ぼくたちのプロフ研究(モテ趣味編)〜今週のトレビアン(白目)解説付き〜

地球の皆さんごきげんよう。
先週の記事、ご本人から「公認」いただきまして……
「サロンへもぜひいらしてくださいね」と快いご連絡いただきました。

やばい、シメられる! ……というふうに思っているわけでは決してないのですが、いろいろな形でお二人にビタミン愛をドバドバと注入されていくうちに、わたしもアセンションしてしまったらどうしましょう。
私はあくまでバードウォッチャーでいたいのであって、鳥になりたいわけではないのです!

……ないのです!!

ということで、記事公開直後に、しあわせレシピ第六弾が公開されました。
どんなに不景気だってビタミン愛はインフレーション!
(こんなに優しくされちゃ MI・DA・RA……)
というわけで、期間限定特設コーナー「今週のトレビアン!(白目)」を、後半に設けてみましたので、お楽しみに。


さて、本題です。

アプリがテレビで紹介だへちまだとにわかに揺れているゲイ業界ですが、今回はそのお話ではなく、その中に書くプロフィールのお話。
皆さんは「趣味はなんですか?」と言われたらなんとお答えになりますでしょうか。

私たちはアプリやらリアルやらなんやらでお互いを見極めあうため、その趣味嗜好ですら自らをアッピールしなければならないのです。
バイト面接のように「読書と音楽鑑賞」なんてもってのほか!!

まあ、二丁目に遊びに来る皆さんのほとんどのご趣味は「酒とファック」だと思うのですが、それをそのまま書いてはファックも遠ざかること請け合い!

プロフィールに何を書けば、二〜三秒で判断されるマッチファインダー等の書類審査で勝ち抜くことができるのでしょう。
もちろん素材は大事だけど、言葉の魔法も使ってモテたい!!
嘘は書いたらだめだけど、嘘じゃない範囲でアピールしたい!

・中学生の時に入ってた柔道部 → 元体育会系(40歳)
・でかめなゲイイベントのサブフロア(別イベント)でDJ → メインで回してた外タレDJとも共演を果たし、クラウドの絶大な支持を得ている
・毎週来てるヤリ部屋 → 「すごく久しぶりに来たんだよね!」
・最近好きになったのに → 最初会った時からずっといいと思ってたんだ
・最近流行ってる → 「わたし子供の頃からずっと好きで〜(矢口)」
・なんといっても大切なのは → ビタミン愛

……ほらね、世界は言葉の魔法で溢れてる!!
ということで、今回は「プロフに書くモテ趣味」について考えたいと思います。

もう紆余曲折はカットしまして、趣味でアピールできる「趣味以外のこと」は以下の3つのどれかに分類される、という風に今回は断言したい気持ちでいっぱいです。

【1.運動してますよアピール】(体に自信のあるあなたに)

「週五ジム」等に代表される運動してますよアピールは鉄板です。
しかし、ジム通いアピールをすると「その体で? (ふんっ)みたいなことを思われるので、「運動してます」「体動かすの好き」「たまに走ってます」とうすらぼんやり書くのが最近のトレンド。

競技でいうとテニスバレーバスケサッカー等等いろいろありますが、競技名自体に幻想を懐かせやすい「ラグビー」等も「その体で?」リスクがありすこし危険。

そこで近年猛威を奮っていたのが「ボルダリング」でした。

・都会の人っぽい感じ(知的な感じすらただよう)
・なんかよくわかんないけど運動って感じ(けむにまきやすい)
・汗が臭くなさそう(さわやか)

って感じのイメージを勝手に私が抱いているくらい、都会の感度の高いゲイはボルダリングしてるイメージな感じの時代があったのですが、今はそこまでプロフ記載率は高くない印象です(まじめにやられてるみなさんごめんなさい)。

ちなみに懐かしのmixiにて、ボルダリングコミュを主催していたのがたまたまお友達だったので聞いてみたのですが、ボルダリングデートは「あの石とってみたら?」とかきゃっきゃとアドバイスしあうのがとても楽しいのだとか……。

【2.暮らしに余裕がありますよアピール】(おかねもちのあなたに)

まずは「旅行」です。

「7/2-7/9 TPE
7/17-7/22 BKK
9/10-NYC」

みたいなものをプロフに挿入するだけで「それなりの時間とお金に余裕を作ってます(または仕事で行く用事があるんですよー忙しいなー)」といういろいろな「余裕」をアピれますよね。

そこまではちょっと……なあなたは「マイル貯めるのが趣味」「飛行機大好き」くらいにしておけば、わたくしちょこちょこ飛行機には乗りますのよ、という事をわかっていただけます。

または、「時計好き」「ワイン好き」「ホテル好き」
なども、医療関係の皆さんが職業を明言せずその裕福感を示すために挿入するケースもしばしば。(私の知り合いのイケ医者たちは、なんと大半がこの手法を用いています……こずるい、いや、スマートですね!)

アチーブメントの高いイケメンの皆さんからブスの皆さんまで汎用的に使える、それが暮らしの余裕アッピールです。

【3.セックス上手ですよアピール】(上記に自信のないあなたに)

これは某お友達から送られてきたメールです。
「趣味で売ること自体ブスの発想。 ブスが売れるためには外見以外の美点をアピールしないと!!」

……ぐっ。

ということで、そのお友達が送ってきたのが
「管弦楽」「声楽」「ボイトレ」等の「口淫がうまそう」な趣味。
んなわけねーじゃん、と笑っていたらそれを聞いた別のお友達(デブ千人斬りで有名で、音楽デブとも多数の交歓をされている方)が「たしかにブラスバンドやってる人はフェラがうまいかも……」とコメント。

……リードみたいなペニスなのかしら!!!

というのはおいておき、これからはみなさんサックスだのフルートだの尺八だの吹くべきです!!!
人間は一本の管だから、口上手は名器かもしれないし!!(投げた)

はい、というわけで今日はライトにこんな感じで。
(番外編で「心優しいアピール」もあったのですが、ちょっとアレだったので削除しました)

私? もちろん水泳(幼少期)と柔道(高校まで)やってましたし、海外旅行(5年前に台湾行ったりとかしてるから)好きです!

ていうかぶっちゃけ酒とファックが大好きです!
皆さんよろしくお願いいたします!

【今週のトレビアン!(白目)】

はい、お待たせいたしました。
では一緒に見どころを見て行きましょう。


■今回は「イイ女になれるイタリアン!」
■情熱の赤を取り入れればアニマル脱却(かんたん!)
■応用メニューはなんと三種類!

電車の中でフライドポテトを貪る女性をビタミン愛が不足した「アニマル」認定、とやはり穏やかな口調で過激なお話を枕に、いい女になれるレシピをご紹介。

516_1

「アニマル!」と数度言うのですが、必ずこのポーズをとられます
ファンの皆さんは「アニマル!」の素振りもトレーニングメニューにぜひ。
(真ん中のお花もやや気になります)

516_2

そういえば分量も教えてほしいですね

516_3

ブルスケッタ、パスタ、に続いてのイタリアンハンバーグ。
「男性はハンバーグが大好きですので(断言)」という強い確信が私達の背中を押してくれます。

おまちかねの味見タイムも、さらに進化しました。

516_4

痙攣(白目)からの〜
(クラウンチャクラがガバガバに開き、プレーローマ(至高世界)とつながっているところです。前回記事参照)

516_5

トレビアン!(昇天!)

まさかの二段構えに進化! コメントも「なんだかアセンションしてしまいそうなお味でした」とわるのり……いや、よりパワーアップ。

516_4

つまりアセンション寸前?

516_6

前回が乱暴なキッスだったせいか、今回はノーブルに

(ちなみにこちら、先週の記事公開直後のアップだったので、私の記事の影響はないと思われます)

そしてTwitterアカウントもさらにすごくなってきており、
「ハッテン場の暗闇が似合うゲイよりも、椿山荘が似合うゲイになりましょう。」などのありがたい言葉を惜しみなくもたらしてくれております。

さあ、みんなで椿山荘へ行こう!

Top