第54回 格闘家はお好きですか?

皆様 御機嫌よう。

4月に入ってから暑くなったり、寒くなったりの安定しない気候でいやんなっちゃいますわね。

そんな気候尻目に多くの知人・友人が『ソンクラン・水掛け祭り』目当てに微笑みの国へと渡航なさっていたようで、色んな方の現地リポートなどをオンタイムでツイッター上で見かけました。

かたや、そんな “ぶっかけ合い” のさなかもワタシはと言えば、相も変わらずほとんど自宅引き蘢りでもくもくとミシンと向き合いつつ、ぶっかけ合い水だけじゃねーんだろっっ!!ケッ!!と一人、胡乱な毒をはいておりました。

そんな微笑みの国の格闘技といえば、“ムエタイ” ですわね。

そーそー、ムエタイと言って思い出されるのは、後々映画化もされた、数年前「オカマのムエタイ選手」として日本でも試合を行い圧倒的強さで度肝を抜き、話題になったパリンヤーさん。
当時は人気とともに揶揄されたり、話題作りの為では?などとも言われてましたが引退後、性適合手術をし、身も心も女性となり女優・タレント・モデルとして活躍なさってるそうです。

さて、今回紹介させて頂く衣装はそんな “ムエタイ” をテーマに制作したGOGO衣装の紹介です。

依頼頂いたのは以前コチラの連載の第21回で紹介させて頂いた「武将衣装」の依頼主、マンタロウさんです。

今回の衣装の依頼として伺った内容は以下の通り。

“イメージは、エロ格闘家。
トップ、パンツ、アンダー、アクセ系パーツ適宜。
強調したいのは背中と肩です。面積は少なめで。
下はちんこ強調です。アンダーは、もっこりというより、形がモロわかりな感じ。ちんこ下向きに入れてサオや亀頭の形が浮いちゃうみたいな。イメージはもちろんスポーツサポーターですが、ベタなケツ割れ風なよりかは、ちょっとノンケダサさみたいなアンダーパンツ?!
そんでその上にはくパンツは格闘パンツ風で。希望はここでもちんこ強調です。笑。スエットパンツでちんこがぽこっと出てるあの感じが出したいと。
サイドは上の方が開いてるといいかなー。エロアンダーが見えたり、アンダーなしではいたら下になにもつけてないのが横からわかるような。
股下はタマの下あたりだけがつながっていて、蹲踞したりするとアンダー越しのおいなりさんが見え隠れするとか。
さらに股下と片サイドが外れて早脱ぎできるようになってるとか。
脱ぐなら、アンダーとトップでも成立するほうがいい。”

さて。。。。格闘家といえば殆ど裸。だけれどもトップもご要望。衣装として成り立たせなければならないけど、あまりヒラヒラ華美にする訳にもいかない。
格闘技の中でも派手なイメージと言えば “ムエタイ” かしら?という事で “ムエタイ” のイメージをチョイス。

パーツ系の組みで成り立たせる様な感じですので、まずは着用画像を御覧頂いた方がいいかな。
という事でこんな感じにいたしました。

457_1
457_2

まずトップですが、途中まで脱いだのを首に引っ掛けてるようなイメージでスウェットのトレーナーを2枚使ってリメイクしました。

457_4
457_6

途中まで脱いだ首が入る部分はそのまま強調したい背中の開きになるようにし、本来前の裾になる部分に別のスエットを解体しパッチワークしたフードを取り付けました。

457_5

肩を強調したいとの事でしたので上腕が見える長さにカットオフし、ダメージ加工と金、銀の大小のハトメ、カシメ、ワッペン等で装飾しました。

457_7

 

457_9

パンツはムエタイパンツのイメージで作ってますが、内股はギリギリまでスリットが入っており、側面はゴムの入ったウエスト下に三角に開きを作り、肌もしくは下のアンダーが見えるようにしています。

457_10

 

457_8

また、サイドはマジックテープで完全に開閉でき早脱ぎができる仕様になっています。

パンツの下に履くアンダーは2種類作りました。まずはスエット地で作ったケツ割れ。要望として“モッコリよりは形モロ判りなイメージ”との事で通常のカップの形も変形させる工夫をしています。

457_3

もう1種はローウエストのアンダーボクサー。

457_12

 

457_13

こちらもスウェット素材で作り、カップも要望の通り変形させ、カップ内側は二重構造になっており、よりモッコリ強調させるようにしました。腿周りはピタッとはさせず少し緩い感じにし裾は切りっぱなしのダメージ加工をしました。

457_11

その他、便宜に合わせてコーディネートできるように肘当て、すね当て、リストバンドなどを用意しました。

くれぐれも、こちら着用で猫パンチ繰り出すような真似しなければ “格闘家” っぽく見えるんじゃないでしょうか。w

という事で、また。

ちゃお。

Top