短パン二大勢力徹底検証! モンド丈VSがっくん丈【前編】

 Comment  コラム   モンド丈VSがっくん丈              

夏のゲイと言えば短パンですよね!!!(断言)

ってことにしないとお話が進まないのでそういうことにさせてください。
とりあえず少なくとも都会のゲイはやたら短パンです。
アパレル系やIT系専門職などの内勤がち&服装規定のゆるい業種のゲイにいたっては短パン出社なんて、わりと当たり前。

巷では「エクストリームタンパニング」と称して「いつまで/どこまで短パンで行けるか」というゲームを楽しむ男性もいらっしゃいます。
まあ、ミニスカブームが常に起こっている状態、とでもお考えください。


▲とりあえずブームの祖でも拝んでおきましょう

で、ゲイの夏といえばだいたい3月~11月くらいまで。
毎年お花見の時期くらいから皆さんの短パンは解禁され、世の人々が寒い季節を迎えるための準備を済ませた頃……やっと短パンから長パンへと穿き替えだすのです。(でもクラブとかで穿いたりするのでしまわれることもあまりありません)

キリギリス人ですね!

775_8

▲もしも冬がやってきても歌い続けろ……!

とはいえ昨今、すこしその短パンたちの「丈」がえらいことになっております。

それは三年くらい前の初夏のことです。
30代半ば以上、くらいのファッションに敏感なお友達のみんなが、スイムショーツかホットパンツか、というくらいの太ももの半分くらいまでのみっじっかーい短パンをこぞって穿き始めたのです。

「膝出せなくなったらババアよね!!!」と言いながらなんか足をニョキニョキ出していたのがわりとババアばっかだった、ということはさすがに言うのがはばかられていたのですが(あっ今書いちゃった)、とにかくファッションに敏感な方たちの丈の短さすごかったよな~、というのを覚えています。

さて、そうして流行をはじめたベリーショートでリゾートセレブ感あふるる短パンは、昨今の我が国の亜熱帯気候ぶりも手伝い、暑がり(で、スタイリッシュ)な、ふとっちょたちを中心にどんどん浸透していきました。

そしていつしか、その短い丈がもはやトレードマークとなっているおしゃれふとっちょDJの名前を冠し、誰が呼んだか

【モンド丈】

と、超ちまた(主に二丁目のふとっちょがハバきかせてるエリア)で呼ばれるようになったのです!

<モンド丈例その1>

775_7

ひざ上を更に折り返し、涼しげなスタイルに。
<モデル:真綿©(会社員26歳)/モンド丈:Gramicci(モデル私物)/撮影地:渋谷109前>

<モンド丈例その2>

775_6

▲もはやこれでやらせてくれなかったら詐欺なほどのセクシーさを体現。
<モデル:りえ©(デザイナー38歳)/モンド丈:MR.GENTLEMAN(モデル私物)/撮影地:さいこうのおみせ(新千鳥街)>

このすぐ股を開いてくれそうな……じゃなかった、スタイリッシュなマイアミのエスコートボーイも顔負けのモンド丈ガールズたち。
ファッションとしてのブームは諸説あるっぽいですが、某ブランド勤務のがちむちネエさんに聞いたところ

「たぶんRAF SIMONSが2010くらいに出して、そこからずっと短いんじゃないかな~?」

という証言が。
続けて「日本ではやっぱりMR.GENTLEMANさんの感じじゃない?」
とのことでした。

また、先出したモデルのりえ©からは「何年か前にトム・ブラウンでこの丈のスーツを見てかっこいいなと思った~」という証言も。

775_2

「トム・ブラウン 短パン スーツ」で検索したら出てきました!

まあこれらの情報の正しさとかは今回はどうでもいいんですけど、
とりあえず国内では、ゲイカミングアウト済のがちむちまっちょお洋服屋さんとして有名な吉井雄一さん率いるミニスカポリス」は活動を継続しており現在なんと“16代目”と徳川家を凌駕する存在!これはモンド丈19年の歴史に勝るとも劣りません!

そういやこないだ16代目ミニスカポリスさんのライブを見たのですが(見たのか)、パンチラどころかほぼ常にパンモロな性的具合もモンド丈とそういえば酷似しています!(断言)

さあ、連綿と続くミニスカポリスに負けてはいられません!
みなさんも子々孫々までモンド丈を継承するものとして、今年の夏も思う存分足をニョキニョキ出してみてくださいね!

次回は二丁目短パン界を席巻する(?)もう一つの大勢力「がっくん丈」を徹底検証する……かもしれません!

 2014/06/10 06:00    Comment  コラム   モンド丈VSがっくん丈              
Top