第74回 YURISA “MORE”

皆様御機嫌よう。
HOSSYで御座います。

11月も、もう終盤。そろそろ世の中もせわしくなってまいりました。
ワタクシも12月、1月のイベントラッシュに向けて御蔭様で忙しくさせていただいております。

そうそう!

650_1

既に発売されておりますので御覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、ゲイ雑誌・BADI表紙のアートディレクションを1年間やらせて頂く事になりまして、1月号にはワタクシもまんまとちゃっかり表紙にでしゃばっております。
今後も是非とも御覧、もとい、お買い頂ければ誠に嬉しい限りでございます。

さて本題。

まずはコチラを御覧頂いてッと。

京都のビヨンセがキャッチフレーズのアーティスト・YURISAさん。
御覧頂いたPVの衣装を担当させていただきました。

ハイレグどころかハイウエストと言った方がよろしいようなこの鋭角!!w
衣装打ち合わせの際にご本人から「中途半端なハイレグは嫌です。」とお伺いいたしましたので、おっしゃっ!!と思い切りやらせていただいたのですがフィッティグの際に、流石にやりすぎたかしら?と思い「ハードすぎるようでしたらお直しいたしますが?」と申しあげたのですが、まさかのOK頂き、尻込みしない意気込みと思い切りのいい潔さにいたく感銘いたしました。

既にお気付きの方 もいらっしゃると思いますが、ワタクシも3度の召し替えで出演させていただいておりまして、他の出演者もコチラの連載に登場いただいたこともあるお友達も多数出演しておりまして、衣装の大部分は実はワタクシが制作したものですので、人様のPVでHOSSYコレクションの発表させていただいちゃったみたいでもーね、ありがたやありがたや。w

650_2
650_3

まずスーパーハイレグのコンビネゾンのベースは赤のストレッチベロアで、前身頃の向かって左側は細かいプリーツシフォン、左側はアシメトリーなペプラムのついた大きなプリーツのサテンで作り、

650_4

ウエストから上に向かって赤とピンクと金のスワロ、ラインストーン、ビーズで刺繍をしています。肩はバイアスリボン状を段々になるように縫い付け、表面が段々になるようにした生地を使い、赤のビーズフリンジをつけています。

ボレロはストレッチギャバの生地で作り肩はフェイクファーで切り替えたパワーショルダーにし、袖口には赤のロングウイッグヘアをフリンジのようにつけています。背中と前裾は金の刺繍とストーン、ビーズで刺繍しました。襟はプリーツの入ったホースヘアという素材で作っています。

650_5

帽子はかなりブリムの大きいデザインにしました。固いメッシュ素材を両側から3枚重ねにしたハードチュールを挟むようにし年輪のように7ミリ幅でステッチをかけ、更にリボン状のホースヘアを渦を巻くようにミシンで叩き付けて張りを持たせています。それに赤サテンのプリーツリボンを淵に飾り、羽根や金のスパンコールモチーフとストーン刺繍で装飾しています。

650_6

スナップボタンで取り外し可能な1mのお引きずりのトレーンスカートは段々に巻きロックをかけたフリルで作りました。

以上!!

今週末は上海のイベントに御呼ばれしておりますので、そちらのレポートはまたいつぞや。

また!

ちゃお!!

Top