第16回 エビとエリンギのアヒージョ

 Comment  連載   ひこごはん              

最近お酒がめっぽう弱くなってきているヒコです、おこんにちわ。

飲み屋という職業柄、お酒抜きの生活はできない(ってか抜く気もない)僕ですが、まぁそのおかげで失敗も多くてですね・・・

「この傷はなんだ?」とか「このアドレス誰だったかな?」とか「なんで玄関で寝てるんだ?」とか「なんでこんなにいっぱいコンビニでいらないものばっかり買い物してるんだ?」とか。。。

でね、先日、週末の営業を終えたあと、昼くらいまでハシゴして飲んでたんですよ。
ただ行ったお店は覚えてるけど何を話したのか何をしたのかほっとんど記憶なし、そんな最中僕は無意識のうちにとんでもないツイートをしてたのです。

「えっちしたいよー、」

え、もう死にたいわなんなのこれwwwwwwwwwww

起きたらいろんな方にリツイートされるわでもう開き直るしかないよね、「そう、やりたかったのだ」と(笑)

実際本当にこんなツイートした記憶もないのですが、お酒のせいで理性がきかなかったのか正直になったのかツイートしてたのは事実、もう消そうにもリツイートされまくりで時すでに遅し。。。。

皆さんも気をつけてね、泥酔時に携帯イジルとロクでもないことばっかりでしょ?ww

ごめんなさい、今回はこんなくっだらない内容です(爆)

さ、仕切りなおしてレシピレシピ!!!

今回は簡単に作れるお酒に合う料理、「エビとエリンギのアヒージョ」です!
アヒージョってのはオリーブオイルとニンニクで煮込む料理のことで、スペインの代表的なタパス(小皿料理・おつまみ)のひとつです。
ホームパーティーにでもいかがですか?☆

「エビとエリンギのアヒージョ」
【材料】

78_1

むきエビ   150g
エリンギ   1本
にんにく   1片
赤唐辛子(輪切り)   小さじ1くらい(お好みの量でOK)
オリーブオイル   1/2カップくらい
イタリアンパセリ   適宜
塩・コショウ   適宜
バゲット   お好みの量

〔エビの下処理用〕
○水   大さじ2
○塩小さじ   1
○片栗粉   大さじ1
酒   少々

①エビの下処理をする。
エビは背わたがあれば取り除き、ボウルにエビと○を入れて混ぜ合わせ、やさしく揉みこむ。水が濁ってきたら流水で軽く洗い流して水を切り、ペーパータオルなどで水気を拭いて、酒を少々かけて軽く混ぜておく。

78_2

②にんにくをみじん切り、エリンギは食べやすいサイズに縦半分に「切ってから斜め切り、イタリアンパセリを荒みじん切りにする。

78_3

③フライパンに、にんにくとオリーブオイルを入れてから弱めの中火にして、にんにくが色ずくまで熱す。

④③にエビ・エリンギの順に加えて、ここで一旦火を止めてから赤唐辛子を加える。

78_4

⑤30秒くらいたったら、弱火にしてフライパンをゆすりながら具材を煮込み、塩で味を調えて(味見をしながらお好みの塩加減に)、エビに火が通ってプリっとなってきたらお皿に移し、コショウとイタリアンパセリを散らして、焼いたバゲットを添えたら完成☆

78_5

 

78_6

エビは臭みがあるので下処理は必ずしてくださいね。
④で赤唐辛子を加えるときは焦げやすいので火を止めてから加えましょう。
具材はマッシュルール、イカ、タコ、ホタテなどお好みの具材でもおいしくできますよ。
オイルにうまみがタップリ染み出てるんで、是非バゲットなとのパンを浸して具と一緒に食べてみてください。

ではまた、次回もチェックしてくださいね ( ´ ▽ ` )ノ

 2012/07/11 00:00    Comment  連載   ひこごはん              
Top