第71回 ブラックスワン

御機嫌よう。

HOSSYでございます。

ついこの間まで酷暑!!と言っていたのに、いきなり寒い位の寒暖の差。秋をすっ飛っばしてしまったかの様ですね。周りでも体調崩されてる方が多いので、皆さんもお気をつけくださいませね。

ワタシはといえば特に体調崩したりはしてないんですが、相変わらずの自宅籠りっぱなしの縫子です。有り難いことではあるんですが、常に別件同時進行で依頼進めてる状態で、コレ終わったら週末飲んだくれようとか、映画でも観に行こうとか、買ったきり“積ん読“になってる本読もうとか思っていても、一つ終わりそうになると別の依頼がって調子で、何一つ実現できておりません。

だったら断れば?と思われるでしょうが、頼まれたら断れないってのと、依頼がなければ即失業みたいなもんなんで、暇ってのが怖いってのもありますねー。

そんな中での仕事の一つに、ダンサーのMIKEYさんからのオーダーが御座いました。MIKEYさんは振り付け師として「東京★キッズ」「バニラグロテスク」「東京ゲゲゲイ」を主催しつつ、MISIA、倖田來未、加藤ミリヤのダンサーとしても活躍なさってる方です。

その中の「東京ゲゲゲイ」はテレビ東京系列で毎週火曜深夜2時40分から放送している DANCE@TV という番組の中で行われている『DANCE@HERO』ダンスチームコンテストの為に結成されたチームで、予選22チームから選抜された8チームが4ラウンド勝ち抜き戦の形で進む中、常に1位を獲得し、最終の第4ラウンドに望む際、その為の衣装依頼を受けたんですが見事、優勝なさいました。おめでとうございます!!


ラウンド1

ラウンド2

ラウンド3は、既にYOUTUBEにも上がっておりますので是非御覧ください。

ワタシの関わったラウンド4についてはまだなので、後々コチラの連載で衣装と合わせてご紹介したいと思っております。

という訳で本題。

まずコチラ。

Bjork The 73rd Annual Academy Awards - Arrivals Shrine Auditorium Los Angeles, California USA March 25, 2001 Photo by Steve Granitz/WireImage.com To license this image (161753), contact WireImage: U.S. +1-212-686-8900 / U.K. +44-207-868-8940 / Australia +61-2-8262-9222 / Germany +49-40-320-05521 / Japan: +81-3-5464-7020 +1 212-686-8901 (fax) info@wireimage.com (e-mail) www.wireimage.com (web site)

これは以前、カンヌ映画祭に出席した歌手・ビョークさんの装い。このドレスに卵を模したクラッチバックを持ちレッドカーペットでその卵バックを股の間から落とすという破廉恥なパフォーマンスもやらかしてくれましたw
結構センセーショナルで話題にも上がり、記憶にある方も多い事でしょう。とある所ではワーストドレッサー賞にも輝いておりましたw

コレをデザインしたのは MARJAN PEJOSKI でこちらをアレンジしてバックトレーン(お引きずり)を長くしたコピーを作った事もあるんですが、更にアレンジして“黒鳥”も欲しいなと思って制作したのがコチラ。

 

626_2
626_3

ワンショルダーでビッグシルエットのアシメトリーレングスのフリルドレスです。

構造としては判り易く説明すると、巨大なスカートのウエスト部分をタスキがけにしたような感じで、肩のあるほうの腕を真横に上げると鳥が羽根を広げた様な形になります。

身頃全体のフリルはサテン、チュール、オーガンジー、レースといった様々な素材の黒フリルで出来ており、上部から下部に行くにしたがってフリルの大きさを大きくしています。

ドレス上部の脇から黒鳥を模した首に巻き付いてる部分は、毛足の長いフェイクファーの切り替えになっており、黒鳥の首から顔に行くにしたがってフェイクファーの毛足を徐々にカットして表面の質感を変えています。

626_4

黒鳥の顔部分はヌイグルミの要領でパターンを起こし、(クチバシは赤の合皮)それを繋ぎ合わせ、中にフェイクファーの端切れやカットした毛足などと(エコ。ゴミ再利用w)足りない分はパンヤを詰めた後クチバシの書き込みは油性マジックで書き加え、目やビーズ刺繍をしています。

この黒鳥のクチバシの裏側には、ショールなどで使われる洗濯バサミのようなクリップが縫い付けてあり、自身の首に回した黒鳥の首の先の顔が胸元のワンショルダーをくわえる事ができるようになっています。言ってみればホルターネックですねw

着用画像は探したんですが見当たりませんでしたw

ごめんなさい。

気が向いたらいつかまた着る事もあるかもしれませんので機会あって御覧頂けたらこれか!!と思って頂ければ。←てきとー。

という事でまた。

ちゃお!!

Top