第1回 International Visitor Leadership Program

みなさん、こんにちは。グッド・エイジング・エールズ代表の松中ゴンです。「2CHOPO」さんには、これまでにも阿佐ヶ谷のLGBTフレンドリーなシェアハウス『カラフルハウス』葉山の夏限定カフェ『カラフルカフェ』を取り上げていただき、大変大変お世話になっております!このたび、期間限定という形ですが、連載レポートを担当させていただくことになりました。どうぞ、宜しくお願いいたします!取り上げる内容はグッド(グッド・エイジング・エールズと命名しておきながら、ちょっと長いので最近はこう呼んでます)の活動ではなく、この夏の終わりから秋のはじめにかけて参加するプログラムについて。

8月24日から9月14日までの3週間、仕事も放っぽり出して向かう先は、アメリカ。(会社のチームの皆さん、クライアントの方々、ごめんなさい!)色々なご縁と出会いもあり、『International Visitor Leadership Program』(IVLP)というアメリカ国務省が主催する交流プログラムに参加させていただくことに。教育や文化から経済や安全保障まで、毎年様々なテーマに沿って3名〜4名の参加者が募られ、アメリカの関係機関やNGO/NPO、企業や個人を訪問して意見交換や情報共有をするというもの。

世界各国の事情にあわせてオリジナルなプログラムが組まれているそうですが、今年の日本向け企画のテーマが、なんとLGBT!昨今のオバマ大統領の発言や同性婚制度の広がり、国連による活動への積極的なサポートにもあるように、アメリカとして今とても力を入れている分野がLGBTの人権で、「Expanding Human Rights in Japan」と題された今回のプログラムを通して見たこと聞いたこと学んだこと感じたことを、日本でのLGBTに関する活動や動きに役立ててください、とのこと。しかも、3週間の滞在費や交通費は国務省が負担してくれるという、このご時世になんと太っ腹なこと。

今回、こんなラッキーな機会を頂けたのは、過去や現在に至るまで日本のLGBTのために様々な方々が活動をされて来られたおかげ。自分だけの中に留めておくのはとてもとてももったいないこと。大変おこがましいですが、より多くのみなさんに少しでも情報や体験を共有させて頂けたらいいなということで、この2CHOPOにて現地レポートとしてお届けすることになりました。(グッドの活動や仕事を3週間置いて日本を離れる後ろめたさからでは、決してありませんよ。笑)アメリカ国務省としても、どんどん周りにシェアしてください!とのことでしたので、3週間の訪問先のことやオフの時間でのできごとも含め、包み隠さず、レポートできればと思っています。

8月24日(土)
8月も残すところ、あと1週間。「ああ、今年も夏が終わっちゃうよ、、、」という声が街全体から聞こえてきそうな蒸した新宿から、スーツケースにカバン二つ抱えて、久しぶりの成田エクスプレスに乗り込みました。平日は都内で仕事、土日は葉山でカラフルカフェ営業という、毎年恒例の7月8月の60日連勤も、3年目の今年は少し早めに終了。ちょっと遅めの夏休み気分です。(カラフルカフェのクロージングパーティー、参加できず、ごめんなさい!8月31日です!みなさん、ぜひ遊びに来てくださ〜い。)

さて、LGBTをテーマにした今回のIVLPですが、いっしょに巡るメンバーがいます。24日(土)、初日の夜、最初の訪問都市のワシントンD.C.の大衆フレンチレストランに全員が揃い、ムール貝をつまみながら初の顔合わせをしました。家族旅行先のアムステルダムから直接ワシントンD.C.にやってきたパワフルママ、元衆議院議員の井戸まさえさん。自己紹介にて、嘘か真かいきなり43年間恋人いません宣言!?をされた元秋田放送イケメンアナウンサー、元参議院議員の松浦大悟さん。働きながらパートナーと子ども達を育て素敵なLGBTファミリーを築いている、にじいろかぞくの小野春さん。普段は広告会社に勤めながら、グッド・エイジング・エールズで活動する僕。それぞれが違う形やアプローチで行ってきたLGBTに関する取り組みがきっかけとなり、今回のIVLP参加につながったとのこと。バックグラウンドもセクシュアリティも違う4人なので、普段の生活の話を聞くだけでも発見だらけです。個人的には、元議員先生のお二人の政界あれこれ裏話に興味津々。ほんの数時間のディナーでしたが、3週間のプログラムも、このまんま、それぞれの目線で正直に語り合えるといいね、と意気投合することとなりました。

567_1

井戸さんと僕(ピンぼけですみません)

567_2

宣言中の大悟さんと小野さん

夕食を終えてホテルに戻り、一度解散をした後、男子二人は22時過ぎから夜のワシントンD.C.をパトロールしに行くことに。研修にはフィールドワークが必須。大悟さんの言葉を借りるなら、「現場主義」です。まずは、老舗のバーへ、ということで、以前仕事で訪れたときに友人に連れて行ってもらったお店からスタート。僕は自他ともに認める生まれながらの方向音痴なのですが、大悟さんも相当とのこと。ロビーのソファに姿勢よく座り、アルカイックスマイルでこちらに無言の指示を送るスゴ味は、さすが元議員先生。はい、かしこまりました。私設秘書として、すぐにiPhoneでググって調べた住所をコンシェルジュに渡し、地図に丁寧に道順を書いてもらい、「歩いて10分」というコンシェルジュの言葉を信じ、徒歩で向かうことにしました。

4人が泊まるホテルは、The Dupont Circle Hotel。ワシントンD.C.の市街地の真ん中にあるDupont Circleという公園のすぐ隣にあって、とてもアクセスの良いところ。市街地は縦横に碁盤の目のように道路が広がっていて、縦の道に数字(1st Street、2nd Street、3rd Street・・・) 横の道にアルファベット(A Street、B Street、C Street・・・)の名前がついているので、歩き出すと意外と簡単にバーに辿り着くことができました。

「JR.’s Bar and Grill」は、2階建ての古いビルで1階に大きなバーカウンターがあるお店。さすが土曜の夜ということもあり、店内は寿司詰め状態のお客さん。2丁目のように、店の扉が開くごとに店内のお客さんが一斉に入り口を見るなんてことはなく、年齢層もバラバラの9割がた白人のお客さんが、それぞれ瓶ビール片手に好き勝手談笑しています。昔の路面店時代のArty Farty、仲間と待ち合わせをする一軒目のバーという感じでしょうか。特にGO-GO-BOYがいたり、ショーがあったり、という感じではないので、ひととおり店を1階から2階と探索して、次をトライすることに。

今回のIVLPは、日本側ではアメリカ大使館のスタッフがサポートしてくれています。その1人が、Joshua。明るくて、気さくで、キラキラした、Sean PennとJustin Timberlake を足して2で割った感じのゲイのオネェさん。「ゴンに友人を紹介する!DCのことなら、何でも彼らに聞いて。アメリカ人と日本人のカップルで、こないだ結婚したの♡」と、教えてもらった二人に早速Facebookでメッセージを送り、おすすめを確認。海外に行くと感じるのが、LGBTのネットワーク力。ふらりと飲みに行く場所がある、というのもすごくラッキーなことだなと改めて思います。

そんなつてを辿ってやって来たのが「Black Cat」という小さなクラブ。今晩は、「HOT SAUCE」というイベントをやってるはず!ということだったのに、入ってみると店内の様子がどうもおかしい。。。暗いフロアのところどころを照らすスポットライトを頼りに目を凝らしてみると。。。みんなデカい。スキンヘッドに、もみあげなのか髭なのかわからない顔の下半分が全部髭。ベースボールキャップをかぶっているおじさんも、ちょっとおめかししてセルフレーム眼鏡に蝶ネクタイしているおじさんも、みんな100kg級。気づけば、上半身裸の100匹以上の熊さんたちに周りを取り囲まれていました。死んだふりをする必要どころか、まさに場違い、という視線を一身に浴びながらフロアの反対側のカウンターに辿り着き、その名もBear Specialというイベントおすすめカクテルをオーダー、大悟さんと一気に飲み干して退散することに。多分、ウィスキーのジンジャーエール割りにグレナデンシロップ。とにかく甘い甘い、プーさんのハチミツのようでした。

567_3

イメージです。

最後は、帰りがけにカウンターで「僕たちにおすすめの場所ありますか?」とNon熊体型をジェスチャーでアピールして教えてもらった「COBALT」というクラブ&バーへ。若者もアジア系もいる、2フロアのオシャレ系スポット。大悟さんも、どこか安心のご様子でお酒もすすみ、ホテルに戻ったのは2時前でした。Joshua の友達カップルに一日の報告メッセージを送ろうと、Facebookを改めてよく見て納得。お二人とも、それはそれは大きな熊さんでした。「現場主義」とはいえ、事前リサーチは重要ですね。

567_4

はしゃぐ大悟さん@COBALT

アメリカ国務省からもらったプログラムシートは、「アポイントメント=現在未定」の文字だらけ。現時点で見えているのは、下記6つの都市を3週間かけて巡るという、ほぼスケジュールのみなんです。。。

8月24日~8月30日 Washington, DC
8月29日 Baltimore, Maryland
8月30日~9月1日 New York, New York
9月1日~9月5日 Cincinnati, Ohio
9月5日~9月10日 Tulsa, Oklahoma
9月10日~9月14日 Portland, Oregon

ということで、連載レポートもネタになることに遭遇したらお届けする、という不定期便であることを、ここで強調させていただきます!次回レポートも、のんびりお待ちくだーい。

Top