疑心暗鬼量産質問サイト<ask.fm>で、レッツ・(すぐ飽きる)自分探し!

 Comment  コラム   ask.fm              

先月はあまりにもイケナイ原稿を書いてしまったせいで、掲載不可続出し、結果的に提灯記事しか載りませんでしたね!

うそですごめんなさい。
……今月は毎週掲載を目指します!(それがもともと)

ではいきますよ。スゥ……(深く息を吸う)

何でも質問して下さい!!!

最近Twitterあたりで猛威を振るっているアレ。
質問(乞食になる)サイト「ザ・インタビューズ」。一瞬盛り上がってすぐにすたれまくり、一時は「サービス停止」となったところあすくえふえむの流行により質問サイトがリバイバル、まだやってる感じになっております。
こちらのあすくえふえむ、まあなんとなくその二番煎じ感は否めませんが、お手軽感と、おそらく「ask.fm」という海外生まれのちょっとシャレオツな感じがウケて多くの人がやりまくっております。

さて、インタビューズと違うところ……はあんまりないんですが(基本機能はほぼ一緒)、質問をする側が対象を眺めるにあたり「より匿名性が高い感じ」が陰湿(っていうか2ちゃん好き)な日本人の気質にぴったり!(たぶん)

<ask.fmもやっぱり匿名性がごいす~!>
匿名質問デフォ(インタビューズと違い、匿名質問を受けるか受けないかは設定できますが、こういうサービスは質問をもらってナンボですから)
自分をフォローしている人数はわかるけど、誰がフォローしているかわからない(みんなが私を監視している……!)


▲それ以上、覗かないで……!(イメージソング)

というわけでそんな匿名性から「この質問ってもしかしてあの人が……」とか、「なんでこれを知っている人が……」とかそういう疑心暗鬼がムクムク湧いちゃう!

さらに「かわいいね」みたいなこちらをアゲてくださる文言を入れてくだすった人に対しても「身内の犯行……!」「敵があざ笑いに……!」「自作自演だと思われる……!」など、こんなもん始めるだけでも自意識過多ぎみなのに、こちらはすでに肥大した自意識で自家中毒寸前です!

709_2

▲ボクは……もうすん……!

とはいえ、基本は罪のない質問が多いのですが、けっこう流行ってるので数がすごいわけで。聞かれているものの「聞いてねえよ」と言われんばかりの質問/回答が世の中に大量に垂れ流されております。
離れて見ている皆さんはすでにザリウンされているかもしれないのですが、素直に答えてくださっている人を責めないであげてください!

責任の一端は、質問者の質問の質なの!!!!(韻踏んだ)
(もちろん回答者の過剰な自己ブランディングとかは言わずもがなです)

「人にものを聞く」って結構むずかしいもの。
インタビューズの頃もそうでしたが……、まあ無法も無法、無法地帯。
で、さらに困ったことに、来る質問の傾向によって、自身のゲイ界におけるおおよその立ち位置、みたいなのが浮き彫りにされてしまうんですね!

【よくある質問タイプ】

●アイドル型
「好きなタイプは?」からはじまり、「タチ?ウケ?」「ちんちん大きい?」みたいなエロ系質問まで、かわいこちゃんや若い子ちゃん、モテ系の人やエロ押し売り系の人にはこういった質問が集まりまくる傾向に。
しかし「今度声かけてもいいですか?」とか「今度ハグしていいですか?」みたいなやつ、、、匿名だと答えようもありませんよね

アイドル系の若者はこういうのをすごく無邪気っぽく上手にいなしてたりするので、勉強になります。

●大喜利型
「ゲイバーに行ったら●●だった。あなたの反応は?」みたいな、大変どうでもいい……じゃなくて、何を聞きたいのかよくわからない……じゃなくて、えーっと(絶句)、
あったぶん深層心理とかを見抜こうとしてるんだと思うんですけど、じっくり答えを練れるので、いくらでも偽装可能な感じの大喜利型質問。
質問者のセンスが一番問われ「どう答えてもこれ見てる人が不快になるし面白くなりようもないよね……」という共倒れタイプの質問が多数見受けられるのもこちらです。

おんなじ質問を大量のガチムチにする、みたいな人がたまにいるのですが、そういうのに私が入っていたためしがないことも追記しておきます。

●人生相談型
「彼氏と●●なんですが……」「今度ゲイナイトにいってみたいんですが……」など、年齢やら経験値やらが高めの人に集まる傾向がある人生相談型質問。
なんだか聞いてる立場なのに妙に上から目線だったりとかトゲのあるニュアンスだったりする人が多いのが不思議です。

もしかしてご自身が語りたいだけかも、ってのも多いので、そういうかたはぜひみんなすごい意地悪なの!!!

いくら匿名質問OKにしていてもですね、答えるか答えないかはこちらの自由ですので、「嫌なら答えなければいいじゃーん」、って思うかもしれませんが。
私、サイヤ人の血でも入ってるのかなんとなく「挑まれた」と思ってしまうんですね……。

なので、一応聞かれたことは全部答えております(今のところ)。
本当に不思議なのは、なぜ私に「二丁目で本当にあった保険金錬金術」についてや「ケツがゆるくなるのが怖いけどどうすれば」みたいな質問が来るのか……
そして質問する人の約半分はなぜ何でも質問して下さい!!!

ただし何でも答えるとは限りません!

【おまけ】

709_1

これを書くにあたり、インタビューズを久々に開いたら結構香ばしいご質問をいただいてました…
フルマラソンにでも参加することをおすすめします!

 2014/03/04 06:00    Comment  コラム   ask.fm              
Top