噂の平成元年会に昭和ガマの分際で乗り込んでうっすらと見えてきたもの

 Comment  コラム   元年飲み会              

ごきげんいかがですが。

突然ですが最近なんだか、「タメ飲み」が猛威を振るってる感じがしませんか?
私の上の世代は「辰巳会」「クラバニ(うさぎ年会)」みたいなのはあったんですが、なんなくヴェールの向こう、というか蚊帳の外の人間には実態がわからない感じがありました(個人の感想です)。

しかし、昨今のTwitterとかを見ていると、そんな「タメ飲み」に関する会話が出てくる出てくる。可視化した、といえばそれまでかもしれませんが、なんとなくみんなこぞって「○○年飲み会」を開催している気がするのです。

……突然ですが、私は「タメ飲み」が苦手です。

それはもちろん誘われないというのが最大の理由なのですが、デブも専ナイトなどで残酷な数字切りにあったり、若かった頃に「あと○年後だったら君のこと好きになってたと思う」的な数字を体のいい言い訳に使われたトラウマからかなんなのかわかりませんが、

「1日でも早く生まれてないと嫌な年上/年下好き」とか、「身長引く体重が○○以下じゃないとメッセージしないでください」とか、私は「見た目や中身でなく、とりあえず数字で分類してみる」系のゲイの文化が超嫌なのです。

だって年齢とかどうにもならないし!

変えられないものを受け入れる力そして受け入れられないものを変える力をちょうだいよ!


▲ただいまの心情曲「Wait&See 〜リスク〜」をどうぞ

ていうか同じゲイだからって必ず仲良くなれるわけじゃないのに、生まれ年が同じだから仲良くなろうよ/なれるよね、みたいなのがむずがゆいんです。
……もちろん誘われないのが最大の理由なわけですが(二度目)。

そんな私ですが、先週末のデブも専ナイトDJの数時間前……
平成元年生まれしか参加することを許されない「元年飲み会」に参加してきました!

だって、がんねんだもん\(^o^)/

……!?

まあ御存知の通り、というか私の年齢なんて誰も興味ないことですので一応説明しておきますと、私は今年30歳記念でイベントなんてやり散らかしたS58組、というところが真相ですよね。

しかし、がんねんのみかいにさんかいたしました。

だって、がんねん(略

……事の発端は、酒の席だったような気がします。

元年「モウシンさん、元年飲み会参加しませんか?」
モウ「えっ」
元年「あれ……だって、“元年のモウシンくん”ですよね?」
モウ「そう言われてみればそうだったかも!!! 参加する!!!」

勢い優先で喋ってた結果いつの間にか引っ込みがつかなくなるやつですね。
その後、「一次会の参加者は全国津々浦々から参加の60名越え」「二次会は同日開催のH4飲み会と合同」などの情報が出る度に冷や汗がとまらない、という謎の神経症状を起こしたわたくし。

そうです。私のデビュー当時からのキャッチフレーズは「新宿二丁目の初孫」。
おじ(い)さまたちと歌謡曲の話とかして楽しむことは得意でも、若者と同様にきゃいきゃい騒ぐことなんてできるわけが……!

「いいえ、年齢は自分の心が決めるもの!」

いしだあゆみさんと相田みつをさんあたりがそう仰った気もしますので(微妙に混ぜたので正しい言葉が知りたい方はぐぐってください)、私は二週間くらい前から「がんねん」の素振りに余念がありませんでした。
人を騙す前に、まず自分が自分を騙さないと!!

ということで、主にTwitter上や当コラム上で以下のような施策を行いました。

【1】「がんねん」とやたら書くことでサブリミナル効果

急に5歳も若返るなんて土台無理ですので、まず頼るべきは言霊です。
元年生まれの若者たちに「うちらがんねんだから〜」「がんねんさいこう」など、やたら生まれ年を強調&持ち上げ気味にし、仲間意識を高め(ようとし)ました。時に元年じゃない年下の友人や、歳上にも「がんねんだよね!」「がんねんばんざい」などのツイートをしておき、一応ネタとしての予防線を張ったつもりで心の中の大切な部屋の平和を守りたい気持ちがあったことをここに懺悔いたします。

【2】若者らしくひらがなを多用
若者と言えば漢字が苦手ないきもの。
やっぱりひらがなですよね! ということで、視覚的にも脳の回転数を落とした風に見せるため、ひらがなを多様。
「がんねんにあらずんばひとにあらず! がんねんさいきょう」
といったような、ひらがなのようなひとを目指します。

【3】名前を 「◯△△」フォーマットに
いまだ猛威を振るい続けている、あややから脈々と受け継がれている「◯△△」フォーマットに名前を変更。もうう、とさせていただきました。

以上。
誰がやってもイラっとくること必至のこの3施策。もとより私はうざがられやすいタイプですが、さぞうざがられていたことでしょうね。

しかし確実に効果はありました。
結構長い付き合いの友人に「あれ、そんなに年下だったんだっけ?」など、マジで驚かれる事態が頻発。

意外とまだまだいけるのね!

っていうか色気以外では人の年齢にいかにみなさん興味が無いか、っつーお話ですよね。わかってますよ。ええ。
ただ、一部の若者たちにも「あれ?モウシンさんって同い年だったんだ?」的扱いを受けたことで、長年持っていた疑問がなんとなく解決しました。

【すこし脱線します】

飲み屋とかで、年齢にファンタスティックなサバを読む人とか、職業詐称とか、明治天皇の生まれ変わりだとか(信子様もびっくり!)超どうでもいい嘘ついてる人って定期的に出てくるじゃないですか。

あれ、なんでやってるんだろーなー、ってずっと思ってたんです。
でもわかりました。
言いさえすれば、誰かが信じてくれるんですね!

言霊って素晴らしい!

皆さんもどんどんタチぶってDJの仕事を増やしたり、若ぶって北欧館のブルーゾーン・スカイゾーンを積極的に利用したりするなどしてください!

【脱線ここまで】

さて、元年飲み会です。
待ち合わせ場所で会費を払い、名札をもらいました。

572_3

▲もうもどれません

周囲の本物の元年たちの目が、とても気になります。
「ああ……」と悟った風の目、「なんでこのおばさんいんの?」な目、目、目、目……

わたしのようなフェイク元年が数人混じっている、とは踏んでおり、実際二名ほど騙り元年を発見できたのですが……。
その二人とも始まる前から地蔵になっており、「帰りたい」とぶつぶつつぶやいています。

そう、元年飲み会はフェイクを受け入れる懐深さを見せてくれたものの、やはりタメ飲み会なのです。

としがおなじだけでてばなしになかよくなれるなんてほんきでおもってるのうないおはなばたけやろうのあつまりなのです\(^o^)/

まーそういう壁を作り出してるのは全部ババア側の心の問題ですので、実際は普通に楽しくお話とかしてパーッと飲めました。
途中、フェイク元年が混じっていることに神が起こったのかゲリラ豪雨がかすめる場面などもありましたが、つつがなく一次会は進行。

572_2

▲席順はくじびきだったのですが、お花見みたいな様子に

■意外とみんなあきらかなにせものにも優しい(気を遣われてる説あり)

■飲みコールとかほんとにやる
○○が飲むってう・わ・さ! わさわさべいびーわーさべいびー なんちゃらかんちゃら手が痛い~ はやく飲め~ ごちそうさまが~きこえない~
↑おばさんのうろ覚えで大変失礼致します

■誕生日の子が顔面にケーキを(若いわね~)

■なんか店子とかも多い感じ!

以上、私の感想です。特筆すべきは、今回の元年会は女子の参加もOKだったということ(上の世代のためのみはメンオンリーがほとんどです)。なんかこれは時代だなーって感じで、とっても好きですね!
ニセ元年に女子など、異質なものを受け入れるのが、今のゲイ同年会の最新型、なのかもしれません!
やるじゃんがんねん!

二次会にはDJがあったので参加できませんでしたが、元年と平成4年合同の80人越えでカラオケコールや一気やなんやらで会場の九州男さんは大変な騒ぎだったそうで……わたし、閉店後に荷物取りに行ったら、すっげーゲロくさかったです。

……で、これじゃ好き放題遊んで若者のゲロの匂い嗅いで終わったっぽいので、主催者にお話きいてみました。

572_1

▲「東京元年三桁会」という謎の秘密結社員としても有名な、新宿二丁目「and」ミセコの<けんと>さんです。

―70人、しかも地方からも大量参戦してたけど、どうやって集めたの?

けんとさん「Twitterのアカウントでの宣伝がメインですね! こんなに集まるとは思いませんでした」

―今回私を含めて数人の「ニセがんねん」がいたわけですが、今後も受け入れる?

けんとさん「今回潜り込んだ方は『やっぱりノリとか空気感が違うよね、思い知りました』みたいなことを仰ってましたので、オススメできるかわかりませんが受け入れますよ~」

―まあそれは本当に自分の心が壁作ってるんだと思うけどね☆
女の子参加OKって珍しいよね?

けんとさん「あんまり他の会では聞きませんねー。今回、女の子やビアンの友達にもぜひ参加してほしかったので、楽しんでもらえたみたいです。」

―それはいいこと! てかほんと最近同年会多いよね?気のせい?

けんとさん「なんか二丁目になかなか来ないような子でも、それをきっかけに来てもらえたら嬉しいなって思います! でも、どんだけタメ会やっとんねん、って感じですよね! ちなみに今週末はS58の三十路会があるらしいですよ!」

……?

また誘われなかった\(^o^)/

……というわけで、次の元年会は忘年会あたりを企画しているそう。
騙り元年も(たぶん)参加できるそうなので、気まずい思いをしたり若者とコールを楽しみたい人たちは、まずはandとかに通ってけんとさんに媚びてみましょう!


▲若者っぽい(?)カラオケコールの練習はこちらの動画等を参考にしてください!

 2013/08/30 12:00    Comment  コラム   元年飲み会              
Top