第63回 シュワシュワしちゃうぞ。

なんなの!!

って位、梅雨明けしたとたん一気に連日、真夏日。
暑いなんて形容詞じゃ足らなくて溶けるって動詞のほうがしっくりきちゃいますわね。

加えて夕立なんて生温い、ゲリラ豪雨も多くて。

もう日本は完全亜熱帯ですわね。

皆様におかれましては体調など崩されておりませんか?

どうも。 HOSSYです。

先週末の7/6(土)は、いつもお世話になっておりますカペラシスティーナ系列のお店「Aisotope Lounge」「ArcH」「ALAMAS CAFÉ」「and」が周年ということで、ワタクシは「Aisotope Lounge」「ArcH」の方でホステス&東京椿油としてショーケースをやってきましてね、同じ二丁目内の超ご近所とはいえ行ったり来たりで割と忙しく、そこかしこで勃発するシュワシュワ攻撃もなんとはなしに躱すことが事ができ、いつもでしたら朝方には泥酔の醜態を晒すところ、なんと華麗に朝までビューティーで御座いました。

コンセプトは「カジノ」ということで、フライヤーで着用した衣装の他に自分なり解釈のテーマに沿った衣装をとっかえひっかえしてたんですが前述の通り、ばたばたで気付けば写真なぞいっさい撮っておりませんでした。  あう。

あ。シュワシュワって何? ってなってる方がいらっしゃると思いますが、おフランス、シャンパーニュ地方特産の発砲ワイン、シャンパンの事で御座います。

そこで今回はそんな「シャンパンゴールド」をテーマに制作した衣装の紹介です。
依頼主は第42回に登場頂いた大阪のGOGO・SHINGOさんで御座います。
ご本人から頂いた着用画像がコチラ。

529_7
529_8

依頼内容としては「シャンパンゴールドの露出度高めの衣装でデザインはお任せ。」という事で制作いたしました。

529_1

まずTOPですが、胸筋を強調するように超ショート丈のぴたっとしたサイズ感で着て頂くため、透け感のあるシャンパンゴールドのラメニット素材で作った袖口を金のリブニットに切り替えたロングスリーブで、腕部分と身頃の腋部分には金のアラベスク模様のモチーフを縫い付け、スワロフスキーを散りばめています。

529_3
529_2

その上に重ね着したノースリーブのショート丈ボレロは、シャンパンゴールドの箔加工をしたリアルレザーで作ったスタンドカラーのデザインで、背中側の中心から伸びた細ベルトがウエストの細ベルトに繋がってるデザインで、金のカシメやスタッズ、リングなどで装飾しました。

529_6

パンツはロングスリーブと同素材のローライズですが、透け感があるので股間部分だけはベージュのレオタード素材の上に重ねています。
股間脇の切り替えとベルトループはボレロと同じ箔加工のレザーです。コチラも金のスタッズやカシメの装飾を加え、ベルトループにチェーンベルトを通す仕様になっています。

529_4
529_5

ヘッドドレスはベルトで顎下を留めるデザインになっておりレザー、グリッター、合皮、などの様々な素材で三角に切った濃淡のパーツをウロコ状に重ね、シルバーフォックスの尻尾をモヒカン状に留め付けてあります。こちらも装飾パーツは金で統一して装飾しました。

SINNGOさんには同時期にまた別の衣装の依頼を頂き、コチラも既に完成しておりますのでお披露目が終わりましたら、ゆくゆく紹介させていただきますので楽しみにしていただければと思います。

という訳で今回はここまで。

また。

ちゃお。

Top