第52回 AMR

皆様、御機嫌よう。
HOSSYで御座います。

これを書いておりますのは4月の3日では御座いますが、1日はエイプリルフールで御座いましたね。
全世界で定着していて、日本でも誰もが知ってるというのにカレンダーには記載されておらず、起源もインド起源説、キリスト教起源説、フランス起源説、古代ローマ起源説など諸説あり、どれも不確定と言う不思議な日。

日本にエイプリルフールが伝わったのは江戸時代で『不義理の日』と言われていたそうです。当時は不義理を働く(ウソをつく)のではなく、ふだん義理を欠いていたことを手紙などで詫びる日だったそうで、つまり今とは真逆だったよう。
今のように「ウソをついてもいい日」となったのは大正時代からだったそうです。

この日はツイッターのワタシのTL上でも色んな “嘘” が展開されていておりましたが、自身は “嘘” に関しましては黙し、皆さんのチョイスした嘘のセンスや趣味、ホントや願望が込められてるに違いないと思って、呟きを眺めて楽しんでおりました。

そうですね。なかなかの悪趣味と自分でも思います。

という事で本題。

444_2

コチラの編集長の一人でもいらっしゃるバブリーナさんがオーガナイズするイベント『AMR~安室奈美恵ナイト』が去る3月19日に都内にて開催されたのですが、この日のバブリーナさんともう一人のショーガール(?!)現在博多在住のQUEEN、ナナ・ヴィクトリアさんの為の衣装の紹介です。

今回オファー頂いたのは“安室奈美恵20周年記念ドームツアーライブ”のコピー衣装でございます。

コピー衣装というのは依頼される方はもちろん、ご覧になるお客様のファン心理想像すると、とても怖いもんなので御座います。
ガチファンの方というのは、それはそれは細部までしっかりと御覧になってらっしゃるでしょうから。

最初に依頼された時はDVDも未発売でしたし、YOUTUBEなどにもあがってませんで、バブリーナさんから頂いた資料も全身像やら子細な部分の判らない静止画数枚と、数秒写ったニュース映像だけでしたが待ってる時間はないので作り始め、後々追って詳細の判る動画や画像等を送って頂くという事で制作致しました。

こんなに見た事ないって位、安室さんのライブ動画何回も観ました。w
それでも後ろ姿等は詳しく判らず、その辺は「多分こんな?!」って感じで勝手に想像してやっちゃいました。w  ファンの方ごめんなさい。

444_4

まずはバブリーナさん着用分。

444_8
444_7

上半身は黒のストレッチサテン、下半身は黒のシフォンのギャザーフレアのミニ。(作ってから黒のレギンスの上に重ね着してたミニスカートのデザインが違うと気付く。黒の重ね着だからギリまで気付かなかったの。ファンの方ごめんなさい。)コルセットは黒のグリッター生地にシルバーのライン入り。ウエストから首のホルターネックは本物は恐らく金属だと思うのですが固めの接着芯を貼ったシルバーの生地で作りました。ブーツカバーはシルバーの合皮です。

444_3

こちらがナナさん分。

444_5
444_6

白のストレッチジャージで切り替えた腰にドレープを入れたミニのワンピース。金の合皮で作ったボレロに金の合皮で作ったコルセット。本物の衣装のコルセットの装飾はすべて大小のパールで装飾されていましたが、こちらはパール刺繍もしていますが白のロープで代用。見えませんが肩の飾りも本物になるたけ近づけるようにパール刺繍の肩章をしています。首もとと腰にはラインストーン、チェーン、パールで装飾してます。本物は違うかもしれませんが判別できませんでしたので勝手な解釈しています。ファンの方ごめんなさい。

実はバブリーナさんからウイッグも作って欲しいとロングのウイッグを渡されたのですが、この時の安室さんのヘアスタイルがオデコまるだしのひっつめポニーテール。大抵の方がウイッグの事など詳しくないと思いますが一般的なウイッグで事前に被るだけで可能なひっつめのポニーテール再現などほぼ不可能。。。。
当日、生え際は自毛で馴染ませセットするならなんとかなるかもと言う事で当日セットしに伺いました。
しかーっし!! なんとワタクシ道具だけ持参し事前に渡されたウイッグを忘れるという大失態。バブリーナさんが予備でもっていたウイッグで一安心、いざセットと思ったら。。。。。

バブリーナさん、まさかのサイド刈り上げ。。。。

ウイッグと馴染ませるなんて無理。。。。ちょっと~時間あったんだから毛伸ばしとけよ!!!

結局前髪だけオールバックでウイッグで馴染ませ、サイドは隠すように誤摩化し、なんとかポニーテール風味に。。。。(添付のバブさん画像はポニーのロンゲ装着前。)

役目終えてショーも拝見し、ちょっと遊んで行こうかと思いましたが、会場は当然すし詰め安室奈美恵ファンで、かかる曲も安室奈美恵。

ワタクシ、曲も聴いた事はあるけど知らないですし、同じ「好き!!」で一体感の中ではアウェイ感満載でしばらくして退散してしまいました。

あんな場違い感はレズビアンイベントやデブ専イベントに潜入した以来。

444_1

奈美恵さん、すげいね。

って事で。  ちゃお。

Top