第56回 ビョーク襟 その2「JAJA編」

嗚呼。 ごめんなさい。

先週ついに二度目の原稿落とし。

実はですね、わたくし先週、急性胃腸炎で1週間近くぶっ倒れておりまして週末出演予定のイベントも二つあったんですが、一つは急遽お断りしてしまいました。

急激な胃痛、腹痛に下痢、嘔吐。もーほんと上から下からの大騒ぎで、もーね、お祭り!!状態でして病院で診断されるまで鳥インフルエンザ?!とか韓国のイケメンミュージシャングループ、2PMみたいな名前のやつってなんだっけ?!それか?!とか色々勘ぐっておりました。

もう一つの出演イベントというのが福岡で開催されたブルジョア男太鼓というゲイオンリーのイベントだったのですが、前日まで床に臥せっており、ショーが他の方々との組みネタだというのウイルス性の疑いもあるっていうのと、当日行けませんでしたとなったらショー自体成り立たなくなってしまうのでリハーサルも一度も参加せずで安静にしておりました。

結果、当日にはほぼ回復したのですがなにせ、病み上がりのぶっつけ本番。超絶不安でございましたが、組む面々もそうであったと思います。

ご迷惑おかけしました。あひ。

ショー自体、自身完璧とはいきませんでしたが無事終了し、イベント自体も朝まで元気に参加できました。ほっ。

その福岡らんちき騒ぎカオスの様子が既にYOUTUBEに上がっておりましたので、ペタリ。

そのブルジョア男太鼓には地元福岡の他にも私たち東京組、そして大阪、名古屋からも出演者目白押しで、そんな中、出演なさっていたJAJAさんからの依頼衣装の紹介です。当日お召しになってらしたので早速ネタに。(JAJAさん依頼衣装はコチラの連載 第18回 「ET 未知との遭遇。」でも以前紹介させていただいてますので合わせて御覧頂ければ。)

473_7
473_8

まずは着用画像御覧頂いてッと。

473_1
473_2

題名にある通り前回ご紹介した「ビョーク襟」の衣装です。

オファー内容としていただいたのは、まず和のテーマでということで詳しくないのでわからないのですが、こんなイメージでと何かのゲームかアニメのキャラクターを2つ送られましてね。まあ、デザイン画とは違う「絵」な訳ですよ。2次元でしか成り立たないデザインだったりする訳です。w

で、よくよくお話を伺ったところ、そこからどんどん離れて行きまして。w 結局、和のイメージでセパレート。上はピンク系の色味で襟のたった着物のイメージ(つまりビョーク襟。)下は黄緑の袴で細部はお任せ、ヘッドドレスは扇子とか刺さってたら嬉しいです。  となりました。w

473_3

まずトップですが基本デザインは先週とほぼ同じですが、先週と違う点は先週のが完全にオフショルダーだったのに対し、こちらは腕の付け根からの肩線が2センチほどあります。着物の立ち襟はピンクの金襴で内側の赤の生地の間に赤のパイピングを挟んでいます。
身頃、袖はアンティークの着物をバラしたもので、先週と同じく脇下から肘が空いており、その先は振袖になっています。画像では判らないのですが振袖の下方には小花の造花、花びらが散りばめてあり立体的な表面になっています。

473_4

帯を模したコルセットは襟の金襴と同生地なんですが模様が違いますよね?実はここでは裏面を使ってるんですね。
その下のペプラムはシャーリングしたフレアにしバック左側の下段は白から朱にグラデーションになった生地の2段になってるのですが、このグラデーションの生地はこの着物の裏地だったものを使っています。

合わせたネックレスは赤の生地でネックコルセットの土台を作り、そこにビーズフリンジを縫い付けて作ったもので首の後ろでリボンで結ぶ仕様になっています。

473_5
473_6

袴は黄緑の和柄のジャガードです。本来、袴は“和裁”で作るものですがこれは当然ミシンで縫いましたので言ってみれば袴もどきですね。w
和装のパターンというのは着物も含めほぼ“四角”なんですね。ですからこの袴も単純な四角の組み合わせなんですが大変なのがこのプリーツの作業。山折り、谷折りの間隔を測り、折り目クセつけのスプレーを吹きかけながらひたすらアイロンで作りました。

473_9
473_10

ヘッドドレス。というよりはこれは完全な“被り物”ですね。w ウイッグ要らずです。
ヘルメット形態の土台の上にエナメルの帯の間に針金を仕込んだものと幅広の張りのあるメッシュのリボン(本来何に使うものかわかりません。何だろコレ?!)でアップヘアを模し、羽根や扇子、牡丹の造花などでデコレーションしています。前頭部は黒の太めの紐でフィンガーウエーブを模しています。

いつか叶うなら、先週のワタシ分、ブルボンヌさん分と今回のJAJAさん分揃って『ビョーク襟女装衆』でオメカシして写真とか撮りたいな。

ってことで、また。

ちゃお。

Top