第6話 Lへの道 ~失敗談シリーズ最終章~

 Comment  連載   LAGOONあきのL道              

2CHOPOをご覧の皆様、こんにちは~(。・ω・)ノ゙ (こんにちは~)

あっという間に第六話になりました!
毎度お付き合いありがとうございます♪

さて、今週末の日曜日はいよいよ新宿二丁目のレインボー祭りですね~!

99_1

お祭り当日のスケジュールが決定しましたのでお知らせします☆

15:00 開会宣言
15:30 男神輿
16:30 男女mix 神輿
17:30 エイサー
17:55 風船飛ばし
18:00 閉会宣言

女子ブースでは今年も焼きそばときゅうりの一本付けを販売します♪
年に一度のレインボー祭りです!是非皆様遊びに来てくださいね~☆

また、レインボー祭り号の瓦版(フリーペーパー)も出来上がりました。
LAGOON店内にも置いてありますので、こちらも是非見てみてください♪

それでは本日のお題へいきましょうか!いっちゃいましょう!!

出会い系サイトの失敗談シリーズ、お陰様で大好評です(笑)
まだまだ書き足りないくらいネタはあるんですが、こればっかり書いてると先に進まなくなっちゃうので、今回で最終章にしたいと思いまーす♪

~失敗談シリーズ最終章~

失敗談その3・・・『恐怖の○○プレイ編』

出会い系を始めて15人目くらいに知り合った女の子の話です。
この頃になると私もだいぶ余裕が出てきて、タバコを一服しながら女の子を待てるほどになりました。(おとな~!)

この日に待ち合わせ場所に来た女の子は「まさかこの子じゃないだろう」ってくらいの超美人で、危うく口にくわえていたタバコをポロリと落としそうになりました(アニメか!)

顔は松たか子似でスタイルも抜群、オシャレで今どきの女の子でした。
「こういう子を探してましたっ!」失敗続きで疲れてた私は両手を挙げて大喜び。

その後、居酒屋へ行き色んな話をしているうちに、お酒の力も加わったのかお互い良い雰囲気に・・・。気付けば手を握り合っていました。

上目づかいで「あきとイチャイチャした~い♪」なんて言われたものだから、心臓ドッキンドキンで、今夜もしかして(ハァハァ)・・・なんて期待まで持っちゃってたんです(笑)

すると松さん「あき~、これから彼氏くるよっ♪」

(; ̄Д ̄) えっ??! 耳を疑いました。

そして10分もしないうちに絵にかいたようなギャル男が到着。
来るなり超ノリノリなテンションで「へぇ~この子があきちゃん!うぃっす~!」

そして席に座るなり、「おう!いいじゃん!やろうよ3P!」と言い出したのです。
ビックリしてチラッと松さんの方を見ると、彼女もニコニコ頷いてるじゃありませんか!

えぇぇーっ!!!( ̄▽ ̄;)!!  打合せ済みってこと?!!
さっきまで浮かれていた自分が悲しくなりました。

そ、そういうことだったのか・・・!

「さすがに男とヤるのは違う」と、何とかして断りの方向にもっていきましたが、話の流れは思いっきり3P方向で盛り上がり・・・気付けば3人で歌舞伎町のネオン輝く建物街を歩いてました。

「あき、3P初めてなんだ?楽しいよ~♪」松に腕をぐいぐい引っ張られましたが、どうしても嫌だった私は勇気を振り絞り「やっぱり帰ります・・・」と告げました。

するとギャル男が豹変。「あぁ?!マジで言ってんのかよテメー!」と本性むき出しに怒り始めたのです。

Σ(▼□▼メ) こ、怖い・・・

前にもあったな、このパターン。
逃げるのももう慣れっこです。ε=ε=ε=(ノTдT)ノ ワアァァ・・!!

50m7秒台のリレーの選手の走りを見よ!
と言わんばかりに近くの交番まで本気ダッシュで走り抜き、この日も事なきを得ました。

ドラクエ同様「逃げる」というコマンドを使えたこと、「敵に回り込まれなかったこと」で何とか助かりましたが、正直危なかったですよね・・・。

と、いうわけで失敗談その3は『恐怖の3Pプレイ編』でした~。

では次!どんどんいきますよー!!

失敗談その4・・・『まさかの○○同伴編』

この日の待ち合わせも新宿アルタ前。かれこれ50人目くらいに会った子の話です。
いつものようにタバコを吸いながら待っていると、ちょうど携帯が鳴りました。
「着いたよ☆」とのメールにキョロキョロ辺りを見回しましたがそれっぽい子は見つからず。
「私も着いてるよー!どこー??」とメールを返信。

何度かそんなやりとりをしましたが彼女は一向に現れません。
その場の近くにいるのは、数人の男女の集団と親子らしき人たちのみ。
「おかしいなぁ、どこにいるんだろう?」としばらく探していました。

すると親子らしき人たちの娘の方と目が合いました。
キョロキョロし過ぎた自分が恥ずかしくなり、パッと目を逸らそうとしたその時、「あ、あきちゃん!!」娘が手を振って近寄ってくるじゃないですか!

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

そうです・・・。まさかの「母親同伴」でした(笑)

「お世話になります」母親は深々と一礼。
とっさに「あ、はい、こちらこそ」と私も一礼。

その後、3者面談のように喫茶店で雑談しましたが、どうやらこの親子はとっても仲が良く何でも打ち明けているとのこと。

娘の子は年齢の割に幼く見える上、化粧っ気もないおとなしいタイプの子だったのでお母さんも心配だったのでしょう。

「娘からあきさんの話はよく聞いていたんですよー」
「素敵な方で良かったわ~」
「あきさんはどちらの大学に通ってらっしゃるの?」
「お父さんはどんなお仕事してるの?」

質問攻め&遠慮知らずのお母さんのマシンガントークと無口な娘が対照的で、もう誰と会ってるのか分からなくなりました(笑)

帰り際に「また娘と遊んであげてくださいね」と言われましたが、この子と会うたびにこの母親がついてくるんだろうなぁと思うと気が重くなり、それっきり会うことはありませんでした。

というわけで、失敗談その4は『まさかの母親同伴編』をお送りしました~!

では最後です!泣いても笑ってもこれで終わりですよ!

失敗談その5・・・『私○○が嫌いなの!編』

出会い系も後半になり疲れてきた頃の話です(笑)
B子という女の子と出会いました。

この日もアルタ前待ち合わせ、そして喫茶店という定番コースでした。
その後B子の希望でその後カラオケへ移動することに。
カラオケに着いて間もなく、ふと気付いたんです。

・・・・あれっ(・・?) なんだ・・・ ??
密室になったせいでしょうか。

とても・・・・とても・・・・・・臭うんです。。。

何ていうか・・・頭皮の臭い・・・油の臭い・・・。

そりゃ~もぅ!!と~に~か~く!!すごい臭いんです(;~∧~;)

好奇心旺盛な私は臭いの元を確かめるべく、
「あたし、温泉よく行くんだよね♪Bちゃんは温泉とか好き?」
と、そよ風が吹くくらいさりげな~く質問してみました。

するとB子は「えっ、なんで?あたしお風呂とか好きじゃないんだよね・・・」
(やっぱりー!!!予想的中ーーーっ!! (ノ>д<)ノ)

怖いもの知りたさで「へぇ~そうなんだぁ。毎日は入らない感じ??」と聞いてみると

B「ん~。ほとんど入らないよ、面倒くさいし」
(ほとんどって?ねぇ、ほとんどって??)

どうしても核心を突きたくなった私は声を震わせながら
「へぇ~。ちなみに今日は何日目くらい??」と質問・・・。

B「うーん。6日は入ってないかなぁ・・?」

( ̄▽ ̄;)-!!! む、む、6日・・・・・
・・・・・正直、想像では4日くらいかと思ってました(笑)

口呼吸で時間が過ぎるのをじっくり待ち、無事に解散しましたがB子ともそれっきり会うことはありませんでした。

ということで、失敗談その5は『私お風呂が嫌いなの!編』をお送りしました~!!

長々と失敗談シリーズ続けてきましたが、これにて完結です☆

では、また第7話でお会いしましょ~☆

 2012/08/09 00:00    Comment  連載   LAGOONあきのL道              
Top