【同性婚特集⑤】まいみさん&みほさんカップルインタビュー

 Comment  インタビュー   同性婚特集              

 

805_4

ハワイで最も歴史あるホテル、モアナサーフライダーにあるモアナ・チャペルで7月に挙式されたばかりの、まいみ(32歳、アパレル系)さんと、みほ(27歳、医療系)さん。幸せいっぱいのお二人に、出会いから挙式までの経緯、昨年お二人の間で結んだ公正証書のお話などを伺いました。

___この度はおめでとうございます!まずはお二人の出会いからお聞かせ頂けますか。

みほ:7年前、まいみがバイトをしていた新宿2丁目のArcHで、私も働き始めて知り合いました。
まいみ:それまでも2丁目のバーでお互い見かけたりしていましたが、顔と名前が一致するくらいでした。

___お付き合いを始められたのは、いつ頃ですか?

みほ:2008年7月です。出会ってから1年が過ぎた頃に、ArcHのアニバーサリーイベントの準備作業をしているうちに、距離が縮まりました。
まいみ:私はキャッシャー担当で、みほちゃんはバー担当だったので、それまでは仕事中にあまり接点がありませんでした。

805_2

___式場にモアナチャペルを選んだ理由を教えて下さい。

まいみ:昨年、公正証書を作った時に、ハワイでウェディングドレス着たいね〜と話していたら、ちょうど昨年末ハワイ州でも同性婚が州法で認められることになって。
みほ:私が子供のころ家族で来た思い出のあるホテルだったこともあって、ここに決めました。

805_5

___挙式に至るまで苦労したエピソードがあれば教えて下さい。

みほ:最初は日本のウェディング会社には同性同士の挙式を断られました。ですが何度か連絡を取るうちに理解して頂いて、挙式できることになりました。 一度断られた時に諦めずに説得し続けてよかったです。全て良い経験になりました。

 

805_1

___挙式して良かったな、これまでとは変わったなと感じたことを教えて下さい。

まいみみほ:準備している時から当日まで、励ましてもらったりお祝いしてもらったりと、周りの人達から温かい気持ちをたくさん頂いたことです。
みほ:ウェディングドレスを着て、ウェディングドレス姿の彼女を見ることができて、満足です!今まで職場では言わなくていいと思っていたのに、挙式後になぜか言いたくなって、上司と同僚にカミングアウトをしました。カミングアウトした事をとても喜んで貰えて、前より職場での居心地がよくなったと感じています。
まいみ:一生の思い出ができたこと。日本での法的な効果は無いけれど、ハワイの婚姻証明書では、みほちゃんの妻になったこと!

___挙式報告された際のご家族の反応はいかがでしたか?

みほ:私の家族にはウェディング会社に断られてから挙式が出来るようになった経緯を含めて報告したので、前例が無いなんてすごいね、よかったね!というポイントで、まず喜んでくれました。私も家族も、嫁に行ったとか嫁を貰ったとかそういう”秋桜”的な感覚は無いです。あくまで私とまいみの二者間のパートナーシップのセレモニーという意識です。契約を報告した時は家族との関係が良くなって、仕切り直しが出来た感覚がありました。挙式はセレモニーなので特に…。

まいみ:姉には一年前に契約を報告した時に、来年ハワイで挙式したいんだ~と話していました。姉からの招待状の返信で「二人のこれまでの苦労や努力ははかり知れないけど、この新しい門出を姉として温かく見守ってやりたい。」と書いてくれて嬉しかったです。母は「まいみが幸せならいいのよ。」とずっと言っていて、最近父は密かに挙式の写真を持ち歩いているようです。

805_7

___お互いのどんなところが好きですか?

まいみ:外見、肌質。初めて見た時から綺麗な子だと思ってました。今はしっかりしているところが好きです。
みほ:絡みづらい先輩だけれど仕事が丁寧だなぁと思っていました。今は楽天的なところが好きです。

___お互いのイヤなところは?この機会になおして欲しいところがあれば(笑)。

まいみ:短気。
みほ:頑固。

___お二人の関係について、法的な手続は何かされていますか?

みほ:昨年、療養看護及び財産管理の委任契約と任意後見契約を公正証書で作りました。契約をお互いの家族に報告した事で家族からの承認を得られたのが、実質的にも精神的にも一番のメリットでした。将来的には遺言書を作らなきゃなぁと思ってます。
まいみ:あとは記念として、ハワイ州の保健局でMarriage certificate(婚姻証明書)を取得しました。日本で言う婚姻届受理証明書のようなものです。申込書で双方が”Bride”(花嫁)を選択できるんですよ!もちろん”Groom”(花婿)もです。日本では同性間の婚姻が受理されないので私たちにとっては本当に記念の紙ですが、先日ついに国際郵便で届きました。嬉しかったです。

805_6

___最後に読者の皆さんにメッセージをお願いします。

まいみ:たかが挙式、されど挙式。
みほ:自分が好きな事、したい事、欲しい物に、これからも正直でいたいと思います。

___ありがとうございました!末永くお幸せに♡(バブリーナ編集長)

805_3

 

 2014/08/13 07:00    Comment  インタビュー   同性婚特集              
Top