなましw。案内のお姉さんに指示された扉を開けると、モニター付きのウェイティングスペースもある、コートもかけられる、イメージ的には競馬場のVIP席?(行ったことないけどw)いや、高いレコーディングスタジオの休憩場所?!(伝わりますように)。そこから会場に出ると、舞台も近くてテンションMAX!無駄にウェイティングスペースのソファに座ったりして完全におのぼりさん状態w。

そうこうしているうちに17時。待ちに待ったLIVEがスタート!ウラワンは15時半会場、17時開演というものすごい健全な時間帯で行われてるのです。さすがドリカム、もう意味もなく何でも凄い!w。
ミュージシャン・ダンサー・と続いて中村正人さん・吉田美和様が登場。今回ウラワンのメインキャラになっている悪いクマみたいな子がデザインされている山車に乗ってご本尊様が現れた瞬間、会場のテンションもはちきれんばかりに。思わずあたしも、絶叫。BOX席に座ってドリカム様を生で見られるだなんて!!感激しすぎて既に涙だったのでした…。

ウラワンに関してご紹介すると、2011年、4年に一度のグレイテストヒッツライヴ「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2011」で40万人を動員したドリカム。そんなDWL2011の興奮冷めやらぬ2012年早々にファンの間ではマニアックな人気の高さを誇る、通称「ウラワン」の開催が決定。ライヴの内容は、まさに「ドリカムワンダーランド」の裏ヴァージョンで、ファンにはたまらない裏ベストライヴ。「未来予想図Ⅱ」や「LOVE LOVE LOVE」だけじゃない!!というわけで今年、禁断の裏ドリワンダーランドが遂に全国アリーナツアーとして開催されることになったのだそうです。
美和様もMCで仰っていましたが、ファンの人気投票ではいつも30位圏外だけど、40位前後に常にランクインし続けている楽曲を中心に、組まれたセトリで超豪華なステージがスタート。
※ここからは少々ネタバレしますので、ご注意を。

驚いたのは、美和様の運動量。
アップテンポはもちろんスローな曲であっても、かなり細かく振り付けや演出が組まれていて、それを間違えずにやりきりながら歌う。年齢的なことを考えてもそのエイジレスさ、スタミナはハンパなく、“笑い飛ばして 踊り倒して 歌いまくって”のまさにこの日披露されていた楽曲「想像を超える明日へ」状態。ていうかそれを連日、ツアーで繰り返してるって想像を絶します。
バックを支えるバンドメンバーには愛する旦那JUNOくん(19歳年下❤)。絶妙なかけ合いで美和様を優しく見守る兄のような中村正人さん。この男性ふたりの存在によって、美和様はいつまでも小さな女の子のように天真爛漫な姿でステージに立てるだろうな、と感じましたね~。
息を吸って吐くのと同じくらい自然に声を出し、フェイクでスキルを見せ、どんだけ暗い曲を歌っても観ている側を落ち込ませない。だから泣けない。むしろ幸せなラブソングを歌われた方が泣けてしまう。まさに晴れの女神のような美和様。マドンナが常に若い彼氏を作り、ツアーメンバーにも若いメンツを投入し続けることで、彼女のパフォーマンスが一線であり続けているように、日本で唯一それを体現しているのは美和様だけ。
帰ってJUNOくんとの結婚エピソードをネットで見ていたら、JUNOくんは吉田家に婿入りをしたそうで、生涯美和様を守り続けるという誓いを婿入りという形で見せたといわれているそうですね。そんなエピソードもあってか彼の歌声やパフォーマンスがけっこう目立っているシーンが多くあっても、ファンのみなさんは好意的でしたね。
美和ちゃんが幸せならそれで良い!美和ちゃん、大好きだよ!そんな感じがしました。

個人的にアガったのは、「戦いの火蓋」「2人のDIFFERENCE」「愛してる 愛してた」。
このあたりの歌詞の世界が大好き。まだ自分が10代のお子様だった頃聴いていたのでなつかしい気持ちがこみ上げてホロリ。大きなモニターにちゃんと歌詞が表示されるので、より浸れるし、一緒に歌えて至れり尽くせり。
バックダンサーの総選挙や、ドリーズブートキャンプでワークアウトタイム、ミワザイルではChoo Choo Trainパクリアレンジの曲でエグザイルダンスをしたり、ポップなネタをどんどん取り入れてファンを楽しませてくれる感じがあっぱれで、素直に面白かった。身も心もガッチリ楽しませていただきました。ありがたやー!
美和様の魅力は、声もスキルも歌詞もあげたらキリがありませんが、心が純粋で素直でかわいらしい人っていう部分なんだろうなー、とLIVEを見て感じました。今さらですけれども、美和様は恐ろしいほど魅力的過ぎるお方。いろいろ激しく刺激になりました(性的な意味で❤)。

あっと言う間に本編が終わり、その間全く飽きる暇もなく、永遠に見ていたいLIVEっていう感じでした。あと何時間でも聴いていたい、帰りたくない、そういうLIVEってなかなかないッス!
そしてラスト極め付きのアンコールでは「何度でも」を大合唱しながら、感泣。あー…今も想い出しただけで泣ける・・・wどんな恋愛ソングよりも人生応援歌である「何度でも」を聴いて号泣するって…あたしも大人になりましたわw。
曲を作り、歌い、発表して、沢山の人に届け、その曲が愛されていく。改めてそうした不変のアーティストのかっこ良さ、ファンとの美しい関係性に感激しました。

ウラワン。想像を越えてイキたいところまでイカせてくれる超エンタメLIVE!
来年の2月までまだまだチャンスはあると思うので、気になった方は是非行ってみて、行きなさいよ~っ!
日本でたったひとりの歌って踊るスーパーアーティストとして、これからもずっと美和様に突っ走り続けていただきたいものです。

416_2

感泣デトックス後の一枚。

年末最高のクリスマス体験をありがとうございました。
みなさまも良いクリスマスを~!

◆裏ドリワンダーランド2012/2013ウラワン OFFICIAL SITE◆
<a data-cke-saved-href=”http://www.dctgarden.com/uradori/” href=”http://www.dctgarden.com/uradori/” _blank”=””>http://www.dctgarden.com/uradori/

Top