私の体はうどんでできているの

 Comment  コラム   うどん              

・・・土曜日。会社で作家さんの原稿待ちの間にこの原稿を書いています・・・呪・・・

「私の体はワインでできているの」
と言い放ったのは、かの川島なお美大先生。
今月、あたくしは仕事で都内のうどんを食いまくっておりました。
朝昼晩、ぜ=んぶうどんという生活が2週間ほど。
いわゆるロケーションハンティング=ロケハンってやつなんだけど、
自分の舌を頼りに、一軒一軒まわってうまいうどんを探す作業をしておりました。

お店に入るとまず、「冷」。時間差で「あつ」を注文します。
あたしはうどんは「冷」派なんだけど、「あつ」の方が香りが立って
おいしいうどんも存在するので、とりあえず二杯、たいらげます。
そうして、麺と出汁、あれば種物の評価をします。

炭水化物、どし~ん!
それにしても、あいつ(うどん)はなかなか消化しないわね。
特に武蔵野うどんもハンパない。
水分量(加水)が少ない分、小麦粉の重みが麺の重みなの。
夜食っても、朝まで余裕で持ちます。

あたくしが今回一番食べた日は
12時 カレーうどん、ザルカレー
1時半 カレーうどん
2時半 カレー南蛮2種類
3時半 休憩でウエストでお茶とミルフィーユ
4時半 カレーうどん
と5時間で6カレーうどんを食っておりました。
何かが壊れてるわよね。
そのあと、頭がぼ~っとしてきて、急激な睡魔に襲われました。

「私の体はうどんでできているの・・・オエップ」

そのおかげで今は都内のうどん情報はお任せなんだけど、
意外と「うどんおいしいとこおしえて~?」
って聞かれないものなのよね。トホホ。
とりあえず、苦労した分、雑誌売れてくれって感じです。

さて、なお美。
彼女は他にも
「20代って女の春だと思うの……30代は女の夏。私、いま夏」
という名言も残されているのだとか。

この自己肯定力、すごい。
てことは、あたくしも今は夏・・・。
38歳・おぱんぽん。
もう晩夏という感じかしら?
なお美の38歳の頃といえば、
ちょうど「失楽園」と「くれなゐ」のW渡辺淳一時代。
ま、作家×女優の蜜月絶倫期だわね。
でもなんだかベットリとした粘度の高い汗が、まとわりつく感じ(笑)。

431_1

↑この頃、なお美先生、調子に乗って歌手活動を再開されております。
今は亡き8cmCDのジャケットがいいお顔。エネマグラでも放り込まれている感じです(笑
タイトルは「薔薇の花、みだら」。作詞、阿木曜子。
♪薔薇の花 みだら みだら(みだら~~~)
散り際がみだら みだら(みだら~~~)
せめて今夜はあなたと うぅぅ~~~
という下品なサビもいいのだけど。
歌の後半には
♪ジュテーム モナムール あなたが好き 同じくらい 自分が好き
という歌詞も。ここでも自己肯定。
カラオケに入ってます。たまに歌います(笑。

あたしは38歳になり、ちょっと早いと思われるかもしれないけど、性欲も減退してきた気がする今日この頃(炭水化物過多で糖尿!?)。
性欲で人生遠回り、と感じたこともある(ほら、勉強に集中できなかったりとか~?)あたしとしては、ちょっと冷静になれて気もしています。
性欲のない世界ってどんななのかしら?

さて、まもなく40代。
女の秋。
どうなるのかしら?
今度、ブルボンヌ先生にお聞きします。
性欲は旺盛そうだけどね(笑。

 2013/03/04 00:00    Comment  コラム   うどん              
Top