だめだmymyがおさまんねえ… 続・二丁目ゲイ看板修正陵辱事件

もやもや……もやもや……(継続中)

めずらしく前回の続きです。

719_1

▲はい、思い出して思い出して

前回最後に「ヴィーブさん(正しくは「ブ」だそうです)折り返しお電話お待ちしています!」と書いたのですが、、、

営業時間内にお電話がこなかったので諦めていましたが、お約束通りその日のうちに折り返しいただきました!
でもこちらが電話に出られなかったので、次の日に改めてお話を伺うことができましたので、もやもやしているお友達の皆さんにもお伝えいたしますね。

<以下、会話抜粋>
※電波が悪くて電話がぶっつぶつ切れ&メモ起こしのため要約になっています
※会話内容は3/21時点のものです

もうすん(以下「も」):どのような経緯だったのでしょうか?
ヴィーブご担当者さん(以下「ヴ」):区役所へ近隣住民より「看板が不快である」という訴えが入り、区役所からの指導により掲載可能な形での修正を行いました。広告の内容に関しては審査員の皆さんだけではなく、社内での協議を重ねた上で問題ないと判断した上での決定でしたので、今回のことはこちらとしても残念です。しかしながら広告を取り下げなどの事態を招くよりは、修正での掲載継続を優先し、今回の対応となりました。

も:では、経緯は村田ポコさんのサイトに書いてあるもので間違いありませんか?
ヴ:村田さんのブログも拝見していますが、経緯に関しての事実関係は間違いありません。ただ、抗議の内容については明らかにされていないため、それ以外、差別などの部分に関しては、村田さん個人の見解で、弊社としてはお答えしかねます。

も:抗議の内容や背景は少しも明らかにされていないのですか?
ヴ:どのような方がどのような苦情をされたのかは伺っておりません。区役所さんからは「近隣住民から看板の露出が過度で不快であるという苦情が入った」ということで伺っています。

も:二回目の修正を村田さんにお願いしていれば、こんな問題めいたことにはならなかったのではないでしょうか?
ヴ:修正については関係各位への確認や村田さんへの依頼などを必要としたため、結果的に抗議を受けてから修正案提出までに時間がかかってしまいました。村田さんからいただいた修正案を指し戻された後、さらなる修正を村田さんにお願いする時間的余裕を区役所からいただくことができませんでした。

すでに修正の期日が決まっていたようなニュアンスでした ※事実は不明です

も:今回「公式見解は出さない」と聞いていますがなぜですか?
ヴ:どのような方からの苦情か、そして苦情の内容がわからないこともありますが、広告の内容変更や取り下げではなく、一部修正の上での掲載継続ということで、その広告自体のメッセージ性などは変わっていないと判断しております

も:今回は残念&非常にもやもやすることになっちゃいましたが、仲通りにゲイ向けの広告が出ることはとても素晴らしいことだと思っておりますので、、、(いろんな人にとやかく言われてもわたしたちのこと広告ターゲットとしてみすてないでね☆)
ヴ:そうおっしゃっていただけるのはとても嬉しいことです。弊社としては今後も広告企画したいと考えておりますので何卒よろしくお願いいたします。

ヴィーブさん、突然電話してきたゲイ代表気取りにもいろいろお答えありがとうございました。

……はい、もやもや継続!

なんか「抗議をした人とその内容」がはっきりしないのに修正は具体的にきっちりさせるってなんかおかしくね~?
やっぱ区役所か!区役所!
でもこんなに教えてくれないならなんにも教えてくれないんじゃ、、、

とか思ってたのですが、
「あゆ巨根(好き)」などの釣りタイトルでいつも私たちをメロメロにしてくれる東スポWebさんが【3/23に】この話題を取り上げてくれていました。

東スポさんの記事はこちら>「何がいけなかった?“日本一のゲイタウン”の巨大看板」

上記記事によると、東スポさんは区役所へとアプローチ。

【中核部分引用します】※太字化&番号はもうすんによるものです

(1)新宿区みどり土木部土木管理課の担当者によれば「地域の方から『裸の男性が写っている。何とかならないか』『子供が見て笑ったり、話題にしてるんで…』などのクレームが3件ほどあった」という。苦情主は、かなり強硬な口調だったとか。

(2)苦情が寄せられ、区側は看板の存在を初めて知った。屋外広告を掲出するには都条例で区の許可が必要だが、メーカー側は許可を取っていなかった。その手続きが必要だとメーカーに連絡した際、土木管理課は苦情が入っていることを伝え「できれば何か改良を」と持ちかけたという。

(3)前出の区担当者は「“これはマズい”と役所が断じたわけではありません」。イラストレーターが言う「下着が見えている」から修整案を通さなかったという事実はなく「その短パンからパンツが見えているという修整イラストを、先方はこちらに直接持って来てませんよ」とのことだ。

(4)双方の主張の食い違いや掲出許可の不備に関し、メーカー側は広告代理店に丸投げだったため詳細は不明としたが、看板の修整は「苦情があったゆえに企業として、これに従いました」と自主規制であることを認めた

【引用ここまで】本記事もぜひご覧くださいね☆

あれっなんか新事実てんこもり!!!

(4)はまあヴィーブさんにお電話で聞いたとおりですが、
(2)(3)が特に衝撃感たっぷりです……看板許可もさることながら、村田さんが出した一回目修正を役所の人は見ていないという話なのですが……これもしかして代理店の人がなんかさぼってたのではと思ってしまいますね。

お金は中抜きしてもお仕事は中抜きしちゃダメだぞ♡
(うまいこと言った感

まあちょっともうここまでくるとなにがなんだか、ですが……とりあえずどんなクレームだったかは(これが事実なら)(1)でうっすら判明!
なんで教えてくれなかったのかな~、っていうかお役所さんはなんで東スポさんには教えてあげたのかしら~くらいは思いますが、ヴィーブさん側の大人の事情もありそうだな~とも思ったりしてもやもやは残りますが。

でも「子どもが指さして笑ってた」から苦情って、、、前回から申し上げておりますが、もっとそのへんですごいもの見かけますよね……。
っていうか二丁目近隣にお住まいのお父さんお母さんがたならお子さんに「このへんはいろんなひとがいるまちなんだよ」って教えてあげてもよさそうですけれども。

「Living Together」ってそういうメッセージですし……。

……まあ、いろんな新事実が出てきた結果、今回の事件は
どれが真実にせよ村田ポコさんが一番アワ食わされたっぽいな~ってのと、
お役所・企業・代理店とみんな“なんか”守ってるな~
(まあそうなりますよね)
ってのが私の感想です。

新事実がどうあれ看板に苦情が入って修正したっつー事実は変わらないので、不公平感バリバリ~な気持ちは依然消えておりません。
そしてこういう事件があると必ず巻き起こるゲイ同士の「内なるゲイフォビアお漏らし合戦」みたいなのもやっぱりもやもやします。

あーたまんねーまじmymyがおさまんねえ……

719_2

なにかしら抜いてくれるメッセージ待ってるぜ!

Top