第53話 Lへの道~子どものこと④『私の中の変化』~

 Comment  連載   LAGOONあきのL道              

ちぃーーっす!LAっす!!(^o^)丿
今週もよろしくっす~!!

↑なんだか自分で書いててイラッとしました(←じゃー書くな!笑)

いやいや、すっかり寒くなってきましたね~!

台風もすごい勢いで来たり去ったり・・・。
台風の度にどんどん寒くなって冬に近づいてるなぁって感じがしますね!

そうそう、台風と言えば。
小さい頃「台風一過」のことを「台風家族」って言ってた私。

えっと、意味わかりますか??

「一過」が「一家」になって、「家族」になっちゃったみたいです(^▽^;)

周りの雲などを吸収してどんどん大きくなっていく台風の白い渦が、まるで大家族が移動しているみたいで、
父台風とか母台風、子台風とかあるんだと勝手に思い込んでました(←どえらい勘違い)

友達にこの話をしたら、「私もにぎやかで強烈な家族のことや、バタバタしている引っ越しの多い家族に使う言葉だと思ってた~!!」なんて、私と同じように間違えて使ってた過去を持つ人が意外に多くて驚きました!

ちなみに「波浪注意報」のことも、外国人の人に挨拶されても気を付けることだと(ハロー注意報)と思ってました(^▽^;)

子どもの頃の感性って不思議ですね。。。。

・・・って、もう!いつもいつもレベルの低い話をしてすいません!(笑)

さーて、話は変わりまして。

先々週のお休みは、L友達と西伊豆のキャンプに行ってきました~(^o^)丿

まずは、西伊豆の港でビール片手に釣りを楽しみ、優雅に休日を満喫♪

海の透明度が半端なく!

625_1
625_2

おいおい、ここは水族館か~?!ってツッコみたくたくなるくらい!!(←おやじか!)

その後のんび~りして夕方前に船で目的地へ向かいました。

船上から見るサンセットはとっても綺麗でした♪

625_3

今回行ったキャンプ場は1日1組限定、なおかつ船でしか行けないという、無人島のような場所!!

プライベートビーチにテントがあるのみで、コンビニも無ければ自販機もない、本当に何も無い空間。

625_4
625_5

一番分かりやすく言えば、海外ドラマのLOSTのような雰囲気です!!

そうそう!!こーいう非日常なのが好きなんですよ~っ!!私は~っ!!(←大興奮!)

住人がいないのでどれだけ騒いでもOKという点もテンション上がりますね~\(^o^)/♪

大きなスピーカーを設置して音楽ガンガンのレイブ状態!

お決まりのBBQから始まり、キャンプファイヤーをしたり、テントの中で怖い話をしてみたり、寝そべりながら満天の星を眺めて流れ星を発見したり・・・夜のゆっくりとした時間を楽しみました。

625_6

そして翌日は目の前に広がる綺麗な海でシュノーケリングしながら魚のもり突きを楽しみました!

足を怪我している晴ちゃんはシーカヤックで海へ~!

625_7
625_8

大自然を満喫し、有意義な時間を過ごせました。

色々ハプニングはありましたが、非日常な空間で日頃の疲れをリフレッシュです♪
1泊2日という短い時間だったけど、本当に癒された~\(^o^)/

いつかすごい人数のビアンを集めて盛大なキャンプをやりたいなぁ~なんて思いました(^^)v

では前置きが長くなりましたが、前回引き続き子どもシリーズに入りたいと思います!!

子どものこと④『私の中の変化』

ベビーシッターの事件があってから、彼女はその制度を利用することはなくなりました。

帰りが遅い夜はまめに電話やメールで連絡をとり、就業後は一秒でも早く家に帰る努力をするようになりました。

彼女も今までの生活、子どもとの向き合い方を見直す良いきっかけになったようです。

私にとっても、かなりショッキングな事件だったので、それからは3人がどうあるべきか考えるようになりました。

私ができることって何だろう?

このままじゃ、いけない。
彼女と子どもと3人でうまくやっていくには、私もちゃんと協力しようと、
学校のこと、行事、勉強、私生活など、母親と二人三脚でサポートしていく決意をしたのです。

「この子にとって必要な存在になろう。もしいつか離れる時がきたとしても、私がいて良かったと思えるような存在になろう」

大きな決心でした。

まず手始めに、私が借りていたアパートを解約することにしました。

月に一度荷物を取りに帰る程度の家。
家賃がもったいないのも分かってましたが、子どもと彼女が二人きりで過ごしたい日もあるかなっていう時のための私の居場所、また私たちの関係がうまくいかなくなった時のための居場所として、言っちゃえば保険代わりのような形で手放さずにいました。

「乗りかかった船じゃー!」って変に気合を入れ、すぐに解約の電話&引っ越し手配!

こうと決めた時の行動力は我ながらびっくりします(^▽^;)

完全同棲生活をスタートさせると同時に、家のことの役割分担を彼女と決めました。
基本的には、料理は彼女、子どもの勉強は私、掃除などは出来る方がやるという形になりました。

また、普段寂しい思いをさせてしまっている分、お休みの日はとことん遊びに連れて行きました。

625_9
625_10

日曜日にはテーマパークやプール、食事など必ず外に出かけ、さらに夏休みには旅行3~4回、冬休みもスノボーや温泉を毎週のように行きました。

一般的な家庭の5倍くらいは出かけてたんじゃないでしょうか。

きっと彼女が私と子どもをより仲良なるために時間を作ってくれていたのだと思います。

私が親身に子どもと向き合うようになってから、今までと全く違う生活になりました。

仕事から帰ると、すぐに彼女がご飯を作り、その間に私がランドセルをチェックして、連絡帳にサインして、一緒に宿題を終わらせ、3人でお風呂に入り、ご飯を食べる。

私も時には怒ったり、泣かせたりもしながら、一歩一歩子どもとの距離を縮めていきました。

そんな生活を繰り返していくうちに、いつからか子どもが私たち3人のことを「家族」というようになりました。

625_11

「あーちゃん(私)は家族なんだから、結婚しちゃダメなんだよ?」

「もし結婚してもすぐ離婚してね。旦那さんとは暮らさないでね?」(←すぐ離婚って!笑)

625_12

私を受け入れてくれた、そのことが嬉しくて嬉しくて。

「大丈夫!!私は絶~対!結婚しないから~(^^)v」なんて言ってました。(←ピースして言うセリフじゃないけど、笑)

この子の為に出来ることを何でもしよう!
この子の人生を一緒に支えていこう!

彼女と一緒にいる為にと思っていた気持ちが、いつからか子どもの為にという気持ちに変わっていったのでした・・・。

この時期、子どもがしきりに言ってたセリフ。

「私もママみたいにすぐ離婚して女の子と一緒に暮らすんだ~♪」

これには私も彼女も苦笑いでした(笑)

続く

最後にLAGOONからのお知らせをちょこっと~!!
今週土曜日(26日)はLAGOONでハロウィンパーティを開催します!!

年に一度の仮装パーティです☆

625_13
625_14

仮装の方はノーチャージになりますので、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね~\(^o^)/

では、また再来週お会いしましょう(^o^)丿さいなら!

 2013/10/24 18:00    Comment  連載   LAGOONあきのL道              
Top