歌う年末年始!

 Comment  コラム   紅白              

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします、ね!

年末29日まで仕事があったあたしは、30日に郷里の神戸へと帰ったのだけど、
宿泊した祖母の家にはなんとテレビがなく(!)
あたしの大好物「紅白歌合戦」も見れなかったの。

31日、大晦日夜10時。
ひとりぼっちで、美肌サイトをスマホを見ていた私に
一機にメールが3通も来たの。
内容はすべて

「よいとまけ」が放送事故!(笑)

期待に胸をふくらませながら、帰京して
早速、紅白を見はじめました。

↑ぎゃっ! 年末のお茶の間を凍りつかせた「よいとまけ」。紅白の伝説になったわ。

↑ほんとに怖かったわ‥・特にこの「かあちゃ〜〜ん」が。
男装なのに、なぜか前田美波ねえに見えてくるのはなぜかしらね?(笑

ほかの見どころは…

↑SKEの珠理奈。激やせで休養してたのに、AKBにSKEに大忙し。
次世代エースはホントに大変。疲れると顔が、手塚理美風になるのが心配だったわ。
中京圏って加藤あいとかこの子とか、若いのに顔しっかり目の美人がたまに生まれるよね。

↑きゃりぱみゅは、出落ちキャラなんだから、トップバッターでいいのに、何故か遅めの時間で登場。

↑由紀さおりがジュディ・オングに進化。

↑死人まで動員しての反則技。だから嫌い。

↑ももクロは頑張ってたわ〜。もちろん生歌だったし。感動したよ。

それに引き換え、女性シンガーの手抜きが目立ったわね。

↑aikoは紅白を軽ろんじすぎ。見てもらおうって気がない。
「くちびる」歌うんやったら、応援は五輪選手やなくて、京唄子やろ!(笑)

↑YUIや絢香は、紅白に出たかったのかしら? やる気なし。

↑研ナオコ級の熱唱をみせた中島美嘉。2年ぶりの紅白。

↑MISIAは風が強そうだったけど、映像がきれかったわね。

↑YUKIは声は出てないけど、パントマイム風の踊りといい、結構頑張ってた。画像は歌い終わり昇天しているところ。

↑奥居香に紅白ワーストドレッサー賞を進呈します。「Diamonds」だからってこの衣装はないわよ。

今年は演歌歌手が多かった。特に女性が多すぎる、要リストラ。

↑チャロと抱き合わせ、藤あや子。どうなの?

↑幸子のお株を奪う、水森かおり。役不足。

↑もうなんで出てるかわからない、香西かおり。

↑伍代夏子は「恋ざんげ」で出場。大島優子が頑張りすぎてて笑ったけど。伍代夏子はもう出なくていいと思う。

↑「冬のリヴィエラ」ももういいよね…蝋人形みたい。

↑AKBが地方のキャバレーみたいだった五木ひろし。これもいらない。

↑「風雪ながれ旅」といえばそりゃサブちゃんの鼻の穴に紙吹雪を吸い込ませたいのはわかるけど、降らせすぎやろ紙吹雪(笑)。

↑氷川きよしは事務所の社長が急逝し、心こめて「櫻」を披露。
でも、感極まってか、狙い通りか、歌のラストで‥・

↑さゆり風「天城越え」演出を使用! 一歩前進!(笑

↑でも、本家は超えてきたね〜〜〜

↑今年は髪型もNHKの肩の入れ方もすごかったわ。圧巻の大炎上!!

私の見終わった感想を言っちゃうと

…やっぱりFNS歌謡祭の勝ちやったわ…

ってこと。

明らかに「紅白」、手を抜いていたわよね。
舞台のモニターに演出を任せちゃってさ。
階段や壁までモニターにしたからって、それは手抜き!
まるでMUSICJAPANを見ているようだったわ。
そのせいか毎年、トラブりそうなほどの、アホみたいな大量の人海戦術がなかったし。
五輪選手ばかりの脈絡のない出場歌手の応援の人々も、空回り。
あと、家族の絆、きずな、キズナ、KIZUNAばっかりの押し付けがましいメッセージにも辟易したわ。
メッセージなんていらないの。
紅白はお祭りなんだから。

そんな不発な紅白のあと、
あけて1月2日に放送されたおなじNHK、でも大阪放送局製作の
「新春女子会コンサート」
はなかなか見どころ満載だったわ〜。

↑しょっぱなから、かなりきつい映像でスタート!

↑あれ、あべ静江さん…

↑かと思ったら、なんと杏里!! え〜!? 杏里っていまこんな仕事受けちゃうの!?

↑国生にも呆れられるくらい声が出てない、ちえみ。モーニング娘。やSUPERGIRLSもでてたよ。

↑藤あや子「雪深深」はかなりのアクメぶり。あとやっぱ「ちんど」はいいわね。

でも、一番良かったのは、杏里のあとに気合十分で登場した

↑渡辺真知子!! 正月早々、子供がみたらひきつけ起こすぐらい本当に怖かったわ!(寒)
でも好きよ。歌の世界は勝負ですよ。ケレン味たっぷりにやってくださいよ。

 2013/01/08 00:00    Comment  コラム   紅白              
Top