六尺ディスコと巨根伝説に仕方なく潜入しちゃったお話。

 Comment  コラム   六尺ディスコ  巨根伝説              

みなさん5/25(土)あけといてくださいね!(挨拶)

2CHOPOさんリニューアルおめでとうございます!!!
(しれーっとやらはりましたなあ)
そしてキムビアンカ編集長メジャーデビューおめでとうございます!

というわけで4/4よりiTMSで配信中のキムビ様ユニバーサルメジャーデビューシングル「ArcH QUEEN」が本当にアーチなクイーンの歌ですごかったですね!
まだ聴いてない二丁目っ子は聴いとくべきですよ~。

キムビアンカ「ArcH QUEEN」

それにしても、まさか生きているうちにメジャー歌手の歌の歌詞に「ブルボンヌ」が登場する時代が来るとは思っておりませんでした!
サビである「アゲアゲクール新宿!」(本当は「アゲイン」)を合い言葉に、アンセム的な展開を見せてくれたらいいな、と思います。
まずはリミックス作るべきじゃね?(無責任)

さて、今回はそんなリニューアルで締め切りが毎週木曜日→水曜日へと一日短くなっていた私が、いつもの締め切りすらもぶっちぎって(ごめんなさい!)お送り差し上げます。

●六尺ディスコに仕方なく潜入してきたお話。

その日は土曜日、とても、寒い日。
地方からお友達が来て「新宿中央公園のお花見に行く」とのことでついていって凍死しかけてたくさんお酒を飲み、つぶれて一回リセット後、夜中12時に二丁目に出て、3時までゲーバーで飲んでしまった、私。

というわけで4時も回ろうかというところで、
「今から六尺ディスコ行くんだ~」という友人のガチムチアイドル様に遭遇したので、わたしもついでに潜入することに……。
もー、強引なんだからーあ。

食べ放題&飲み放題に偽りなし、なんか4時過ぎでもきちんと揚げたものとかがあるフードスペースもあり、いつもテーブルが置かれている場所がフロア的な感じになっておりみんなもう飲んでる飲んでる。泥酔直前状態で往年系ディスコヒッツでガンガンに盛り上がる人々……と、ある意味想像通り、というか、六尺になるのがちょっと恥ずかしいの……というところさえクリアできれば、相当楽しい感じのイベントです。

かわゆいおじさまが目をトロンとさせて私を見つめてきたり(気のせい)、スタッフさんも「よく見ればモウシンかわいいじゃん」と抱きついてきたり(気のせい)、「きみ、24で会ったけど覚えてる?」と聞かれた気がしたり(たぶん気のせい!たぶん!)と、泥酔パワーによって皆さんの目がかなり私にプラスに働くように機能していました。次回は絶対早めから行こうと思います。

ちなみにその日アーチで行われていた「トゥナイト」にもその後行ったのですが、学校がテーマということで、爆乳ゴーゴーのKENJIくんが白衣を着たりしていてけしからんことこの上なかったですね。

●巨根伝説に仕方なく潜入してきたお話。

日曜日、その日もお花見とかいろいろあったかと思うのですがあいにくの雨……靖国神社で行われていた美人バーのお花見に行くかどうか迷い結局行くも、花見というよりは酉の市かのような極寒の中で体温は奪われていくばかり……。

というわけで「あったまりたいなあ」と思い、友人も潜入しているという巨根伝説に仕方なく(凍死しそうだったからあったかいところに行っただけ。これは緊急避難……)潜入してきました。
女の子はいつだっていいわけが必要な生き物なの!

会場であるアーチさんに着くとですね……
もうすげー人なわけです。
あつくて湿っててもわもわしてるわけです。汗? いや、これはきっと巨根から出るオーラ……「陽根」という言葉があるように、巨根から出るエネルギーは太陽のそれと酷似しているに違いありません。

巨根から出るフレアが! コロナが! ガンマ線が! 私を貫く!
そして、貫かれた後、事後にじっくりと眺めていると「あ、こんなところに黒点(ほくろ)があるよ……」なんて見つけたりして、私いつの間に核融合!

……脱線しました。
えー、巨根伝説。下半身がアンダーウェアなら下はシャツとか羽織ってていいみたいなんですが……ものっすごい巨根の放射熱でほとんどの人が上半身ハダカなわけですよ。

どうやら巨根認定された人は黄色のルミカライトを右手か左手につけているようで、ハンターたちにとてもわかりやすい仕様になっている様子。
(虹組ファイツの某大人気メンバー様も、ルミカライトをしてらっしゃいました……)

で、皆さん、もう、すごいわけです。
このコラムがはじまってから仕方なくいろんなエロイベに行ってますが、もう最高レベルな感じです。詳細はここにはとても書けませんが(以下30字削除)しちゃってるわけです。やりべやか!!

そしてほどなく始まったショーケース。
まずは「巨根お練り歩き」……デカマラコンテストの上位入賞者や、計測により巨根認定された人々が出てきて練り歩き、配布されたチップを好きな子にねじこめる(ついでにおさわり)のですが……そのメンバーにアーチの店長であり、またの名を「アマ(以下8字削除)」さんが!!
お、おっきいんだ……

そのあとの「ケツ割れツイスター」。
一般から参加者を募っていたのですが、みんな手ぇ上げる上げる。
ケツ割れというか、ヒモのようなものに履き替え、マジで始めるツイスター。

……見えたよ、すごく見えた。
「ごらん、あれがオリオン座だよ」とか脳内に流れてきそうなくらいの宇宙へとつながっている、穴が、ね。
「あそこから僕らは産まれてきたのかもしれない」とすら思いました。そう、僕らはみんなうんこだったんだ!!!

そんな間違った悟りを開いてしまいそうな狂乱のショータイムが終わり、あとはもっこりもこもこタイムの再開。輪をかけてかなり過激なことが行われまくっていて、すっげーなー、なんてぽかーんと口開けながら見ていたら、隣には、同じゲイポータルサイトを運営している某氏が……「ジャーナリズムって大変ですよね!」と頷きあったのでした。

(ほんとはね、遊んでみたいなーとか、あわよくば私だけの一本が……なんて思ってたんですけれども、私、せっかく誰かに股間をさすっていただいたのに、周囲に親戚の目がが山ほどいるようなこの状況ではエロに走ることなんて毛頭ムリ、ということに気づいただけでした)

こんなコラムやるんじゃなかった!!!

まあ、コラムとか書いていないドスケベ皆さんはたぶん120%楽しめること間違いなしでしょうね。けっ
巨根伝説通常版は確か毎月第三土曜、DOCKにて行われているようで……
これをきっかけにしばらく巨根旋風は続きそうですね!

(ちなみにオーガナイザーの巨根ソムリエ先生は後日「あたし、しばらく巨根でいくわ!」と鼻息荒くされてました。金脈、見つけたね!)

●ということで本日はここまで。
もう一度申し上げますが、東京近郊読者の皆さん、5/25(土)の夜は予定を空けておいていただけますと大変うれしいです……来週、たぶん、詳細を。

 2013/04/04 00:00    Comment  コラム   六尺ディスコ  巨根伝説              
Top