「セッ○ス中に言われたセリフ」でアピール強化大作戦☆

 Comment  コラム   でらっくす              

おさいふ……

じゃなかった。
皆さん今週末名古屋で会いましょうね。
土曜日「でらっくす」というイベントでマッコリぶちまけに行くからね……

さて、皆さんは過剰な自己プロデュース、もちろんしてますよね!
赤やピンクや黒など各色アプリでの「必死じゃないアピール」「やりたいけどはっきりは言わないよアピール」「敷居は低いよアピール(※ただしイケメン相手のみ)」にはじまり、TwitterやFacebookでの意識の高いツイートお疲れさまでございます。

Twitterの流行はほんとにあっという間ですが、
(燃料が続かない話題はTwitterなら一日~一週間で流行終了)
ゲイの間では今週「#セックスの時に言われたことのあるセリフ」というハッシュタグがやや流行。
ハッシュタグが大喜利のお題になりがちな私たちですが、このタグの場合もいくつかのタイプに分けられます。

(1)ふつうに書く人

文字通りふつうに書いている人。
ネタのわりには弱めかな、という点からまじめな人物像が期待されます。

(2)自分の価値を高める人

「相手に言われた」という点を最大限に利用し、
巨根or名器or床上手アピールを(わりと露骨に)する人。
「(大きくて)裂けちゃった」など、ワンクッションおく知能犯も発生。

(3)とっておきのネタを放出する人

女装の方やクリエイティブ系に多い印象です。
熊田プウ助先生の「このまま2人でホルマリン漬けになりたいね」など、いつかどこかで言いたいセリフも見つかりますので、ありがたく読ませていただきましょう。

(4)内輪ウケに走る人

ツイートの内容自体は(1)とそんなに変わらないのですが、ツイドル要素がある人の場合RT数が多く、何度も同じ発言を目撃するケース。
知ってると面白いのですが、固有名詞を知らないとイラっとしたりするかも☆

まあゲイ絡みのどんなハッシュタグもだいたいこんな感じなのですが、
(2)を実践する人が異常にこのタグには多い印象です。

「おまえが! でかい! のか!(ネコなのに)」
「きみは! (その顔で)名器! なのか!」
「ああ、やっぱりセックス(は)うまいんだ!」

みたいなうれしくない情報を多数得ることができました。
しかしわたしはチラッチラッと見せられた情報をふまえておくタイプなので、ここで床上手や巨根や名器アピをした皆さんのことは、なんとなく覚えておいて「やっぱりね」「期待はずれね」と将来的に思うこともあるのかもしれません……。

怖い?
いやいや、わたしのような人がいるからこそ、
「こういうところでアピることは無駄ではない」ということがわかるんじゃないですか!!!
これが可視化というやつです!!!

アピることは、恥ずかしいことではなく、当たり前のこと。
人間は1つのメディア。発信するにあたり、やっぱり人目は気にしたいですよね!

わたしのこのコラムだって、人目を気にしまくり。
やっぱり未来の旦那様が読むかと思うと、うかつなことは書けませんよね。
自分がいかに安全牌であり、性行為が上手であることをにおわせ、さらに一緒にいると楽しそう、などの「あげまん」的イメージを持ってもらうため、下品すぎることを書いたりはしませんし、おもしろすぎることも書きません。

そう、あなたが最近この読み物がおもしろくないと感じていたとすれば……それは宣伝が多いからではなく、わたしがジューン・ブライドを視野に入れた婚活をしているからなのです!
(※こういう逃げ方をしてはいけません)

ところで、先述のハッシュタグで思い出すのは、
古い友人から聞いたお話……。

昔、●メセックス3Pをしていた友人。
最初はオラオラボエボエ言いながらハメまくってたらしいのですが、そのうちノリノリなエロ会話はおかしな方向に。
タチに「お前こんな乱れやがって、おら、ニワトリになっちまえよ」と掘られながら言われたお友達……。

もう頭もぶっとんでいた友人は「コケーーーーーーー!!!!」と絶叫しながら掘られ続けていたそうです。

あ、これ、わたしの! ことじゃ! ありません! から! ね!
未来の旦那様、勘違いしないでくださいね!!

わたしが言われたことがあるのは
「顔見てたらすぐいっちゃいそう」です!!
(オチのご用意は特にありませんのでご了承ください)

……というわけでトピックスです。

■お友達がタワーマンションで同棲をはじめたということで引っ越しパーティにお呼ばれ。すべてを手に入れたものたち笑顔はとても余裕があって素敵でした。ブス友と寝室のにおいとかをお腹いっぱい吸い込んだのでそろそろ妊娠するかもしれません。

■私事でとてもダサい感じになり、若いマブダチと一緒にダサ飲みを慣行。ダサ飲みついでにデブも専ナイトでおなじみのKUNOICHIママむらっちのバースデーにも潜入。つぶれて倒れているむらっちの真っ白なレースのドレスにお客さんがつぎつぎにポスカで落書きしていったようす、という異常事態。お水の花道ここにあり……。

■ダサさのとどめに人生初、財布なくす事件発生。家の中でなくしたかと思いきや、もしかしたら帰りに寄った公園で乗ったブランコに乗ったときかも、と思い顔面蒼白。人は財布をなくすと並んで宝くじを買うわツイートが多くなるわといろいろな異常行動をしてしまうことがわかりました。誰かに優しくされたい……なるべくきれいな人がいい……。

■真崎航くんのお別れ会へ。イベント仕立てでにぎやかに、ということだったので、お客としてのポテンシャルを最大限に発揮し、カリスマカスタマー仲間とお金を出しあい、20個ショットを舞台にもたらしたりする。舞台上では泥酔したマルガリータさんの悪ノリがワドア周年に続く上半期のピーク。こんなめちゃくちゃに遊べたのも、航くんのおかげ。よいたびを。
僕は綺麗でもないし伝説も作れないけど、もう少し客でいつづけたいと思います。

 2013/06/06 12:00    Comment  コラム   でらっくす              
Top