第18回 ET 未知との遭遇。

♪夏は心の鍵を甘くするわご用心
恋がドレスの裾をくすぐるのよご用心
それでもがまんなど出来なくなる
なやましげな なやましげなそよ風吹けば
誰かと不意にくちづけするかも
あぶないあぶない 夏はほんとにご用心 ♪

何故か最近、作業中この桜田純子さんの歌「夏にご用心」が何度も脳内リプレイされているんですが映像は夏の到来とともに発情なさった短髪、顎髭でも心はドレスをお召しになったイカニモ兄貴で再生されています。
付随して↓の榊原郁恵さんの「夏のお嬢さん」も勝手な見立て遊びしております。

♪ちゅうちゅうちゅちゅ。             (いやらしい擬音。)
夏のお嬢さん、ビキニがとっても似合うよ。    (競パン半ケツSサイズ。)
刺激的さクラクラしちゃう。           (黄色の小瓶。)

って、どっちにしても古い。

ということでゴキゲンヨウ。HOSSYです。
夏にご用心といえば外出の機会の多い方ですと日射病とかなんでしょうが、自宅籠りきりで作業なわたくしは逆にエアコンつけっぱなしで体調崩し気味な模様。つけなきゃいいじゃんってお声もおありだとだと思いますが、無理。。。。。っす。

エアコンなしじゃ生きて行けない身体になっちまいましたよううううう。

夏はやはりイベントが多いようで御蔭様でその為の衣装注文を色んな方からいただきましてここのところひっきりなしに縫いっぱなしで既に何体も納品致しているんですが、どれもこれもこれから初お披露目予定ですのでコチラで先行紹介するわけにも行かずと言う訳で、今回ご紹介するものは去年、JAJAさんから依頼浮けて制作した『エイリアン』衣装です。

元ネタはこちら。

このPVの最初に出てくるコチラの衣装と

90_1

終盤下半身が獣化しているコチラの衣装のミックスしたイメージで作って欲しいとの事でこのような形になりました。

90_2

ボディは半身の女性の身体を模したハンガーをカットしたものとストレッチ合皮で切り替えたものです。

90_3

ハンガーは元々の色が黒でしたので、そのまま塗装などはしてませんが、一般的女性でもあまり居ない『理想的すぎる女性サイズ』の為、不要な部分をカットした後、部分的に低温のアイロンでサイズを広げてます。
固い素材の為、ミシンで縫製は不可能なので、先にベースとして黒のストレッチ合皮とショッキングピンクのシフォンで作ったワンピース(要望により前は短く後ろは少し引きずる位のロング。)の上に重ねて要所要所をカシメで留め付けてから、そのカシメも含め継ぎ目を艶なし合皮、艶あり合皮、型押し合皮、本革、グリッター生地など数種類のウロコ状にカットした素材で隠してます。

90_4

 

90_5

ヘッドドレスはまず頭全体を包み込む様なヘルメット状の被り物をベースに盛っているのですが、“盛り”がしっかり固定できる様に針金のハリボテが中に仕込んであります。

“盛り”は太めで固めの針金(これは近所の洋服屋で「ご自由にお持ち帰りください。」とあった針金ハンガー。)を使ってます。
まず寸法に合わせた長短の針金二本をワンセットとしてコレを必要分の個数を用意します。(長い方の先は内径1センチ位の輪っかにしておく)

90_6

それを芯にして細長く裂いた黒とピンクのトリコットで包む様に三つ編みをした長短セットの針金を三日月状に形成し、その三日月の中を針目の大きい針に通した細長く裂いたピンクのトリコットで三つ編みの上下縫う様に通して作った後、ベースのヘルメットにバランスを見ながら固定しました。

固定の仕方は組んだ時に長い方の輪っかが三日月の両先っちょに有るので、頭のカーブに合わせて角度を付けて、その輪っかの中と、ヘルメットの固定位置を通してカシメで打ち付け固定してから瞬間接着剤で固めてます。

その後にその固定位置を隠す様にボディ同様うろこ状に切った素材で隠しています。

ちなみにJAJAさんには着付けた本人画像頂戴ね。と言ったんですが未だに頂けておりませんので本人画像はナシです。

まだまだ暑い日が続きます。
夏はホントにご用心。    くださいましね。

ということで、また。

ちゃお。

Top