新宿二丁目ArcH閉店ファイナルパーティでやや感傷的なパーティおじさん30歳

 Comment  コラム   Arch              

皆さんご覧になってらっしゃるかもしれませんが
「明日、ママがいない」が今期のドラマではダントツ楽しげですね。
監修(脚本じゃないのね)の野島伸司センセイらしさ全開、かつ芦田愛菜さんをはじめとした子役たちのワザ自慢合戦(芦田プロまじごいす~)、レイチェルさん……じゃなかった、三上博史さんの怪演など見どころたっぷり。第一話はyoutubeで公式配信しているので皆さんも追いついておきましょう。


▲みんなの大好きな合法のやつだよ!

ドラマ内にて児童養護施設の子たちはあだ名で呼び合うのですが、芦田愛菜さんは赤ちゃんポストに捨てられてたので「ポスト」、お母さんが鈍器で殴って事件を起こした子は「ドンキ」、貧乏な家の子は「ボンビ」、ピアノが上手な「ピア美」など、なんていうか初めて行ったゲイバーで突然つけられた名前みたいでとっても好感触ですね。
(例:宮城出身→ズンダ、太った北海道民→ザンギ、等)

というわけで、しばらくざっくりしたあだ名を付け合って遊びたいと思いますので、皆さんも週末のゲイバーやヤリ部屋などでぜひ実践してみてください。

・ジンロばっかり飲んでる「ジンロ」
・一気が好きな「ギャー」「グイ」「アユーロ」の仲良し三人組
・デカマラでタチであることをやたらアピる「タネウマ」
・カラオケで女子歌バラードばかり歌う「ディーバ」
・各種イベントのインビをこよなく求める「インビ」
・写真が趣味で、撮った相手は必ずハメる「ハメラ」
・生がだいすきな「ナカダさん」(※ ビールのことですよ)
・ちょっぴり不安定な「デパス」
・合法大好き「アロマ」(※ 自分たいせつに……!)
・どぶすな「ドブス」

などなど、ざっくりニックネームで皆さんの仲が活性化したらいいなと思ってます!
もうすんはこの文脈だと……迷ったのですが、芦田愛菜さんならきっとそこまでひねらずに「二丁目」というあだ名をつけてくれそうだな、と思いますので皆さんひとつよろしくお願いします(第二候補:ペンコ cf.ペン乞食)
捨てられたんじゃない、わたしたちが捨てたんだ……!

さて本題です。
二丁目を代表するゲイバコ「ArcH」が、2014年で“一旦閉店”が昨年秋に発表され、大きな話題となりました。

94年の「BAR DELIGHT」からはじまり、「ZINC」、「Ace」そして「ArcH」。おんなじ場所で、名前も運営もいろいろ変わりつつ、約20年。
たしか私が二丁目デビューした頃は「ZINC」。「合コンバディ」の第一回兼、バディ3周年(たぶん)パーティだったという記憶があります。

その時その時のパーティによって、二丁目に来る人々の種類ががらりと変わる、まさに二丁目の文化の中心を担っていた場所が、ひとつ、終わります。

サンキュー、第二早川屋ビル!!!(キム・ヨンジャさんの事務所も入ってるよ!)

今月がラストマンス、ってことで、往年のパーティがたくさん復活し、私も毎日のように通っていたのですが、やはり「そこでしか会えない人がいた」ということを強く実感します。好きな人も、嫌いな人も、仲良くなりたかったのになれなかった人も、当時みたいに仲良くなれた人も、知らない間に死んでしまった人も。

街の風景を作るのは場所とか内装とか音とか光とか……それだけじゃなくて、やっぱり、人。僕たちはいたりいなかったりするけれど、いつだってその時その場所の街を作っていた重要な要素のひとつだったのだなあ、と思います。

さてこの辺で湿っぽい文章は終わりにしましょう(ボロも出そうなので)、
ということで、今週末金曜日・土曜日とファイナルパーティがあるのですが……
それがもうごいす~なのです。

詳しくはこちら

【みんなともうすんのやくそく「3つの“つっこまない”」】
・出演者のメンツ(いない人はたぶんオファーをうっかりスルーしちゃった/なぜかいる人はプロデューサーと寝ちゃったんだよ!)
・出演者の並び順(ちょっと怖い並べ方だけど文句を言ったら格が下がりますよ!)
・ドリーム二丁ハロ(ついにTwitterのフォロー外されちゃってたよ!)

すっごいですよねー。
2日合わせて総勢100人以上の出演者……これ、最後にハコを破裂させる気なんじゃないでしょうか。

一日目は、「大沢伸一」「須永辰緒」「中田ヤスタカ」「FPM」……!
という超大物DJさんがガインガインに登場!
前半は、J-POP DJたちが15分ずつめいっぱいまわしちゃいます(もうすんもプロデューサーさんとむかし寝たのでこの日に参加します)。

二日目は……「相川七瀬」「藤井隆」「末光篤」をはじめ、ライブもこんもり!
さらにゆかりのDJ超絶大集合! 女装もGOGOもめいっぱい、さらにアイソではラックル開催、とまだ1月ながらも二丁目が今年最もはっちゃけた場所になることはすでに確実!

すでに会えなくなった人は、たくさんいます。
出演者っぽい人だけでも、つい先日亡くなってしまった中村直さん、アフターにかかせない美女TAKEさん、J-POP DJの黎明期を支えたうちのおばあちゃんKUTSUWADAさんなんかもいますね。
その裏ではたぶん、もっともっとたくさんの誰が日々いなくなっています。
私もいつまずいことを書いて消されるか……(諸先輩方ごめんなさい)

何回会っても「会っとけば良かった」ってどうせ思うんですけど、こういう時にみんなで会っとくのは本当にいいことです!(ゾンビ精神)

だから、いろんな「あの頃」遊びに来てた皆さんも、ちょっと久々にお出ましして、
「やだーあんた……生きてたの!」なんて軽口を叩きあいつつ、儚くてだらしなくてバカで素晴らしいあの夜の風景を一緒に作れたらいいなあ、なんて思います。

 

682_1

終わることは悪いことじゃありません。

682_2

そう、また何かがはじまるだけなんだから。

(だって「一旦閉店」ですものね?)

 2014/01/21 17:00    Comment  コラム   Arch              
Top