第66回 DYSTOPIA

お暑う御座いますね。

皆様、ご機嫌いかがですか?HOSSYです。

えー。今回は宣伝を兼ねた内容で御座います。

雑誌Badiさんとのコラボレーションによるイベント、RUSH CRUISE コンセプチュアルシリーズもいよいよ第4弾となり、9月7日(土)に開催する運びとなりました。

コチラがフライヤー表紙。

557_1

このシリーズのフライヤーは毎回、同じ面子でしてオーガナイザーであるRIOTOさんの元、写真:EISUKEさん デザイン:EMF 写真Direction
& Text:HIROさん(Badi)でしてワタクシはアートディレクションと衣装制作、スタイリング、ヘアメイクを担当しております。

第4弾のテーマは題名にある通り“DYSTOPIA”でございます。

DYSTOPIAとはなんぞや?

至極、簡単に言えばサイエンスフィクションなど空想的な未来として描かれる、否定的で反ユートピアの要素を持つ社会という着想の世界観です。

そこで今回はその為に制作した衣装のご紹介です。こちらが出演GOGOさんたち掲載のフライヤーページです。

557_4

今回は全員、顔はもちろん、全身シルバーのドーランを塗らせていただきました。そりゃもう際どい所まで。w
といってもワタクシは顔担当で、ボディはお手伝いして頂いたドラァグクイーンとしてこのイベントにも出演なさるイスズさんでしたが。(各ゴーゴーの肌の質感についてレポート提出するように言いましたが、まだ提出されておりません。)

まずGOGOさんたちの衣装は大まかに2パターンで出演GOGOさんは12名で、結果的には2日に分けて全員撮影できたのですが、ギリギリまで何人撮影可能かわかりませんでしたので撮影までには7着用意いたしました。

557_12
557_13

トップスは保冷などに使われるシルバーの断熱素材とシルバーの合皮、白のエナメル生地を切り替えた超ショート丈の立ち襟ブルゾンで、事故防止の為にヘルメットや自転車などに貼られる白の反射テープをポイントにビニールのチューブと様々な金具(ポールなどを壁に固定する為のものやネジやボルト、カシメなど)でそれぞれ微妙にデザインを変えて装飾しています。

今回の反射テープのように裏が粘着質なものをミシンで縫い付ける場合、そのままですとミシンの針に粘着質なものがくっついてしまい縫えないので、今回は縫う前にミシンの針にミシン用の潤滑油などを塗り付けてやることで可能にしましたが、通常の生地ですと土台に“油シミ”などができてしまうのでできません。
通常の生地に粘着テープのようなものを縫う事は余りないと思いますが、その場合は粘着を事前にベビーパウダーなどで“殺してしまう”事で可能になります。

557_11

パンツも素材はトップスと同様の生地にストレッチのシルバーのエナメルを切り替えて制作しました。ちなみにウエストゴムの前中央の金具は排水溝の蓋です。w

557_10

それらに合わせてプロテクターやヘッドフォンをシルバーに着色しトンガリカシメなどで装飾したものも用意いたしました。

次にゲストクイーンのナジャ・グランディーバさんの衣装の紹介です。こちらがフライヤー完成ページ。

557_3

 

557_2

で、こちらが撮影中の一コマ。w

557_9

まずは一番下に着た全身タイツはヌメリ感のある光沢の黒っぽいシルバーの2ウェイ(縦横、どちらにも伸びるストレッチ生地)で作りました。

557_6

手袋も同様の生地で制作しましたが人間らしさ消すように指をわざとながくしてあります。

557_7
557_8

その上に重ね着した衣装のボディは、玉虫色に光る黒シルバーのエナメル合皮と黒の毛足の長いフェイクファーで両脇がスナップボタンで全て開くようになっており、判り易く例えるならばフットボールやラクビーの防具みたいな構造になっています。それに取り外し可能な肩パットと腰両脇の腰パットを付けています。

装飾としてはGOGOさん衣装と同様にビニールホースや様々な金具類で装飾しています。(よく見るとわかると思いますがバラした手錠やオモチャのパーツなども混じってます。w)

557_5

ヘッドドレス素材もボディに使ったモノと一緒です。頭を多面体と捕らえ、デザインとしても兼ねて結構細かくパーツ分けしています。コチラの装飾も他の衣装同様、様々な金属素材を使っているのですが、よく見ればわかってしまうと思うのですがネタバレさせていただければ蛇腹のパイプは洗濯排水の延長パイプを塗ったものですし、半円の金属素材は“物干”をバラしたものです。w

フライヤーでは着用しているのはここまでですが実は完全装備ではありません。
ぜひ当日御覧に来て頂ければ幸いです。

イベント当日はワタクシが内装も手がけオープニングショーも致しますので是非、是非とも!!

ということで、 また。

ちゃお。

Top